18Mar

『长篇故事・2ch』去美国读书结果交上了美国女友(二十五)

时间: 2016-3-18 分类: 去美国读书结果交上了美国女友 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

838: 2015/10/12(月)15:54:12 ID:X4y

閑話休題

言归正传

 

僕「なんか街が華やかだね」

ア「ああ、クリスマスの飾り付けだよ」

僕「え?まだ11月なのに?」

ア「サンクスギビングが終わったらクリスマスの準備をしなきゃ」

僕「どんだけクリスマス好きなんだよアメリカ人www」

我「总感觉街道很豪华呢」

亚「啊啊,是圣诞节的装饰哦」

我「诶?明明才11月?」

亚「感恩节结束后就得开始准备圣诞节了」

我「到底多喜欢圣诞节啊美国人www」

 

839: 2015/10/12(月)16:00:32 ID:X4y

僕「この前までハロウィン仕様だったのがあっという間にクリスマスカラーで驚きましたよ」

大「うちもそろそろクリスマスの飾り付けをしなきゃダメですね」

ア「家にいた時はみんなでイルミネーションつけたり、ツリー飾ったり、楽しかったなぁ」

大「よかったらうちのイルミネーションつけるの手伝ってもらえませんか?今、人手が足りなくて」

ア「いいよ!どんなの飾るの?楽しみ~!」

我「至今为止明明都是万圣节风格,一转眼就染上了圣诞节颜色真叫人感叹呢」

大「我们这也差不多该开始圣诞节的装饰了呢」

亚「在家的时候大家挂彩灯,装饰圣诞树,感觉很开心呢」

大「如果可以的话能来帮店里挂下彩灯吗?现在人手不够」

亚「好哦!是怎样的装饰?好期待~!」

 

843: 2015/10/12(月)16:08:01 ID:X4y

ア「シュウ!もうちょっと右ー!」

僕「アレックスが請け負ったんだろ?何で僕が屋根の上なんだよ?」

ア「ごめんね。よく考えたら屋根の上のぼるの恐かった」

僕「落ちたらちゃんと受け止めてくれよ」

ア「ハハハハー」

僕「おまっ!!」

亚「修!再右边一点!」

我「明明是亚历克斯答应的吧?为什么是我在屋顶啊?」

亚「对不起哦,好好想想的话不是很敢爬到屋顶上」

我「如果我掉下来的话你要好好接住哦」

亚「哈哈哈哈」

我「你!!」

 

844: 2015/10/12(月)16:11:33 ID:X4y

大「ご苦労さま。スシ握ったから食べてってー」

僕&ア「やったー!!」

僕「この店でこれだけ苦労するなら、おまえんち飾るの相当大変じゃない?」

ア「うん、だから11月から準備しないと間に合わないんだよ」

僕「なるほど、納得だわ……」

大「辛苦了,我捏了寿司,你们来吃吧」

我&亚「太好了」

我「这个店这么费劲的话,你们家装饰也是相当不容易吧?」

亚「嗯,所以不从11月开始准备的话来不及的」

我「原来如此,理解……」

 

845: 2015/10/12(月)16:17:13 ID:X4y

大「それじゃあライトつけるよー」パチッ

ア「ワーーーーオ」

僕「こりゃすごい」

大「このスシのイルミネーションがお気に入りなんだ」

大「那我就点灯了哦」啪叽

亚「Woーーーーw」

我「这好厉害」

大「我比较喜欢这个寿司的彩灯」

 

僕「こんなんまで売ってるんですね~」

大「ううん、特注品」

僕「えっ!?」

大「けっこうかかったけど、コレをつけると集客率が段違いなんだよね」

ア「たしかにコレ見てるとスシ食べたくなるよね!!」

我「连这种东西都有卖啊~」

大「不,这是找人订做的」

我「诶!?」

大「虽然挺花钱的,但装上这个后集客率可以上升一个台阶哦」

亚「确实看到这个的话会变得想吃寿司呢!!」

 

846: 2015/10/12(月)16:22:44 ID:X4y

大「2人はクリスマス休暇どうやって過ごすの?予定がなかったらうちでバイトしない?」

僕「クリスマスはアレックスのうちに招待されてるんで行ってきます」

大「そうか、そりゃいい。シュウ君はアメリカでのクリスマスは2度目だっけ?」

僕「去年は寮にこもってたんで、実質ことしが初めてです」

大「2个人在圣诞节的休假打算怎么过?如果没有计划的话要来我们这打工吗?」

我「圣诞节会被亚历克斯家招待所以到时候会去」

大「是吗,那不错。修君在美国是第二次过圣诞节来着?」

我「去年窝在宿舍了,实质上今年是第一次」

 

847: 2015/10/12(月)16:27:10 ID:X4y

大「アレックスには兄弟いるんだっけ?」

僕「かわいい妹がいるんですよ、こいつ」

大「じゃあクリスマスプレゼント持っていかなきゃな」

僕「あ、そうか!」

大「亚历克斯有兄弟姐妹吗?」

我「有个可爱的妹妹哦,这家伙」

大「那得带些圣诞节礼物回去才行呢」

我「啊,对哦!」

 

848: 2015/10/12(月)16:30:48 ID:X4y

僕「アレックスー、レベッカへのプレゼントどうしたら良いと思う?」

ア「そんなこと訊くなよ。レベッカだってシュウが自分で考えて選んだもののほうが嬉しいと思うよ」

僕「僕はそういうセンス致命的におかしいって言われたことがあってさ」

ア「誰にだい?」

僕「……好きだった子に」

ア「へー。男?女?」

僕「女の子に決まってんだろうがwww」

我「亚历克斯,给丽贝卡的礼物你觉得怎样比较好?」

亚「这种事情别问我啊,我想丽贝卡也是收到修自己思考后选的礼物会更高兴吧」

我「我曾经被人说自己选礼物的品味致命性的古怪」

亚「被谁?」

我「……被曾喜欢的人」

亚「喔。男?女?」

我「当然是女孩子啦www」

 

849: 2015/10/12(月)16:38:52 ID:X4y

ア「なにプレゼントしたんだよ?」

僕「スワロフスキーの小物が好きって聞いてたから、

  一生懸命バイトして、告白と同時にプレゼントしたんだ」

亚「送了什么啊?」

我「因为听说她喜欢施华洛世奇的小装饰

  所以拼命的打工,告白的同时送了礼物」

 

ア「へー。シュウでもそんなロマンチックなことできるんだね」

僕「シュウでもってなんだよwww」

ア「センスおかしいって言われたってことは……振られたんだよね?」

僕「……うん」

亚「喔~。就算是修也能做这么浪漫的事啊」

我「就算是修是什么意思啦www」

亚「被说品味古怪也就是说……被甩了吧?」

我「……嗯」

 

ア「暗くなるなよ。そんなの女のセンスが悪かっただけだって!」

僕「ホントにそう思う?」

ア「なんか今日のシュウめんどくせーなーwww」

亚「别消沉啦。这只是那个女的品味不行而已!」

我「真的是这么觉得的吗?」

亚「总感觉今天的修好麻烦啊www」

 

850: 2015/10/12(月)16:47:27 ID:X4y

ア「ところでクリスマスプレゼントに悩むなんてシュウは余裕だねぇ」

僕「どういう意味?」

ア「期末テストだよ」

僕「ああ、テストかwww」

ア「ああ、テストかwwwじゃないよ!こっちはこんなに苦労してるのに……」

僕「ごめんごめん」

亚「不过话说回来,烦恼圣诞节该送什么礼物什么的,修还真是有余裕啊」

我「什么意思」

亚「期末考试哦」

我「啊,考试吗www」

亚「才不是『啊,考试吗www』吧!我这边明明这么烦恼的说……」

我「抱歉抱歉」

 

853: 2015/10/12(月)16:57:40 ID:X4y

僕「高校のときの数学は10段階評価で2しかもらえなかったのにね」

ア「それがなんで大学でトップなんだよ?」

僕「英語で考えるようになったら途端に脳のギアがかみ合ってさ」

ア「なんだよそれ」

僕「英語の授業はまだまだ頑張らなきゃいけないけど、数学だったらいくらでも教えてやんよ」

ア「くそー。お願いします」

我「在高中的时候,明明数学的10阶段评价只能得到2的说」

亚「那为什么到了大学却变成尖子生了啊?」

我「用英语考虑的瞬间脑袋里的齿轮突然对上了」

亚「什么啊那个」

我「英语科目虽然还有很多需要努力的,不过如果是数学的话多少我都可以教哦」

亚「可恶,拜托了」

 

855: 2015/10/12(月)17:04:23 ID:X4y

ア「シュウー。成績どうだった?」

僕「数学は余裕のA+、ほかはそこそこ。アレックスは?」

ア「タダーッ!」

僕「おお!数学上がってんじゃん」

亚「修~。成绩怎么样」

我「数学轻松的A+,其他的马马虎虎。亚历克斯呢?」

亚「登登~!」

我「喔喔!数学进步了不是嘛」

 

ア「誰かさんに無理矢理教えられたからね」

僕「ん?じゃあ次からは必要ないね」

ア「ぐぎぎ……」

僕「そんな顔すんなよwwwクリスマス休暇が僕らを待ってるぜ!」

亚「多亏了某个谁的强硬灌输呢」

我「嗯?这么说的从下次开始就不需要了吧」

亚「咕呶呶」

我「不要露出这种表情啊www圣诞节的休假正在等着我们哦!」

 

856: 2015/10/12(月)17:17:07 ID:X4y

ア「ただいまー!」

キ「ああ、アレックスお帰りなさい」ギュウッ

僕「お久しぶりです」(といっても1ヶ月経ってない)

キ「久しぶりねシュウ」ギュウッ

キ「ここはあなたのアメリカでのホームなんだから、リラックスしていってね」

僕「はい。ありがとうございます」

キ「ふふふ、そのかしこまった言い方なんとかならないかしら?」

亚「我回来了~!」

凯「喔,亚历克斯欢迎回来」紧抱

我「好久不见」(虽然这么说但还没到1个月)

凯「好久不见哦修」紧抱

凯「这里是你在美国的家哦,放轻松哦」

我「好,谢谢」

凯「呼呼呼,这个客气的口吻就不能改改吗?」

 

858: 2015/10/12(月)17:19:11 ID:X4y

ア「無理無理www日本人は礼儀正しすぎだから」

キ「そうね、日本人だものね」

亚「没用的没用的www日本人太讲礼貌了」

凯「是呢,毕竟是日本人啊」

 

僕(オマエラには日本人がどう見えてんだwww)

我(你们眼中的日本人到底是怎样的啊www)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 9 条精彩评论

  1. 神崎結弦
    神崎結弦 发表于: 2016年3月18日 21:54:21

    濃濃的基味

  2. 爆炸吧
    爆炸吧 发表于: 2016年3月18日 22:15:02

    好像闻到了alex的醋味 是我的错觉吗

  3. pangpangpang
    pangpangpang 发表于: 2016年3月18日 23:41:58

    到底是什么味道?

  4. 空想少年
    空想少年 发表于: 2016年3月19日 00:22:14

    848的好きだった子翻成喜欢的人更好吧?

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2016年3月19日 15:05:08

      有道理!已更正!感谢指出

  5. skylark
    skylark 发表于: 2016年3月19日 03:28:15

    嗯,alex是女生,无误。

  6. 777
    777 发表于: 2016年3月19日 06:59:20

    其实我在想与其最后爆出alex是女生这种令人意料之中的事,还不如alex就是男的更有爆点呢(*゚∀゚)

  7. DeepRiver
    DeepRiver 发表于: 2016年3月19日 07:24:35

    我说。。。会不会这个帖子本来就是个标题党啊?

  8. ringo
    ringo 发表于: 2016年3月19日 17:36:51

    修真是好boy呢,不过一开始告白就送这么贵重的礼物,一般人都会拒绝的吧,太沉重了

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部