20Mar

『长篇故事・2ch』去美国读书结果交上了美国女友(二十七)

时间: 2016-3-20 分类: 去美国读书结果交上了美国女友 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

879: 2015/10/12(月)18:21:39 ID:X4y

僕「ひょっとして、トム?」

ト「なに、おまえ俺のこと知ってるの?」

僕「アレックスやレベッカのおにいさん……だよね?」

ト「そういうおまえは?」

僕「僕はシュウ。アレックスの友達で、この家にホームステイさせてもらってるんだ」

ト「そうか。それじゃあゆっくりしていけ。お休み」Zzzz Zzzz

僕「おやすみ……って寝られるかwww」(小声)

我「难不成是汤姆?」

汤「什么,认识我吗?」

我「是亚历克斯和丽贝卡的哥哥……吧?」

汤「这么说来你是?」

我「我是修,是亚历克斯的朋友,现在正在这个家home stay哦」

汤「是吗,那么放轻松度过就好,晚安」Zzzz Zzzz

我「晚安……才怪怎么可能睡着啊www」(小声)

 

880: 2015/10/12(月)18:23:34 ID:zTe

トム兄初登場

汤姆哥初次登场

 

881: 2015/10/12(月)18:23:43 ID:HFb

トムキターー!

汤姆来啦ーー!

 

882: 2015/10/12(月)18:25:21 ID:X4y

キ「あら、シュウはやいのね、おはよう」

僕「おはようございます」

キ「あら、まだ顔色が悪いわ。寝られなかったの?」

僕「ええ、さすがにトムと同じベッドで寝るわけには」

キ「トム!?トムが帰ってきてるの!?」

凯「啊啦,修今天起好早呢,早上好」

我「早上好」

凯「啊啦,脸色还不太好哦,没睡着吗?」

我「啊啊,果然也不能和汤姆睡同一张床吧」

凯「汤姆!?汤姆回来了吗!?」

 

883: 2015/10/12(月)18:26:04 ID:wH9

トムが帰ってきてるの家族はしらんのかよwwww

汤姆回来家人都不知道的么wwww

 

884: 2015/10/12(月)18:29:49 ID:X4y

キ「トム、帰ってきたなら挨拶くらいしなさい」

ト「メリークリスマス母さん」

キ「もう、こんな汚らしい格好して……」

ト「太陽と一緒に西から東へクリスマスを楽しんできたんだ」

キ「全く何をしてるんだか……」

ト「時差がキツいからもう少し寝かせてよ……」

凯「汤姆,回来的话至少打下招呼吧」

汤「圣诞快乐母亲」

凯「真是的,搞得那么脏」

汤「和太阳一起享受了从西到东的圣诞节哦」

凯「真是的,到底在做什么啊……」

汤「时差还没有点没缓过来,所以再让我睡一下啦」

 

885: 2015/10/12(月)18:34:07 ID:X4y

ア「トーーーーーームッ!!!!!」ガシッ!!

ト「グヘェ」

ア「お帰り、トム!メリークリスマス!!」

ト「メリー……」

ア「ねえ、プレゼントどこ?あるんでしょ?」

ト「ツリー……」

ア「オッケー!やっほう!!あ、シュウ、メリークリスマス」ダダダダダ

僕「メリークリスマスwww」

亚「汤ーーーーーー姆!!!!!」紧抓!!

汤「呃哈」

亚「欢迎回来,汤姆!圣诞快乐!!」

汤「圣诞……」

亚「呐,礼物在哪里?有带回来吧?」

汤「树……」

亚「OK!呀吼!!啊,修,圣诞快乐」踏踏踏

我「圣诞快乐www」

 

886: 2015/10/12(月)18:34:45 ID:hst

レベッカじゃなくてアレックスかよw

不是丽贝卡而是亚历克斯么w

 

887: 2015/10/12(月)18:35:17 ID:X4y

>>886

きょうだいなんだなぁって実感したよwww

>>886

让人感觉到确实是兄弟姐妹呢www

 

888: 2015/10/12(月)18:36:42 ID:X4y

ア「シュウ!プレゼント置いた?」

僕「あ、まだだ!」

ア「レベッカが起きてくる前にさっさと置いとけよ」

僕「オッケー」

亚「修!礼物放了吗?」

我「啊,还没有!」

亚「在丽贝卡醒来前赶紧放哦」

我「OK~」

 

889: 2015/10/12(月)18:38:33 ID:X4y

僕「はい、コレ。」

ア「え?これ……」

僕「おまえにだよ、アレックス」

ア「いいの?もらっても……」

僕「アメリカではすぐに破って開けるのがルールなんだろ?」

我「给,这个」

亚「诶?这是……」

我「给你的哦,亚历克斯」

亚「我收下也可以吗……?」

我「美国的规矩是马上撕开打开吧?」

 

890: 2015/10/12(月)18:41:53 ID:X4y

ア「え……これ……もしかして……」

僕「鳥山明のサイン入りドラゴンボール1巻だよ」

ア「まじかよ……いいのこんな高価なものもらっても」

僕「おまえなら大切にしてくれるだろ?」

ア「もちろんだよ!生涯の宝物にするよ!!」

亚「诶……这个………难不成是……」

我「是附带了鸟山明亲笔签名的龙珠第一卷哦」

亚「真的假的啊……这么贵重的东西我可以收下吗」

我「如果是你的话会好好珍惜的吧?」

亚「当然了!会作为我生涯的宝物哦!!」

 

891: 2015/10/12(月)18:46:10 ID:X4y

ア「こんな貴重なもの、どうやってゲットしたんだい?」

僕「実は、昔鳥山明先生の家が結構近所にあったんだよね」

ア「まじで!?」

僕「そこで僕の父さんが「息子のために」ってサインもらってきてくれたんだ」

ア「そんな大切なものもらえるわけないじゃないか!」

僕「大切なものだからおまえにあげたいんだよ」

ア「シュウ……。ありがとう。心の底から感謝するよ」

亚「这么贵重的东西,是怎么得到的啊」

我「其实,以前和鸟山明老师家住挺近的」

亚「真的假的!?」

我「于是我的父亲「为了我儿子」这样去拿了签名哦」

亚「这么重要的东西怎么可能收下啦!」

我「就是因为是重要的东西所以才想交给你啊」

亚「修……。谢谢你,打心底感谢你哦」

 

892: 2015/10/12(月)18:49:22 ID:X4y

僕「あれ?ひょっとしてこれ……」

ア「プレゼントだよ。気に入ると良いんだけど」

我「啊咧?难不成这个是……」

亚「是礼物哦,如果能喜欢就好了」

 

僕 バリバリッ

我 狠命撕

 

ア「それはやりすぎだよwww」

僕「おお、腕時計だ!!!!」

亚「你那个有点做过头啦www」

我「喔喔,是手表!!!!」

 

893: 2015/10/12(月)18:53:02 ID:X4y

ア「前腕時計欲しいっていってたから……」

僕「すげー!かっこいいな!!ありがとうアレックス!!」ギュッ

ア「どういたしまして」ギュ

僕「めちゃくちゃかっこいなこれ!ずっと大切にするよ」

ア「ありがとう」

亚「因为之前你说过想要个手表……」

我「好厉害!好帅气!!谢谢亚历克斯!!」紧抱

亚「不用客气」紧抱

我「超帅气的哦这个!会一直珍惜的」

亚「谢谢」

 

894: 2015/10/12(月)18:58:16 ID:X4y

レ「プレゼーーーーーーーーーーンッ!!」ドタドタドタドタ

僕「メリークリスマス、レベッカ」

レ「メリークリッスマーース、シュウ」

レ「あー!この箱、折り紙ローズがついてる!!シュウの?シュウからのプレゼント?」

丽「礼物ーーーーーーーーーーーーー!!」踏踏踏踏踏踏

我「圣诞快乐,丽贝卡」

丽「圣诞快乐,修」

丽「啊!这个盒子,上面附带着折纸玫瑰!!是修的?是修的礼物?」

 

僕「そうだよ」

レ「超カワイイ!!大切にするね!」

僕「wwwまだ中身を見てないだろ?」

レ「ノー!!かわいくて破れない!!」

我「是这样哦」

丽「超可爱!!会珍惜的哦!」

我「www你还没看里面的内容吧?」

丽「No!!太可爱了不舍得撕坏!!」

 

895: 2015/10/12(月)19:01:03 ID:mAX

アメリカでのクリスマスってめっちゃ楽しそうだな

美国的圣诞节感觉超级有意思呢

 

896: 2015/10/12(月)19:03:30 ID:X4y

レ「オーマイゴーーーーーーーーッド!!ハローキティーーーーーー!!」

僕「きにってくれた?」

レ「なんで欲しいモノわかったの!?シュウは魔法使い?」

僕「レベッカのことなら何でも知ってるさ(大嘘)」

丽「Oh my goーーーーーーd!!Hello kittyーーーーーーーー!!」

我「喜欢吗?」

丽「为什么知道我想要的东西啊!?修是魔法师吗?」

我「如果是丽贝卡的事情的话我什么都知道哦(大假话)」

 

897: 2015/10/12(月)19:04:44 ID:mAX

ところでスレ主はアメリカ以外には留学しなかったの?

话说帖主除了在美国外没在别的地方留学过吗?

 

898: 2015/10/12(月)19:05:13 ID:X4y

>>897

中学のときオーストラリアにショートステイしたことならあるよ

>>897

初中的时候在澳大利亚短期暂住的话倒是有过哦

 

900: 2015/10/12(月)19:10:17 ID:X4y

ア「どうしてレベッカがハローキティ好きだって知ってたの?」

僕「知ってたわけじゃないよ。いろんな女の子にリサーチしてさ、一番人気だったのがハローキティだったわけ」

ア「でもあんなのシュウの部屋で見たこと無いよ?」

僕「アレックスのドラゴンボールだってそうだろ?」

亚「为什么会知道丽贝卡喜欢Hello Kitty啊?」

我「怎么可能知道啊。是向很多女孩子咨询过后,说现在最流行的就是Hello Kitty」

亚「但是那种在修房间里从来没见到过哦?」

我「亚历克斯的龙珠也是这样吧?」

 

ア「言われてみれば」

僕「今日のために日本から送ってもらったんだよ」

ア「そ、そこまでしてくれるなんて」

僕「おいおい、今日はずいぶん涙腺が緩いなぁ」

亚「说起来好像确实」

我「是为了今天特意让人从日本送过来的哦」

亚「竟、竟然为我做到这种程度」

我「喂喂,今天的泪腺有点太松缓了吧」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 8 条精彩评论

  1. 。
    发表于: 2016年3月20日 21:43:41

    不舍得死掉—-撕掉

    在修身上感到了一股现充之力,不妙对我这种死宅来说太耀眼了啊啊啊

    • 。
      发表于: 2016年3月20日 21:44:52

      不对,撕坏好点?

    • 雫の梦想天生
      雫の梦想天生 发表于: 2016年3月20日 21:50:22

      修是现充这点开篇就已经能感觉到了吧,对于死宅来说本来就是核能手电筒一样的存在啊,对着前方就能照亮未来,对着自己就是灰飞烟灭…

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2016年3月21日 00:45:09

      感谢指出!已更正!

  2. 无限-为过E6拼命肝船
    无限-为过E6拼命肝船 发表于: 2016年3月20日 21:44:03

    鸟山明签名的第一卷龙珠。。。好厉害

  3. jjohhnnny
    jjohhnnny 发表于: 2016年3月20日 22:03:16

    鸟山明 住 在 附 近 !?

  4. rinfo
    rinfo 发表于: 2016年3月20日 23:03:48

    好有家庭感啊w

  5. Penguin-Hero
    Penguin-Hero 发表于: 2016年3月21日 09:04:06

    住富奸家附近说不定就只能送麻将了[doge]

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部