27Mar

『中篇创作・2ch』女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」(四)

时间: 2016-3-27 分类: 女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

228: 2007/09/19(水) 11:18:01.90 ID:HjGOZGurO

女幽霊 「うふふ、もう少しかしらねぇ」

女幽霊 「あと2、3日で良くなるから我慢してねぇ」

女幽霊 「ほら、体調悪いんだから寝てなさぁい」

女幽霊 「ふふっ、これでもうすぐ私に触れるようになるし」

女幽霊 「…一生ふたりで過ごせるわよぉ、ふふふっ」

女幽霊 「だから、もう少しだけ、痛いのはガマンしてね」

女幽灵「呼呼呼,还差一点吗」

女幽灵「还有2、3天就好了再忍忍哦」

女幽灵「喂,身体不舒服就快点睡吧」

女幽灵「呼呼,这样很快就能摸到我了」

女幽灵「…可以两人一起过一辈子哦,呼呼呼」

女幽灵「所以,再稍微忍忍痛哦」

 

238: 2007/09/19(水) 11:27:50.66 ID:BJdE2E/PO

今夜あたり俺のとこにも来てもらうわ

今晚会让她来我这边哦

 

240: 2007/09/19(水) 11:29:03.02 ID:kv9Y3OOt0

>>238

自分から逝かなきゃ

>>238

得由自己这边主动去才行

 

253: 2007/09/19(水) 11:36:08.38 ID:HjGOZGurO

女幽霊 「なんか最近、私が人気みたいよぉ」

女幽霊 「…まあ、甘い物があるなら行こうかしらぁ?」

女幽霊 「…けど、甘いもの食べたら帰るわよぉ」

女幽霊 「あの人に心配かけたくないのよぉ、ごめんなさぁい」

女幽灵「最近好像我很有人气的样子啊」

女幽灵「…嘛,毕竟有甜食所以要去一下吗?」

女幽灵「…但是,吃完甜的东西后就回去哦」

女幽灵「不想让那个人担心呢,对不起」

 

258: 2007/09/19(水) 11:40:25.04 ID:hWvIy1tvO

女幽霊「雨…凄いわねぇ……」

女幽霊「……あ、電話…」

女幽霊「……留守電に…うん、なってるわねぇ」

女幽霊「……あ…そう、家に帰れないの……」

女幽霊「……聞こえてないと思うけど…気をつけて帰ってきなさいよぉ…」

女幽霊「………雨のばぁか」

女幽灵「雨…好大啊……」

女幽灵「……啊,电话…」

女幽灵「……变成留音电话了…啊」

女幽灵「……啊…是吗,回不了家啊……」

女幽灵「……虽然不觉得你能听到…不过小心点回家哦…」

女幽灵「………雨天这个笨蛋」

 

268: 2007/09/19(水) 11:47:13.62 ID:FCJ+7yuR0

幽霊って痛みとか感覚がなくなってるんじゃないか?

切ないなぁ。

幽灵疼痛之类的感觉没有吗?

真难过啊

 

271: 2007/09/19(水) 11:49:12.09 ID:zztTajJ40

個人的に最後に///は欲しくない

从个人角度说不希望在最后加上///

 

273: 2007/09/19(水) 11:49:34.98 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「あら、起きたのねぇ」

女幽霊「私がいつ寝ているかですって?」

女幽霊「幽霊は寝ないのよぉ」

女幽霊「大丈夫。今は長い夜も退屈せずにいられるから」

女幽灵「啊啦,醒来了吗」

女幽灵「你说我什么时候睡?」

女幽灵「幽灵不会睡的哦」

女幽灵「没关系,今天的长夜也不会无聊的哦」

 

275: 2007/09/19(水) 11:52:12.09 ID:BJdE2E/PO

幽体離脱の練習を頑張らなくては

得努力练习幽体离脱才行呢

 

280: 2007/09/19(水) 11:55:49.35 ID:8ocValbi0

女幽霊「ねぇってばぁ……もう寝ちゃったのかしらぁ」

女幽霊「寂しいわねぇ……」

女幽灵「问你呢……已经睡了吗」

女幽灵「真寂寞……」

 

285: 2007/09/19(水) 11:58:58.91 ID:xZO9l5eu0

女幽霊「今日は枕元に立って脅かそうかしら・・・・。」

女幽霊「うーらーめーしーやー」

女幽霊「え?なに?どうしたの?」

女幽霊「パンツが見えてる?・・・・・えっちぃ/////」

女幽灵「今天要站在枕头旁边吓一吓他吗・・・・」

女幽灵「我-好-恨-啊」

女幽灵「诶?什么?怎么了?」

女幽灵「看到胖次了?・・・・・H/////」

 

286: 2007/09/19(水) 12:01:26.36 ID:mW/oNK8W0

人の書くものに文句をつけるべきではないんだろうが、このキャラはツンデレではないと思う。

余裕綽々を装うタイプだと思う。だから照れたりしないと思う。っていうか///は使わない方g

虽然觉得不该对别人写的东西提意见,但感觉这个角色并不是傲娇

而是那种装余裕的类型,所以应该不会害羞才对,不如说///不用为好

 

288: 2007/09/19(水) 12:04:48.22 ID:xZO9l5eu0

>>286

こうか?

女幽霊「今日は枕元に立って脅かそうかしら・・・・。」

女幽霊「うーらーめーしーやー」

女幽霊「え?なに?どうしたの?」

女幽霊「パンツが見えてる?・・・・・見せてんのよ。」

>>286

这样吗?

女幽灵「今天要站在枕头旁边吓一吓他吗・・・・」

女幽灵「我-好-恨-啊」

女幽灵「诶?什么?怎么了?」

女幽灵「看到胖次了?・・・・・就是故意给你看的哦」

 

290: 2007/09/19(水) 12:06:12.27 ID:BJdE2E/PO

>>288

なんか違う

>>288

怎么感觉不太对

 

291: 2007/09/19(水) 12:08:51.30 ID:eso3Yl8P0

>>288

全然ありだb

>>288

完全可以哦

 

295: 2007/09/19(水) 12:12:21.91 ID:UvAe4frq0

>>288

お笑い漫画道場みたいだなwwwwwww

>>288

像开心漫画道场那样呢wwwwww

 

292: 2007/09/19(水) 12:09:47.78 ID:vxAw8k/j0

女幽霊「今日は枕元に立って脅かそうかしら・・・・。」

女幽霊「うーらーめーしーやー」

女幽霊「え?パンツが見えてる?」

女幽霊「ふふ。もっと見ていいのよぉ」

女幽霊「他に見る人もいないしねぇ」

女幽灵「今天要站在枕头旁边吓一吓他吗・・・・」

女幽灵「我-好-恨-啊」

女幽灵「诶?你说看到胖次了?」

女幽灵「呼呼,多看下也可以的哦」

女幽灵「毕竟也没有其他能看见的人了呢」

 

294: 2007/09/19(水) 12:11:16.03 ID:y+gQtmcuO

>>292 それだ!!

>>292 就是这样!!

 

293: 2007/09/19(水) 12:10:55.20 ID:ECipQjpRO

女幽霊「…暇ねぇ」

女幽霊「……」

女幽霊「…剥製」←壁から首だけ出してる

女幽霊「あっ」

女幽霊「……」

女幽霊「…おかえりなさい。今日は遅かったのねぇ」

女幽霊「…何にやけてるのよぉ」

女幽灵「…好闲啊」

女幽灵「……」

女幽灵「…剥制标本」←从墙壁里伸出头

女幽灵「啊」

女幽灵「……」

女幽灵「…欢迎回来,今天很晚呢」

女幽灵「…你在坏笑个什么啊」

 

304: 2007/09/19(水) 12:23:34.32 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「ところであなたには、私の姿はどう見えているのかしら?」

女幽霊「へぇ、なるほどね」

女幽霊「見る人によって見える姿が違うこともあるのかしらねぇ?」

女幽霊「ふふっ、ちなみにさっきあなたが言った容姿、正解よぉ」

女幽灵「话说回来在你眼中,我是什么模样」

女幽灵「喔,原来如此」

女幽灵「是根据看的人不同,能看到的样子也不同吗?」

女幽灵「呼呼,顺带一提你刚才说的那个模样是对的哦」

 

306: 2007/09/19(水) 12:28:45.85 ID:m7R0G3BkO

なんで俺の中の幽霊さんはゴスロリ着てんだろう

为何我心中的幽灵桑穿着哥特萝莉服呢

 

309: 2007/09/19(水) 12:29:48.90 ID:8ocValbi0

>>306

幽霊さんは君の心の鏡だからさ

>>306

因为幽灵桑是你心中的镜子哦

 

314: 2007/09/19(水) 12:31:47.09 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「人間は夜にどれだけ寝ても、お昼には眠くなるものらしいわよ」

女幽霊「お昼寝をするときは15分ぐらい寝るのがいいらしいわ」

女幽霊「ちょうどいい頃合なんだし、少し休むのもいいんじゃない?」

女幽霊「私? その間はあなたの寝顔を眺めさせてもらうわぁ」

女幽灵「人类在夜里无论睡多久,到了白天好像都会变困呢」

女幽灵「午睡的时候明明睡个15分钟就够了的说」

女幽灵「时间刚好,稍微休息一下也可以不是嘛?」

女幽灵「我? 在这期间看你的睡脸哦」

 

315: 2007/09/19(水) 12:32:04.08 ID:hWvIy1tvO

女幽霊「あ~る~晴れた~ひ~るさがり~い~ち~ばぁにつづぅく道~」

女幽霊「……歌うの止めろ?」

女幽霊「私がこうしてる理由…知ってるくせにぃ」

女幽霊「子猫可愛いぃんだもん!貴方が拾って来たのに元気になったから帰すのなんて…や、なんだもん!!」

女幽霊「……え、あ…飼い主が見つかったの………」

女幽霊「分かったわよぅ………元気でねぇ……」

女幽霊「グレートニャンダース三世……」

女幽霊「な、何笑ってるのよぅ…!!」

女幽灵「某个~晴朗的~过午时分~通往~市场~的道路~」

女幽灵「……叫我不要再唱了?」

女幽灵「我这副模样的理由…明明知道的说」

女幽灵「小猫好可爱的说!明明你捡回来了,恢复精神后又送回去什么的…为什么啊!!」

女幽灵「……诶,啊…找到饲主了吗………」

女幽灵「我知道了啦………要保重哦……」

女幽灵「Great Nyanders三世……」

女幽灵「你、你在笑个什么啦…!!」

 

317: 2007/09/19(水) 12:33:00.99 ID:AI1UC7fp0

あーもう抱きしめたい

啊好想抱住

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 爱宕夜夜子
    爱宕夜夜子 发表于: 2016年3月27日 14:41:50

    对不起 女鬼我也不想放过

  2. 空想少年
    空想少年 发表于: 2016年3月27日 16:02:22

    萌我一脸血

  3. 黑羽冰音
    黑羽冰音 发表于: 2016年4月2日 12:55:13

    啊啊,读着好温暖…

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部