9May

『中篇创作・2ch』女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」(完)

时间: 2016-5-9 分类: 女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

提示:如果您是第一次阅读,请点击第一章。想看之前的章节,请点击目录

 

上一章 目录 

 

329: 2007/09/19(水) 12:42:03.70 ID:8ocValbi0

女幽霊「眠いわぁ……」

女幽霊「膝借りていいかしらぁ?」

女幽灵「好困啊……」

女幽灵「能借你膝盖用一下吗?」

 

330: 2007/09/19(水) 12:47:49.92 ID:rcX4KJkV0

このスレ見てると成仏しそう

看着这个帖感觉都要成佛了

 

332: 2007/09/19(水) 12:53:55.81 ID:2T0zi/vD0

>>330

女幽霊「あらあら・・・・・・成仏しちゃうの?」

女幽霊「でも、まだだめよぉ。アナタは私の分まで生きてもらうんだからぁ、ね?」

>>330

女幽灵「啊啦啊啦・・・・・・你要成佛吗?」

女幽灵「但是,还不行哦。你要连我的份一起活下去哦,呐?」

 

333: 2007/09/19(水) 12:54:32.67 ID:/751QcGc0

>>332

これなら頑張れる

>>332

如果是这样的话可以努力一把

 

334: 2007/09/19(水) 12:55:11.94 ID:+CdnFkYX0

成仏というか昇天しそう

与其说是成佛不如说是快升天了

 

374: 2007/09/19(水) 13:14:49.89 ID:hWvIy1tvO

女幽霊「…………なでなで」

女幽霊「……なでなで」

女幽霊「なで……あ、お、おはよう。……よく眠れたかしらぁ?」

女幽霊「……そう、よかったわぁ。私も可愛らしい寝顔が見れた……」

女幽霊「…な、頭なんて撫でて……第一私貴方に触れな……」

女幽霊「……………」

女幽霊「……起きてたんなら言いなさいよぉ……もぉ」

女幽灵「…………摸摸」

女幽灵「……摸摸」

女幽灵「摸……啊,早、早上好。……睡得好吗?」

女幽灵「……是吗,太好了呢。我也看到了你可爱的睡……」

女幽灵「…摸、摸头什么的……首先我又碰不到……」

女幽灵「……………」

女幽灵「……既然醒着的话就说醒着啊……真是的」

 

382: 2007/09/19(水) 13:24:16.98 ID:/751QcGc0

触れられなくてもいいから

一生傍にいてほしい

就算摸不到也可以的

希望能一生待在身边

 

388: 2007/09/19(水) 13:32:16.32 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「怖い夢を見たんですって? どんな夢だったのかしらぁ?」

女幽霊「幽霊が出てきた夢、ねぇ…」

女幽霊「あなた、私がどういう存在だか覚えてるぅ?」

女幽灵「做了可怕的梦? 是怎样的梦啊?」

女幽灵「你说幽灵出现的梦,吗…」

女幽灵「你,该不会是忘记了我是怎样的存在吧?」

 

393: 2007/09/19(水) 13:43:12.15 ID:eso3Yl8P0

女幽霊「私の年を知りたいって?」

女幽霊「いくら幽霊だからって一応女の子なんだからそんなこと聞いちゃダメよぉ」

女幽霊「それで?いくつに見えるぅ?」

女幽灵「说想知道我的年龄?」

女幽灵「虽说我是幽灵但姑且也是女孩子不能问这种问题哦」

女幽灵「然后?看着觉得像几岁?」

 

432: 2007/09/19(水) 15:01:41.83 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「ゲームの中の女の子には手が届かないじゃなぁい?」

女幽霊「となると私も、ある意味ゲームの中の女の子に近い存在よねぇ」

女幽灵「游戏里的女孩子不是摸不到嘛?」

女幽灵「这样的话,从某种意义上说我也接近于游戏中的女孩子呢」

 

433: 2007/09/19(水) 15:01:59.40 ID:vxAw8k/j0

女幽霊「ふぅん、誕生日なの」

女幽霊「ロウソクの火?ええ、できるけど」

女幽霊「おめでとう」

女幽霊「死んだときもお祝いしてあげるわぁ」

女幽灵「喔,是生日吗」

女幽灵「烛火?啊,当然可以」

女幽灵「生日快乐」

女幽灵「死去的时候也为你庆祝哦」

 

434: 2007/09/19(水) 15:05:52.73 ID:kv9Y3OOt0

このなんともいえんまったり感がやばい

这种难以言喻的暖洋洋感不妙

 

436: 2007/09/19(水) 15:13:21.34 ID:BJdE2E/PO

このスレのおかげで生きる希望が湧くと同時に死への恐怖が消えました

多亏了这个帖子涌起了活下去的希望的同时,也失去了对死的恐怖

 

437: 2007/09/19(水) 15:15:25.81 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「死にたくなかったか、ですって?」

女幽霊「死後の生活もなかなか乙なものよぉ」

女幽霊「あなたに会えたんだもの」

女幽灵「你说不想死吗?」

女幽灵「死后的生活也挺不错的呢」

女幽灵「毕竟遇到了你」

 

457: 2007/09/19(水) 15:47:43.90 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「あら、学校行くの?」

女幽霊「私も連れて行ってくれない?」

女幽霊「寝てたら起こしてあげるわぁ」

女幽霊「金縛りでだけどねぇ・・・ふふふ・・・」

女幽灵「啊啦,要去学校吗?」

女幽灵「可以带我也去吗?」

女幽灵「睡了的话会叫醒你的哦」

女幽灵「虽然是靠鬼压床・・・呼呼呼・・・」

 

464: 2007/09/19(水) 16:18:33.85 ID:CwFZe1iNQ

女幽霊「結婚?してないわよ。独りで死んじゃったのよねぇ。あ~ぁ。」

女幽霊「旦那っていうの?私にもいたらどんな生活してたのかなぁ。」

女幽霊「なぁに?さびしくなんかないわよぉ。今これでも充実してるんだから。」

女幽霊「…もし私がアナタのお嫁さんになったらどうする?ふふ、冗談よ。今の私じゃお味噌汁作れないもの。」

女幽霊「ほら、私の事はいいから。アナタは早いとこ毎朝ご飯作ってくれる子見つけなさぁい」

女幽灵「结婚?并没有哦,是一个人死的呢。啊~啊」

女幽灵「你说丈夫吗?如果我也有的话会过着怎样的生活呢」

女幽灵「什么?并不会寂寞啊。现在虽然是这样子也很充实呢」

女幽灵「…如果我成为你的妻子的话怎么样?呼呼,开玩笑的啦,现在的我也做不了味噌汁呢」

女幽灵「喏,我的事情怎样都好啦。你快点找到可以每天为你做饭的女孩子吧」

 

465: 2007/09/19(水) 16:18:41.48 ID:hWvIy1tvO

女幽霊「ねっこにゃんねっこにゃん出っておいで♪」

女幽霊「出っないとあったまを撫でちゃうぞ~♪」

女幽霊「……あ…出てきちゃった…」

女幽霊「……うぅ、にゃーは私に撫でられたくないのかにゃー?」

女幽霊「………!!!い、いつから見てたのかしらねぇ?」

女幽霊「な、み、見てたなら言いなさいよぉーっ!!!!」

女幽灵「喵喵喵喵快出来♪」

女幽灵「不出来就摸你的头哦~♪」

女幽灵「……啊…出来了…」

女幽灵「……呜,喵不想被我摸喵~?」

女幽灵「………!!!你、你从什么时候开始看的啊?」

女幽灵「什、在、在一旁看的话就说一下啊!!!!」

 

484: 2007/09/19(水) 17:06:27.72 ID:mW/oNK8W0

女幽霊「私がいま欲しいもの? そうねぇ…」

女幽霊「生身の体…」

女幽霊「が無くても愛してくれる人ねぇ」

女幽灵「我现在想要的东西? 是呢……」

女幽灵「活着的肉体…」

女幽灵「就算没有这种这种东西也肯爱着我的人吧」

 

498: 2007/09/19(水) 17:31:13.57 ID:eljjSUusO

「きょうはあの子、帰りが遅いわねぇ……」

「クローゼットに隠れて驚かせてあげようかしら……?」

「ふふ……いいかんがえ」

「あの子ったら、どんな顔をするのかしらぁ?」

「ふふ……たのしみ」

「くー……くー……」

「那孩子,今天回来的很晚呢……」

「要藏在衣柜里吓他一跳吗……?」

「呼呼……这主意不错」

「如果是那孩子的话,会露出怎样的表情呢?」

「呼呼……好期待的」

「呼……呼……(睡着)」

 

499: 2007/09/19(水) 17:31:59.65 ID:Xppm3w1L0

>>498

萌えた

>>498

被萌到了

 

510: 2007/09/19(水) 17:38:18.68 ID:8ocValbi0

女幽霊「ねえ、私いくつに見えるぅ?」

女幽霊「……あらぁ、素直に言えばいいのよ?」

女幽霊「正直すぎるのも考えものよねぇ……」

女幽灵「呐,我看上去像几岁?」

女幽灵「……啊啦,老实说出来就可以了哦」

女幽灵「太老实也是个问题呢……」

 

530: 2007/09/19(水) 17:58:43.60 ID:8ocValbi0

女幽霊「なぁにぃ?夢枕に立ってほしいですって?」

女幽霊「いいけど……何するつもりなの?」

女幽霊「……私に抱きしめられたいなんて変わった人ねぇ……。

いいわぁ、朝が来るまでずっと抱きしめてあげるぅ」

女幽灵「什么?你说希望我能出现在梦中?」

女幽灵「可以啦……你打算做什么啊?」

女幽灵「……想被我抱住还真是奇怪的人啊……

    行吧,直到早上为止就让我一直抱着你吧」

 

533: 2007/09/19(水) 18:00:55.55 ID:/PKiRizlO

癒されるなぁ…

真是治愈呢…

 

536: 2007/09/19(水) 18:03:03.80 ID:CXy2oZWTO

女幽霊「一緒にスーパーで買い物も良いものねぇ」

女幽霊「あ… 赤ちゃん… かわいいぃ」

女幽霊「……」

女幽霊「物欲しそうな目でこっちみるな、って…

    別にそんな目してないわよぅ」

女幽霊「~♪」

女幽灵「一起去超市买东西真不错啊」

女幽灵「啊…宝宝…好可爱」

女幽灵「……」

女幽灵「你说『别用充满物欲的眼神看过来啊』?…

    并没有露出这种眼神哦」

女幽灵「~♪」

 

568: 2007/09/19(水) 18:36:51.27 ID:smcLXnQMO

女幽霊「ざあざあと、酷い雨ね」

女幽霊「私、せっかく貴方を迎えに来たんだけど……」

女幽霊「でもこれじゃ、傘が無いから貴方だけ濡れちゃうわねぇ」

女幽霊「止んでくれれば、二人とも濡れずに帰れるのに」

女幽霊「……本当に、酷い雨ねぇ」

女幽灵「哗啦啦地,真是好大的雨啊」

女幽灵「难得我来接你了的说……」

女幽灵「但是这个样子的话,因为没有伞只有你会淋湿呢」

女幽灵「如果停下来的话,就可以两人都顺利地回去了的说」

女幽灵「……真是过分的雨啊」

 

575: 2007/09/19(水) 18:42:00.66 ID:8ocValbi0

女幽霊「あらぁ、でかけるの……?」

女幽霊「今日は遠出なのね、あなたにしては珍しい……」

女幽霊「交通事故とかは気をつけなさいよぉ……」

女幽霊「……いってらっしゃぁい」

女幽霊「……本当に気をつけなさいよ」

女幽灵「啊啦,要出门吗……?」

女幽灵「今天要出远门啊,对你来说真是少见……」

女幽灵「要小心交通事故什么的哦……」

女幽灵「……一路走好」

女幽灵「……真的要小心点哦」

 

579: 2007/09/19(水) 18:45:12.34 ID:Cu47fxAmO

~よぉ みたいなお姉さん系幽霊がしっくりするのは

幽霊にロリが無いからではと推測される

推测~哟这样的姐系幽灵之所以会觉得很搭

是因为幽灵里没有萝莉

 

581: 2007/09/19(水) 18:45:59.15 ID:kv9Y3OOt0

>>579

幽霊はおねいさんだからいいんだとも思うぜ

>>579

觉得幽灵就是要姐姐才好哦

 

582: 2007/09/19(水) 18:46:08.69 ID:8ocValbi0

>>579

女幽霊「小さい子の幽霊なんて……悲しいと思わないかしらぁ?」

>>579

女幽灵「小孩子的幽灵什么的……不觉得很悲伤吗?」

 

622: 2007/09/19(水) 19:26:43.25 ID:LzTqYioHO

女幽霊「何か欲しいもの?そうねぇ…」

女幽霊「オーロラが見たいわ、寒いかもしれないけどあなたは我慢してくれるわよね?」

女幽霊「冗談よぉ、そんな顔しないで」

女幽霊「私はあなたが幸せならそれでいいの」

女幽霊「だからいつも、笑っていて…」

女幽灵「你问我想要什么?是呢…」

女幽灵「想看极光哦,虽然可能会比较冷不过你能忍受住的吧?」

女幽灵「开玩笑的啦,不要露出这种表情啦」

女幽灵「我只要你能幸福就足够了」

女幽灵「所以请一直面带笑容哦…」

 

645: 2007/09/19(水) 19:56:27.77 ID:pBlOmtLMO

部屋の電気が点滅したりしてますが、もしかして近くにいらっしゃってます?

房间的电灯开始闪烁了,难不成在附近?

 

647: 2007/09/19(水) 19:57:25.63 ID:cWU2sAVm0

>>645

女幽霊「あら?見えないの??」

女幽霊「すぐ後ろにいるのに・・・・・・ふふふ」

>>645

女幽灵「啊啦?你看不到吗??」

女幽灵「明明一直在后面的说・・・・・・呼呼呼」

 

650: 2007/09/19(水) 20:00:08.94 ID:OJqUFcLY0

あれ、もしかして俺の後ろにも・・・

啊咧,难道我后面也・・・

 

652: 2007/09/19(水) 20:01:49.25 ID:BJdE2E/PO

俺の後ろにもいてください

也请到我后面来

 

656: 2007/09/19(水) 20:04:10.81 ID:kv9Y3OOt0

今日からソファー一人分空けて座ることにした

决定从今天起坐沙发时空出一人份

 

658: 2007/09/19(水) 20:05:31.53 ID:8ocValbi0

女幽霊「お風呂はいいわねぇ、生き返るわぁ……」

女幽霊「……実際に生き返っても困るんだけどぉ」

女幽灵「泡澡真的很棒呢,活过来了……」

女幽灵「……虽然真的活过来也很困扰呢」

 

667: 2007/09/19(水) 20:13:34.79 ID:8ocValbi0

女幽霊「ねぇ、肝試ししにいかなぁい?」

女幽霊「……そういわずにおねがぁい」

女幽霊「久しぶりに他の子と話がしたいのよぉ」

女幽灵「呐,要来玩下试胆大会吗」

女幽灵「……不要这样说啦拜托了」

女幽灵「想久违地跟别人说下话哦」

 

669: 2007/09/19(水) 20:14:33.75 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「え?お酒を飲まないかって?」

女幽霊「いいわねぇ。お酒なんて久しく飲んでいないわ」

女幽霊「こう、お酌なんてしてみたりね。ふふふ♪」

女幽霊「でも・・・ごめんなさい・・・・・・私は、もう何も出来ないのよ・・・」

女幽灵「诶?你说要不要喝酒?」

女幽灵「不错呢,酒什么的已经好久没喝了」

女幽灵「像是这样,斟一下酒什么的,呼呼呼♪」

女幽灵「但是・・・对不起・・・・・・我已经什么都做不了了・・・」

 

683: 2007/09/19(水) 20:19:58.41 ID:9RzoFKKt0

女幽霊「風邪?情けないわね」

女幽霊「うつるから離れとけって?平気よ、私は幽霊だもの」

女幽霊「そう、幽霊だから……」

女幽灵「感冒?真没出息啊」

女幽灵「说是会传染的叫我隔远一点?没事啦,我可是幽灵啊」

女幽灵「没错,因为是幽灵……」

 

693: 2007/09/19(水) 20:23:49.74 ID:3WawCQ7y0

俺のイメージは黒い長髪のちょっと和風な銀様っぽいお姉さま

我心中的女幽灵是黑色长发稍微有点像和风的银大人那样的姐姐

 

698: 2007/09/19(水) 20:26:50.75 ID:qDuHcKvg0

女幽霊「私を抱きしめられなくてごめんな、ですって?・・・」

女幽霊「謝る必要なんてないわ・・・」

女幽霊「・・・あなたといるだけで、こんなにも温かいんですもの」

女幽灵「你说没办法拥抱我真是对不起?・・・」

女幽灵「不需要道歉啦・・・」

女幽灵「・・・毕竟单单是能够和你在一起,就已经这么温暖了」

 

707: 2007/09/19(水) 20:32:25.11 ID:8ocValbi0

女幽霊「誕生日はわかったけど何年に生まれたか、ですってぇ?」

女幽霊「聞いてどうするつもりなのかしらぁ?怒らないからいってごらんなさぁい?」

女幽霊「……怒ってなんかないわよぉ?」

女幽灵「你说虽然知道生日但不知道是哪一年?」

女幽灵「问了打算做什么呢?我不会生气的你说说看?」

女幽灵「……并没有生气哦?」

 

780: 2007/09/19(水) 21:14:57.94 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「また、パソコンいじってばっかり」

女幽霊「もっと私の相手をしてほしいわぁ・・・」

女幽霊「あら、なぁに?え?画面・・・・・・コレ、私?」

女幽霊「・・・・・・ふふ、下手くそねぇ♪」

女幽灵「又在玩电脑」

女幽灵「希望能再多陪陪我呢」

女幽灵「啊啦,什么啊?诶?画面・・・・・・这个,是我?」

女幽灵「・・・・・・呼呼,画的真烂啊♪」

 

817: 2007/09/19(水) 21:30:18.68 ID:AGx/Sy8aO

女幽霊「あん、ちょっとチャンネル変えないでよ。見てるんだから」

女幽霊「・・グス・・」

女幽霊「切ないわあ・・・叶わぬ恋かぁ・・」

女幽霊「・・・ちょっと、一人にしてくれない?・・」

女幽灵「呜哇,不要换台啦,我正在看诶」

女幽灵「・・呜呜・・」

女幽灵「真难过啊・・・无法实现的恋爱吗・・・」

女幽灵「・・・能稍微让我一个人静一下吗?・・・」

 

844: 2007/09/19(水) 21:44:57.19 ID:tvrdbBiZ0

女幽霊「あらぁ、お帰りなさい」

女幽霊「……」

女幽霊「あなたも変な人ねぇ……」

女幽霊「料理も洗濯もできない女の子に迎えてもらうのが、そんなにうれしいのかしらぁ」

女幽灵「啊啦,欢迎回来」

女幽灵「……」

女幽灵「你也是奇怪的人呢」

女幽灵「让既不会料理也不会洗衣服的女孩子迎接,就这么高兴吗」

 

891: 2007/09/19(水) 22:05:49.16 ID:tMef1DlZ0

女幽霊「それにしても、掃除したばかりなのによくここまで汚せるわねぇ」

女幽霊「私に身体があれば、毎日掃除してあげるんだけどぉ…」

女幽霊「あら?しなくていいって?……ベッドの下の本のことかしらぁ?」

女幽灵「只不过,才刚刚打扫过真亏你能一下子又弄得这么脏啊」

女幽灵「如果我有身体的话,就能每天帮你打扫了的说…」

女幽灵「啊啦?你说不用了?……是指床底下的书吗?」

 

894: 2007/09/19(水) 22:06:48.33 ID:eljjSUusO

「あと100でお別れねぇ……」

「なんでもないわぁ……?」

「ふふ」

「再100楼就到别离的时间了呢……」

「什么都没有啦……?」

「呼呼」

 

893: 2007/09/19(水) 22:05:58.35 ID:CDRZBSgjO

駄目だ、どれを読んでも目から汁がでる…

>>1000の時には声をあげて泣くかもしれん

不行了,不管读谁的眼睛里都会流出液体来…

到了>>1000我可能会哭出来也说不定

 

897: 2007/09/19(水) 22:08:31.02 ID:wOuRIFLi0

>>893

女幽霊「あなたの泣き顔可愛いから好きよぉ」

女幽霊「でも笑顔の方がもっと可愛いからもっと大好きよぉ」

女幽霊「だからずっと・・・笑顔見せてちょうだいねぇ」

>>893

女幽灵「你的哭脸因为很可爱所以我很喜欢哦」

女幽灵「但是比起哭脸你的笑脸更加可爱所以我更加更加喜欢」

女幽灵「所以・・・请一直让我看你的笑容哦」

 

900: 2007/09/19(水) 22:09:18.32 ID:tMef1DlZ0

女幽霊「さて、少し出掛けてくるわぁ」

女幽霊「え?どこに行くのかって?」

女幽霊「野暮な事聞くもんじゃないわよぉ、それじゃ行ってくるわね」

女幽霊「少しずつ…私の居ない生活に慣れさせないと……ねぇ」

女幽灵「那么,我稍微离开一下哦」

女幽灵「诶?你问我要去哪?」

女幽灵「别问这种不解风情的话啊,那我出门了哦」

女幽灵「得慢慢地…让你习惯下没有我的生活……才行了呢」

 

898: 2007/09/19(水) 22:08:54.56 ID:tdOjsCzb0

お別れか・・・いやだぜ・・・

到离别的时间了吗・・・我不要啦・・・

 

909: 2007/09/19(水) 22:12:10.06 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「あぁ、やっぱりお酒はおいしいわぁ」

女幽霊「お酒はねぇ・・・色んな事を忘れさせてくれるのよ」

女幽霊「・・・・・・私の事は忘れちゃ駄目よぉ?」

女幽灵「啊啊,果然酒很美味呢」

女幽灵「酒啊・・・能忘记很多很多的事情哦」

女幽灵「・・・・・・可不能忘记我哦」

 

908: 2007/09/19(水) 22:11:37.82 ID:rnPMg1aA0

終って欲しくない…

ええい、どうにかならんのか!

不想结束…

啊,就没有什么办法吗!

 

910: 2007/09/19(水) 22:12:31.33 ID:8ocValbi0

>>908

女幽霊「未練がましく次スレを立てる子は嫌いよぉ?」

女幽霊「いま、目一杯楽しんでおきなさい」

>>908

女幽灵「我不喜欢依依不舍又开新的帖子的孩子哦?」

女幽灵「请尽情地享受现在吧」

 

920: 2007/09/19(水) 22:14:49.75 ID:upUML/A50

>>908

女幽霊「あらあら、私に会って怖がってくれるどころか、別れることが怖いなんて」

女幽霊「大丈夫よぉ。忘れられないかぎり、私はここにのこってるからぁ」

女幽霊「……わすれられないかぎり、ね」

>>908

女幽灵「啊啦啊啦,遇见我别说是害怕了,竟然害怕别离什么的」

女幽灵「没事的哦,只要你不忘记的话,我就会一直在这里的」

女幽灵「……只要不忘记的话」

 

925: 2007/09/19(水) 22:16:25.94 ID:8ocValbi0

女幽霊「何かしらこの辛気臭い流れぇ……」

女幽霊「まだ別れじゃないんだから笑顔でいましょうよぉ」

女幽灵「这个令人烦躁的气氛是怎么回事……」

女幽灵「还没到别离的时候呢,露出笑容吧」

 

926: 2007/09/19(水) 22:16:26.39 ID:2glaIUxl0

やばい本気で名残惜しいんだが

不妙真的有些恋恋不舍了

 

930: 2007/09/19(水) 22:16:46.59 ID:OJqUFcLY0

女幽霊「別れたくない?そうねぇ、毎晩寝る前に私のことを想って?」

女幽霊「気が向いた時に遊びに行ってあげるわぁ」

女幽灵「你说不想分开?是呢,那就每晚睡觉前想一下我?」

女幽灵「有心情的时候会来找你玩的哦」

 

933: 2007/09/19(水) 22:17:17.41 ID:tMef1DlZ0

女幽霊「ねぇ、今度の休日どこかに出掛けない?」

女幽霊「そうねぇ…貴方の行きたい所でいいわぁ」

女幽霊「水族館…? …ふふ、前に行きたいって言ってたの、覚えててくれたんだぁ」

女幽霊「今になって未練がましくなるなんて…私って嫌な女ねぇ」

女幽灵「呐,这次的休息日要一起去哪里玩吗?」

女幽灵「是呢…就选你喜欢的地方就好哦」

女幽灵「水族馆…? …呼呼,我之前说过想去,你记住了啊」

女幽灵「事到如今变得依依不舍起来…我还真是讨厌的女人呢」

 

938: 2007/09/19(水) 22:19:12.87 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「もう少しでお別れね・・・・・・」

女幽霊「楽しかったわぁ。ふふふ、最初はここまで行くとは思わなかったもの・・・」

女幽霊「もし、ここから私が消えても、どこかでウロウロしてたりするかもね」

女幽霊「その時は、またたくさんお話してくれる?」

女幽灵「再不久就要分开了呢・・・・・・」

女幽灵「过得很开心哦。呼呼,最开始也没想到会走到这一步呢・・・」

女幽灵「如果,接下来我就算消失,或许也只是在什么地方彷徨着而已哦」

女幽灵「到那个时候,可以再陪我说很多很多的话吗」

 

943: 2007/09/19(水) 22:20:35.36 ID:tMef1DlZ0

女幽霊「随分とおめかしするのねぇ」

女幽霊「ふふ…女の人とお出かけするのは初めて?」

女幽霊「あら、本当に初めてなんだぁ …かーわいい」

女幽霊「でも、そんなに気負いしないでいいと思うわぁ 私は幽霊なんだしぃ」

女幽霊「普通の人から見れば、一人寂しく水族館を歩く青年にしか見えないだろうしぃ」

女幽灵「哇你还真是打扮了好久啊」

女幽灵「呼呼…和女人外出这是第一次?」

女幽灵「啊啦,真的是第一次啊 …好可爱」

女幽灵「但是,不用这么卖力也可以的哦 我毕竟是幽灵啊」

女幽灵「在普通人眼里,恐怕只能看到青年一个人寂寞地在水族馆里地行走着的身影而已哦」

 

947: 2007/09/19(水) 22:23:00.41 ID:8ocValbi0

女幽霊「最近寂しそうですってぇ?」

女幽霊「あなたの目は腐ってるのかしらぁ?あなたといて寂しいわけないじゃなぁい」

女幽霊「寂しいわけないじゃない……」

女幽灵「你说最近看上去很寂寞?」

女幽灵「你的眼睛瞎了吗?和你在一起怎么可能寂寞」

女幽灵「怎么可能会寂寞啦……」

 

959: 2007/09/19(水) 22:25:13.82 ID:tMef1DlZ0

女幽霊「楽しかったわねぇ」

女幽霊「…イルカ、可愛かったわねぇ」

女幽霊「? …ちょっとぉ、何泣いてるのよぉ…」

女幽霊「……ああ、気付かれちゃってたんだ…」

女幽霊「うん、そろそろお別れみたいねぇ…」

女幽霊「ほら、泣き止みなさい  男の子でしょぉ?」

女幽霊「…しっかりしてくれないと、私も安心して逝けないわよぉ」

女幽灵「过的很开心呢」

女幽灵「…海豚,好可爱呢」

女幽灵「? …喂,你在哭个什么啦…」

女幽灵「……啊,你注意到了啊…」

女幽灵「嗯,好像差不多到别离的时候了呢…」

女幽灵「好啦,不要再哭了 你是男孩子吧?」

女幽灵「…你不好好振作的话,我也没办法放心地离去哦」

 

988: 2007/09/19(水) 22:29:40.77 ID:cWU2sAVm0

女幽霊「幸せな死に方ってのはねぇ・・・・・・好きな人たちに看取ってもらえることよ」

女幽霊「そして、幸せな成仏の仕方ってのは・・・・・・好きな人に看取ってもらえることよ」

女幽霊「アナタに会えて、幸せだったわぁ」

女幽灵「幸福的死法是・・・・・・在喜欢的人们的守望下离去哦」

女幽灵「然后,幸福的成佛方法是・・・・・・在喜欢的人的守望下升天哦」

女幽灵「能和你相遇,就是我的幸福」

 

962: 2007/09/19(水) 22:26:05.79 ID:eso3Yl8P0

女幽霊「今日は金縛りに気をつけなさいよぉ」

女幽霊「ふふふ・・あなたに私を感じてもらえる唯一の手段なのだからぁ」

女幽灵「今天要小心鬼压床哦」

女幽灵「呼呼呼・・・因为这已经是让你感觉到我的唯一的手段了」

 

974: 2007/09/19(水) 22:28:11.29 ID:upUML/A50

女幽霊「別れを惜しめば惜しむほど、別れの時は早くなるのよ?」

女幽霊「まぁ、私も久しぶりに楽しかったわよ」

女幽灵「越是不想别离,别离来得就越快哦?」

女幽灵「嘛,我也很久没有这么开心过了」

 

986: 2007/09/19(水) 22:29:27.76 ID:0ZYga+oy0

女幽霊「あら、もうこんな時間じゃなぁい」

女幽霊「ほらぁ、もう寝る時間よ?」

女幽霊「・・・なぁに?いつもはこんな時間に寝ない?」

女幽霊「いいのよぉ。たまには健康に気を遣いなさいな」

女幽灵「啊啦,都已经这种时间了不是嘛」

女幽灵「好啦,已经到睡觉的时候了哦?」

女幽灵「・・・什么啊?你说我平时不会在这种时间睡?」

女幽灵「没关系的啦,偶尔也要注意一下健康哦」

 

女幽霊「今日は夜更かししちゃあいけないのよ?」

女幽霊「さぁ、もう寝ましょうよぉ。そんなの明日でもできるじゃなぁい」

女幽霊「ね、分かった?今日はもう寝るのよぉ」

女幽霊(・・・そうしないと、私が逝けないじゃないの・・・・・)

女幽灵「今天不可以熬夜哦?」

女幽灵「撒,快点睡吧,这种事情明天也能做不是嘛」

女幽灵「呐,明白了吗?今天就快睡吧」

女幽灵(・・・不然的话,我都走不了了不是嘛・・・・・・)

 

993: 2007/09/19(水) 22:30:03.07 ID:OJqUFcLY0

女幽霊「あら、涙が…」

女幽霊「大丈夫よ、一眠りしましょう?明日になれば収まるわ」

女幽霊「私も一緒に寝てあげるから、ね。……おやすみなさい」

女幽灵「啊啦,眼泪…」

女幽灵「没事的啦,好好睡一觉吧?到了明天一切都会好起来的」

女幽灵「我也陪你一起睡哦,呐。……晚安」

 

906: 2007/09/19(水) 22:10:24.94 ID:xZO9l5eu0

女幽霊「え?いつ成仏するのかって?」

女幽霊「さぁねぇ~?・・ふふ、もう寝なさい。」

女幽霊「可愛い寝顔ねぇ・・・・。」

女幽霊「・・・・・・あなたに忘れられた時かなぁ・・・・・。」

女幽灵「诶?你问我什么时候成佛?」

女幽灵「谁知道呢~?・・呼呼,快睡吧」

女幽灵「真是可爱的睡脸啊・・・」

女幽灵「・・・・・・大概是被你遗忘的时候吧・・・・・・。」

 

978: 2007/09/19(水) 22:28:21.86 ID:eljjSUusO

「想い出はねぇ……」

「そうよぅ……想い出」

「それは雪のようなものなのよぅ?」

「きりきら空から降ってきて……ゆっくり溶けていくのよぅ」

「回忆啊……」

「没错……回忆」

「那是像雪一样的东西哦?」

「一闪一闪地从天上降下来……慢慢溶解在地上哦」

 

「やぁねぇ……違うわよぅ?」

「雪はいずれ雨になって大地を潤すの」

「そうやって私も、いつか貴方と一つになるわ」

「忘れた頃に……ねぇ?」

「おやすみなさい……私の可愛いあなた」

「哎呀……不是啦?」

「雪总是会变成雨滋润大地的」

「类似的我也是,总有一天会和你融为一体」

「在你忘记的时候……哦」

「晚安……我可爱的你」

 


lu:因为被人吐槽说这篇被我遗忘了,所以先把这篇翻完了再说→_→

 

提示:整个故事已经完结了噢>_<

 

上一章 目录 

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 12 条精彩评论

  1. 空想少年
    空想少年 发表于: 2016年5月9日 18:03:36

    晚安,幽灵小姐

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年5月9日 18:07:56

    有生之年。。。我还以为烂尾了

  3. 爱宕夜夜子
    爱宕夜夜子 发表于: 2016年5月9日 18:56:54

    啊。。。好想要一只幽灵小姐。。。

  4. 。。。。
    。。。。 发表于: 2016年5月9日 20:29:06

    再見了

  5. Sfa06305
    Sfa06305 发表于: 2016年5月9日 21:36:24

    我以為已經完了[doge]

  6. 匿名
    匿名 发表于: 2016年5月9日 22:07:33

    結局虐心! lu高產好評

  7. 尸比
    尸比 发表于: 2016年5月10日 00:23:59

    還真得是在你忘記的時候XDD

  8. 百合控
    百合控 发表于: 2016年5月10日 00:27:30

    泪流不止啊,哇——!

  9. 777
    777 发表于: 2016年5月10日 01:39:41

    有生之年啊,还以为坑了

  10. 匿名
    匿名 发表于: 2016年5月10日 03:05:40

    一起睡吧…晚安

  11. 秋生
    秋生 发表于: 2016年5月11日 18:45:50

    超感人的不是么

  12. shameimarukibou
    shameimarukibou 发表于: 2016年8月24日 16:10:08

    汪的一下就哭出来了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部