4Jul

『长篇创作・2ch』男「将游戏变成现实的游戏机?」 天使「没错哦~♪」(十九)

上一章 目录 下一章

 

269: 2012/07/04(水) 00:54:43 ID:WkRp7u/Y

無口「……」ペラ

男友「なぁ、無口さんが本読んでるだけじゃねぇか?」ヒソヒソ

男「もうすぐだ……何があっても、声出すんじゃねぇぞ?」ヒソヒソ

オタ「了解でござる。 永遠にこの口閉ざして見せるでござる」ヒソヒソ

男「いや、そんな苦行まではしなくていいんだが……」ヒソヒソ

无口「……」翻

男友「呐,无口桑只是在看书而已不是嘛?」小声

男 「马上要开始了……不过就算发生什么,都不可以出声哦?」小声

宅 「了解了。 就让我永远把这张嘴闭起来给你看」小声

男 「不,不用做到这种程度的苦行也可以的啦……」小声

 

「ごめん、遅くなった……待った?」

無口「ぁ……ぃぇ」パタン

無口「大丈夫だょ……友くん……」ニコ

男友「っ! なんで友が……何か関係あんのか!?」ヒソヒソ

オタ「男友、黙るでござる。 ……拙者、何となく想像がついたでござるよ」ヒソヒソ

男「心構えしとけ。 これからだ……」ヒソヒソ

  「抱歉,我来晚了……等很久了吗?」

无口「啊……没」合上

无口「没关系的啊……友君……」笑

男友「!!  为什么友在……这有什么关联吗!?」小声

宅 「男友,快闭上嘴。 ……在下,好像稍微能想象到了」小声

男 「做好心理准备。 这之后才是重头戏……」小声

 

270: 2012/07/04(水) 00:55:34 ID:WkRp7u/Y

友「隣……座っていいかな?」

無口「……ぅん」

友「よっと。 無口さん、何読んでたの?」

無口「恋愛小説……」

友 「可以……坐在你旁边吗?」

无口「……嗯」

友 「呼。 无口桑,你在读什么?」

无口「恋爱小说……」

 

友「そっか……ね、小説より、実際に体験してみたいと思わない?」

無口「……ぅん」カァ

友「それじゃ……」クイ

無口「……ん」チュ

友 「是吗……呐,比起小说,想不想实际体验一下真实的恋爱?」

无口「……嗯」

友 「那么……」扯

无口「……嗯」啾

 

271: 2012/07/04(水) 00:56:52 ID:WkRp7u/Y

男「……二人は出て行ったな。 もう喋っていいぞ?」

男友「な、なんだよあれ! だって、友は幼さんと付き合ってるんじゃ……!」

オタ「なるほど……二股でござるか」

男「あぁ……正確には、二股じゃねぇけどな」

男友「おかしいだろ! だって、無口さんには他校の彼氏が……!」

男 「……两个人都出去了。 已经可以说话了哦?」

男友「什、什么啊那是! 因为,友不是正在和青桑交往……!」

宅 「原来如此……脚踏两条船吗」

男 「啊……正确来说,应该不止两条」

男友「这也太奇怪了吧! 因为,无口桑可是有其他学校的男友……!」

 

男「……多分、別れたんだろ」

男友「ありえねぇ! だって、これじゃまるで……」

男「まるで、オレと幼みたい、か?」

男友「お前、明日先輩の事が分かるって言ってたよな? まさか……」

男「……オレの口からは何も言えない」

男 「……我想大概,是分手了吧」

男友「不可能! 因为,这样的话不就像……」

男 「就像,我和青一样,对吗?」

男友「你…说过到了明天就会明白前辈的事吧? 难道……」

男 「……从我嘴里什么都不能说」

 

272: 2012/07/04(水) 00:58:05 ID:WkRp7u/Y

オタ「ふむ……なぜ男どのが明日の事まで分かるのか、と当然の疑問は置いておいて」

オタ「とにかく、ここ最近の不可思議な状況には全て友どのが絡んでいる」

オタ「……どうやら、そのあたりに男どのが縁を切った理由もありそうでござるな?」

男「……」

男友「……男。 お前は何も言わない。 いや、言えないんだな?」

宅 「唔姆……为什么男殿连明天的事都能知道,先把这个理所当然的疑问放在一边」

宅 「总之,这最近发生的不可思议的状况全部和友有关」

宅 「……看来,男殿跟其绝交,似乎也是有理由的吧?」

男 「……」

男友「……男。 你什么也不说。 不,是不能说吧?」

 

男「……あぁ」

男友「……分かった。 次は明日だな? 放課後か?」

男「……あぁ」

男友「よし。 オタ、帰るぞ。 帰り、付き合え」

オタ「……了解でござる。 では男どの、また明日でござる」

男 「……啊啊」

男友「……我懂了。 下一次是明天吧? 放学后吗?」

男 「……啊啊」

男友「好。 宅,回去了哦。 陪我回去」

宅 「……了解了。 那么男殿,明天见」

 

273: 2012/07/04(水) 00:59:29 ID:WkRp7u/Y

『……変わった二人だけど、意外と頭も回るし仲間思いだねぇ!』

『……虽然是很奇怪的两个人,不过脑子转得出乎意料的快,也很为伙伴着想呢!』

 

男『あぁ。 普通、女を襲った上に何も言おうとしない男なんて信用しないだろうに』

男『啊啊。 正常来说,袭击了女人却完全不解释这样的男人应该不会去相信的呢』

 

『だね。 怪しい、めっちゃ怪しい。 もはや見かけたら110番レベル』

『是呢。  可疑、超可疑。 不如说看到的话就要拨110的程度』

 

男『……本当に良い奴らだよな。 良い友達を持って良かったよ』

男『……真的都是很好的人啊。 我有这么好的朋友真是太好了』

 

『どっちかというとホモだちを疑うレベルだけどね?』

『非要说的话是要怀疑你们是基佬的等级呢?』

 

男『お前と違ってオレはノーマルだ……』

男『和你不同我的性取向是正常的……』

 

『し、失敬な! 私だってノーマルだ! 尻の穴は使った事ないし!』

『真,真没礼貌啊! 就算我是我也是正常的啦! 屁股的洞没用过!』

 

男『尻の穴「は」? ……別の穴は使ったことあんのかよ?』

男『屁股的「洞」? ……别的洞用过吗?』

 

『あー、処女だけど天使友達の佐藤ちゃんに突っ込んだことはある』

『啊——,虽然是处女但是曾经插过天使朋友的佐藤酱』

 

男『クソ、てめぇ童貞じゃなかったのかよ……!』

男『可恶,你不是处男吗……!』

 

『でも処女だよ!』

『但我是处女哦!』

 

男『処女は関係ねぇ! 非童貞だったのがなんか負けた気がする!』

男『跟处女没关系! 不是处男总感觉有输了的感觉!』

 

274: 2012/07/04(水) 01:01:14 ID:WkRp7u/Y

天使「明日は書記さんのイベントだねぇ。 最後のヒロイン候補かぁ」

男「そうだな。 ……その後は、アイツとの勝負だ」

天使「この前話した奴だね。 ま、私もアレしか手はない気もするけど……」

天使「実際の所さ、勝算はどれくらいと見てる?」

男「……どうだろうな。 この後オレの想像通りの流れになるのは間違いないと思う」

男「問題は、アイツがゲームを止める時だ。 その時点で奪い返せるかどうか……」

天使「そうだね。 しかも、わざわざ私たちの前でゲームを止めてくれるわけがないし」

男「あぁ……だから天使、お前に頼みがある」

天使「明天是书记的事件呢。 最后的女主角候补吗」

男 「是啊。 ……那之后就要,和那家伙决一胜负了呢」

天使「是之前说过的那招吧。 嘛,虽然我也觉得除了那个外没有其他方法了……」

天使「实际来说的话,你觉得胜算有多少?」

男 「……谁知道呢。 我是觉得这之后应该会变成我所想象的那种情形」

男 「问题是,在那家伙停止游戏的时候。 那个瞬间能不能抢回来……」

天使「是呢。  而且,总不可能特意在我们面前停止游戏」

男 「啊啊……所以天使,我想拜托你一件事」

 

275: 2012/07/04(水) 01:02:30 ID:6eK4GJ4I

何卒、幼ハッピーに…

请务必要来个青的HappyEnd…

 

276: 2012/07/04(水) 01:03:10 ID:WkRp7u/Y

天使「わかってるよ。 アイツに張り付いていろ、ってことでしょ?」

男「……そうだ。 頼めるか?」

天使「もろちん! ここら辺で良い所見せとかないとねっ!」

天使「……でも、キミとしばらく離れ離れになるのは、少し寂しいかな……」

男「……悪いな。 でも、これからはアイツから目を離せなくなるから……」

天使「わかってる! 明日のイベントの後から、アイツに張り付いてるよ」

天使「絶対見逃さないから!」

天使「我知道的啊。 盯着那家伙,的意思吧?」

男 「……对。能拜托你吗?」

天使「当然! 在这种时候必须要让你看到我的长处呢! 不让你看到我最好的一面可不行呢」

天使「……但是,和你暂时分离有些寂寞呢……」

男 「……抱歉啊。 但是,接下来不能让他离开视线呢……」

天使「我知道的! 明天的事件以后,我就缠着他呢」

天使「绝对不会让他逃掉的!」

 

男「あぁ。 アイツがゲームを止める前には、絶対にこの前説明した行動を取る」

男「始まったら、オレに連絡してくれ。 ……オレも張り付くから」

天使「うん……待ってる。 ね、明日からしばらく離れ離れだからさ……」

天使「……少しだけ、甘えてもいーい?」

男「……なんだよ、気持ち悪ぃな。 ……別にいいけど」

男 「啊啊。 在他停止游戏之前,绝对要按照这之前说好的行动」

男 「开始了后,就向我联系。 ……我也会守着的」

天使「嗯……我等着。 呐,明天暂时要分开了……」

天使「……稍微,让我撒娇一下可以吗?」

男 「……什么啊,有点恶心诶。 ……可以是可以啦」

 

277: 2012/07/04(水) 01:04:36 ID:WkRp7u/Y

天使「よっしゃぁ! うぉぉぉ! み な ぎ っ て き た!」バッサバッサ!

男「ちょ! 部屋の中で飛び回るな! それに、エロいのは禁止だからな!」

天使「わーかってるって! ……ちょっと、充電するだけだよ」バサッ ポフッ

男「お、おい……?」

天使「……ごめんね。 本当なら、幼ちゃんとこうしてるはずなのにね……」ギュー

男「……お前も悪気があってやったことじゃねぇだろ?」ポンポン

天使「好哦! 喔哦哦哦! 能 量 涌 上 来 了!!」啪撒啪撒!

男 「等! 别在房间里乱飞! 还有,工口的可是禁止的啊!」

天使「我知道的啦! ……只是,稍微充下电而已哦」

男 「喂,喂……?」

天使「……对不起呢。 本来你应该是和青这样做的说……」抱

男 「……但你也不是故意的吧?」拍拍

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. kongkong
    kongkong 发表于: 2016年7月4日 22:00:05

    这天使怎么那么暖..

  2. 娇软萌萝吾之爱
    娇软萌萝吾之爱 发表于: 2016年7月4日 22:37:35

    请务必把天使的处女拿下[t滑稽]

    • 777
      777 发表于: 2016年7月5日 03:44:38

      请务必ry

    • 百合控
      百合控 发表于: 2016年7月5日 18:16:12

      请ry※

  3. CupcakeWOW
    CupcakeWOW 发表于: 2016年7月4日 22:52:48

    還好天使只插過別人,沒有被別人插過(大誤

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部