7Jul

『长篇创作・2ch』男「将游戏变成现实的游戏机?」 天使「没错哦~♪」(二十二)

上一章 目录 下一章

 

310: 2012/07/04(水) 23:35:46 ID:WkRp7u/Y

~翌日~

~第二天~

 

 

男『よぉ、天使。 どうだった?』

男『哟,天使。  怎么样了?』

 

『あー、帰ったとたんパソコンに飛びついちゃってやんの』

『啊——,一回去就扑向了电脑』

 

『んで、今日は学校休もうとした所行動制限に引っかかっちゃってさ!』

『嗯还有,今天在学校准备要睡觉的时候被行动限制了呢!』

 

男『あぁ、今日は書記さんとのイベントの日だったな。 そりゃ休めねぇわ』

男『啊啊,今天是和书记桑的事件呢。 那肯定不会让他休息的啊』

 

『生徒会室でしか起きないもんねぇ、書記さんのイベント』

『毕竟只会在学生会室发生呢,书记桑的事件』

 

311: 2012/07/04(水) 23:36:44 ID:WkRp7u/Y

男『……で? 天使、お前はどう見る?』

男『……所以? 天使,你怎么看?』

 

『動くよ、今夜。 いよいよだね……覚悟はいーい?』

『会行动哦,今晚。 终于到这一刻了呢……准备好了吗?』

 

男『ったりまえだ。 とっくに覚悟なんて決まってるに決まってる』

男『那还用问吗。 当然是早就准备好了啊』

 

『おっけ。 んじゃ、私も気合いれてくから後でご褒美ね?』

『ok。  那么,我也会鼓足劲的,之后要奖励我哦?』

 

男『お前、先払いしたろ? しかも強制的に』

男『你,已经预支了吧?   而且是强制的』

 

『へへ、追加報酬を期待してますぜ、旦那!』

『嘿嘿,期待你的追加报酬哦,老爷!』

 

男『わかったわかった。 うまくいったらキスでも何でもしてやるから頑張れ』

男『知道了知道了。 顺利的话kiss也好什么也好都会给你的加油吧』

 

『よっしゃ! 何でもするんだな! 童貞もらったぁ!』

『好哦! 什么都行呢! 得到处男了!』

 

男『そ、それは駄目だ!』

男『那,那个不行!』

 

『処女でもいいよ?』

『处女也可以哦?』

 

男『……もっと駄目だろうが!』

男『……那不是更不行了嘛!』

 

313: 2012/07/04(水) 23:37:49 ID:WkRp7u/Y

男友「で、放課後になったが、今日はどうすんだ?」

オタ「また待機でござるか? そろそろ、動きが欲しいでござるが……」

男「ん……今日は付き合って貰うぞ?」

オタ「ということは……?」

男友「待ってましたっ!」

男友「那么,到了放学时间了, 今天要怎么做?」

宅 「还是要待机吗? 差不多,想做出什么行动了啊……」

男 「嗯……今天需要你们陪我哦?」

宅 「也就是说……?」

男友「等待已久!」

 

314: 2012/07/04(水) 23:38:25 ID:WkRp7u/Y

男「お前ら、気合入れろ……出陣だ」ニヤ

男「你们给我鼓足精神……出击了哦」坏笑

 

 

 

 

.

.

 

327: 2012/07/06(金) 00:15:32 ID:WkRp7u/Y

「ありがとうございましたー! またお越し下さいませー!」

「谢谢惠顾——! 欢迎再次光临——!」

 

友「ふ……クク……これで……ハハ、ハハハハハ!」

友「ハァ、ハァ……これで……これでオレは……!」フルフル

友「何度も確認した……これなら、このゲームならオレは……」ソーッ

友「……オレは!」カチッ ブゥゥゥン…

友「よ、よし! ゲームの入れ替えを……」

友「呼……库库……这样就……哈哈,哈哈哈哈!」

友「哈啊、哈啊……这样就能……这样我就能……!」

友「我确认了好几次了……用这个的话,如果是这个游戏的话我就能……」

友「……我就能!」咔擦

友「好,好! 更换游戏……」

 

329: 2012/07/06(金) 00:17:40 ID:WkRp7u/Y

天使『ちょっと待ったあぁぁぁぁ!」スゥ… ガバッ!

天使『给我等一下啊啊啊啊啊!』抓!

 

友「っな!? て、てめぇどこから! 誰だ!」

天使「これ、返して貰うかんね! 私のなんだから!」グイッ!

友「お前、あの時の……天使か!」グイグイ

天使「天使さまとお呼びっ! こんの外道がっ!」グググ…

友「てめぇ……せっかく、手に入れた、オレの幸せを……」ググッ

友 「什!? 你,你丫是从哪里!  是谁!」

天使「这个,我拿回来了哦! 这可是我的哦!」拉

友 「你…是那时候的……天使吗!」拉

天使「给我叫天使大人! 你这个坏人!」拉扯…

友 「混蛋……我好不容易,得到的,我的幸福……」拉扯

 

天使「うぁ! ちょ、ちょっとタンマ! なにその火事場のクソ力!」ズルズル

友「渡して、たまるかよおぉぉぉぉぉ!」グイッ! サッ!

天使「キャッ! 痛っ……何すんだ! って、げ、ゲーム機!」

友「返してもらうぞ、女がオレに力で勝てるかよ!」ダッ!

天使「私は半分男だ! 返せー! この泥棒ー!」バサバサ

天使「哇啊! 稍微给我暂停一下! 这个火事场力是怎么回事!」使劲

友 「怎么可能,交给你啊啊啊啊啊啊!」拉

天使「呀啊! 好痛……你干什么! 啊,游,游戏机!」

友 「我拿回来了哦,女人怎么会胜过我的力气啊!」

天使「我有一半是男人! 还给我——! 你这个小偷——!」

※火事场力是指危急时刻发挥出的超出寻常的力气

 

『男、ゴメン! 逃げられた!』

『男,抱歉! 被他逃掉了!』

 

男『お前は窓から出て空から隙を狙え! こっちは配置についてる!』

男『你从窗户出去从天上寻找机会! 我这边已经安排好了!』

 

330: 2012/07/06(金) 00:19:19 ID:WkRp7u/Y

友「クソ、何なんだよアイツ! まさか、どこにでも入れるのか!?」タッタッ

友「と、とにかく……このゲーム機だけは!」バタン!

「どこへ逃げる気? ボクたちと遊ぼうよ、友!」

友「て、てめぇオタ! 邪魔すんな!」

オタ「悪いね、それは返して貰うよ。 答えは聞いてない!」

友「聞けよ! 答えは断るだ!」クルッ! タッタッタ!

友「可恶,什么啊那家伙! 难道,从什么地方都能进来吗!?」

友「总,总之……只有这个游戏机要!」按!

 「你想跑去哪? 跟我们来玩啊,友!」

友「你,你是宅! 别来烦我!」

宅「抱歉呢,这个要还回来哦。 还没听到你的回复呢!」

友「给我听啊!   回答就是拒绝!」甩开! 踏踏踏!

 

オタ「男友! 裏口向かったよ!」

男友「おぅよ! さて、友。 先輩のうらみ、晴らさせてもらうからな!」バキッ!

友「痛っ! てめぇ、邪魔だ! どけ!」ゴンッ!

男友「痛……! てめぇ、ゲーム機で殴るのは卑怯だろうが! 壊れるぞ!」

友「壊れねえんだよ! てめぇの相手をしてる時間はねぇ、どけっ!」ゲシッ! タッタッタッ

男友「ガァッ! クソ、なんだよコイツ! 待ちやがれ!」ダダダ!

宅 「男友! 他绕到后门去了!」

男友「了解! 那么,友,让我来了结前辈的仇恨吧!」

友 「好痛!  混蛋,别捣乱! 给我滚开!」咚

男友「好痛……! 混蛋,用游戏机打我真卑鄙! 会坏的哦!」

友 「不会坏啊! 才没时间理你,给我让开!」扯开! 踏踏踏

男友「啊! 可恶,什么啊这家伙! 给我停下!」踏踏踏!

 

331: 2012/07/06(金) 00:21:00 ID:WkRp7u/Y

友「ハァ、ハァ……あ、アイツらは撒けたか……?」

友「な、なんでアイツらまでゲーム機の事知ってんだよ……」

友「男の差し金か……? クソ、とにかく安全な場所まで……」

「……」ス…

友「っ! だ、誰だ!」

友「哈啊,哈啊……啊,甩掉那些家伙了么……?」

友「喂,为什么连他们都知道游戏机的事啊……」

友「是男指使的吗……?可恶,总之先到安全的地方……」

 「……」偷偷一抓…

友「!! 是,是谁!」

 

男「残念だったな! ゲーム機、ゲットだぜ!」グイッ!

天使「おー? すごいじゃん、男!」バッサバッサ

友「っ! 男、てめぇ待ち伏せしてやがったのか! なんでオレがこっち来ると……!」

男「バーカ、一応オレはお前の幼馴染なんだぜ? いや、幼馴染だったんだぜ?」

男「てめぇのチキンな行動パターンなんか、お見通しだっての……!」

男 「真遗憾啊! 游戏机,得手了哦!」抽!

天使「哦——? 很厉害嘛!男!」

友 「!! 男,你在这里埋伏我么! 为什么我知道我会在这里……!」

男 「蠢~货,怎么说我也是你的青梅竹马哦? 不,该说曾经是你的青梅竹马吗?」

男 「就连你的胆小鬼的行动模式,我早就全部看穿了……!」

 

332: 2012/07/06(金) 00:24:12 ID:WkRp7u/Y

男「ま、とにかくゲーム機は返してもらったぞ。 ほれ、天使パス」ポイッ

天使「キャーッチ! アーンド、リリース!」

男「リリースしてどうすんだバカ!」

天使「ジョークジョーク! ちゃんと受け取って上空に逃げてるってば」バッサバッサ

友「男! この天使は張り付いてたとして、何でお前らまでオレがゲームを止めるとわかった!」

男 「嘛,总之游戏机我拿走了。 给,天使接着」丢

天使「Catch! And release(释放)!」

男 「释放是要怎么样啊笨蛋!」

天使「开玩笑的开玩笑! 我会好好接住逃到空中的」扇动翅膀

友 「男! 这个天使一直盯着我就算了,为什么连你们都知道我停止了游戏的事!」

 

友「オレがゲームを止めてから連絡したんじゃ待ち伏せに間に合わないはずだ!」

男「ハァ? お前さ、ボケちゃったんじゃねぇの? 色ボケついでによ」

男「言ったろ? 行動パターンはお見通しだって。 それどころか、操られてやんの」

友「オレが……操られてただと? どういう意味だ!」

男「ハァ……いいよ、勝利者インタビューだ。 説明してやるよ」

友「我停止游戏之后再联络的话应该根本赶不上埋伏的!」

男「哈? 你啊,在装傻吗? 精虫上脑智商都掉线了是吧」

男「我说了吧? 你的行动模式我都看穿了啊。 岂止是那样,你一直在我的操控下啊」

友「我被……操纵了?  什么意思!」

男「哈……好了,就让我来个胜者解说吧。 我来跟你说明哦」

 

333: 2012/07/06(金) 00:25:20 ID:WkRp7u/Y

男「お前さ、あのクソゲーをあれにセットしてただろ? 途中までは良かったんだよな」

男「でも、致命的な欠陥があった。 お前は気付くのが遅かったみたいだけどな?」

友「ク……」

男「致命的な欠陥。 それは、ギャルゲーをセットしたが故の欠陥」

男「你啊,把那个粪作装在那个上面了吧?  虽然到半截还是挺好的呢」

男「但是,有个致命的缺陷。 虽然你察觉得好像有些太晚了呢。」

友「呃……」

男「所谓致命的缺陷。 那就是你设置的是非18X的galgame」

 

334: 2012/07/06(金) 00:26:01 ID:WkRp7u/Y

男「……てめぇ、幼や女友、他の二人にエロい事が出来なかったんだろ?」

男「……你这家伙,没办法对青和女友,及其他两人做色色的事情吧?」

 

 

 

 

.

.

 

335: 2012/07/06(金) 00:28:59 ID:WkRp7u/Y

友「な、なんで知ってんだよ!」

男「天使に張らせてたから……と言いたい所だけど、分かったのはその前だ」

男「てめぇも覚えてるだろ? 説明書の最後の項目、その備考欄だ」

友「『ゲームを破綻させないよう役割に反する行動は制限されてしまいます』……」

男「度々邪魔された行動制限。 その強制力はゲームを始めた本人にまで及ぶ……」

男「お前のセットしたゲームが分かった後、ピンと来たよ」

友「为、为什么你会知道这一点啊!」

男「因为我让天使盯着你了……虽然我想这么说,但我知道这件事是在更早之前」

男「你丫也记得的吧? 说明书上最后一条里的那个备注」

友「『为了不让游戏产生矛盾,违反角色职责的行动会被限制』……」

男「妨碍了我多次的行动限制。 那个强制力连开始游戏的本人也会波及……」

男「知道了你插上的是什么游戏之后,我就突然灵机一闪了啊」

 

男「……ゲームに従うならば、お前はヒロインとエッチが出来ないんじゃないかとな!」

男「ま、最近のゲームじゃ直接描写はなくても匂わすような描写がある場合もあるし……」

男「エンディング後に子供が生まれた、とかの場合もある」

男「おかげで、あんなクソゲー徹夜でクリアして確認する羽目になっちまった」

友「クソゲー!? クソゲーだと!? 訂正しろ!」

男「あぁ、悪い。 超クソゲーだった」

友「てめぇ……」ギリ

男「……如果遵从游戏进程的话,你和女主角根本就H不了的呢!」

男「嘛,虽然最近的游戏也有那种不直接描写,而是那种凭君想象的那种……」

男「结局是生了孩子,之类的情况也有」

男「多亏于此,为了确认我被迫熬夜把那种粪作玩通关」

友「粪作!?你说是粪作!? 给我更正一下!」

男「啊啊,抱歉。 是超级粪作」

友「混蛋……」怒

 

336: 2012/07/06(金) 00:30:49 ID:WkRp7u/Y

男「どうせ、幼たちに迫ろうとしては行動制限に泣かされた口だろ?」

男「なにせ、ゲームを開始した本人もゲームの支配からは逃れられないんだからな!」

友「そうだ……そうだよ! 意味ねぇだろそれじゃ! いくらハーレムでも!」

友「オレのものの癖に……誘おうとする度、身体が硬直する! 邪魔しやがって!」

男「バーカ、元々幼も女友も後の二人もお前のもんじゃねぇよ」

男「反正,你肯定是想对青动手动脚的时候被行动限制弄哭了吧?」

男「毕竟,连开始游戏的本人也没办法逃脱游戏的支配呢!」

友「是啊……是啊! 那就没意义了吧! 就算再怎么后宫!」

友「明明都是我的东西……每次想约他们的时候,身体就会硬直! 妨碍我!」

男「蠢~货,无论是青也好女友也罢,还有剩下两人原本就不是你的啊」

 

339:肯: 2012/07/06(金) 00:34:29 ID:WkRp7u/Y

男「で、イライラし始めたんだろ? それがわかったからお前に聞かせてやったじゃん」

友「まさか……」

男「お前がさっき買いにいったゲームの話だよ。 幼な妻なんとかって奴」

友「お前! オレにわざと聞かせたって言いたいのか!」

男「言いたいも何もその通りだ。 お前の事だ、絶対食いつくと思った」

男「天使からお前が幼たちを襲えない理由に気付いたと聞かされたからさ……」

男「オタたちには、あらかじめ合言葉を言ったら話題を振るよう指示しておいた」

男「所以,你开始焦急了吧?  因为明白这点所以才故意让你听见的啊」

友「没想到……」

男「说的是你刚才去买的游戏啊。 幼妻什么的那个」

友「你! 你想说你是故意让我听见的吗!」

男「不是我想说,这就是事实。 我觉得是你的话绝对会上钩」

男「因为从天使那听到了你不能袭击青她们的原因呢……」

男「对宅他们,事先跟他们确认了暗号,只要说出那个暗号就向我挑起这个话题」

 

男「合言葉は……『天使』」

男「暗号就是……『天使』」

 

.

.

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


鹳

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. S菌
    S菌 发表于: 2016年7月7日 21:11:45

    终于到了高潮部分(゚∀゚)

  2. 娇软萌萝吾之爱
    娇软萌萝吾之爱 发表于: 2016年7月7日 22:31:02

    垃圾友人快快下马受降![t怒]

  3. CupcakeWOW
    CupcakeWOW 发表于: 2016年7月7日 22:53:00

    友人會反擊嗎[t咦]

  4. やまと俺の嫁だ!www
    やまと俺の嫁だ!www 发表于: 2016年7月7日 22:58:09

    猜对啦bingo!bingo!

  5. 777
    777 发表于: 2016年7月8日 05:36:17

    哦哦,终于反击了吗

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部