『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(四)

引用元:http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4077578.html


 

上一章 目录 下一章

 

92: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 14:48:05.83 ID:WuLtuWlB0

さて、ちょいと忙しいので書くスピードが遅くなるかもしれませんが

ぼちぼち書き込みを再開していこうかと思います。

那么,虽然说因为最近有点忙所以码字速度可能会稍微有点慢

差不多是时候继续开工了

 

93: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 14:54:17.56 ID:JCE/w50Z0

待ってたぞ

等你很久了噢

 

94: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 14:56:55.38 ID:WuLtuWlB0

彼女はゲーセンを出ていった。

俺は混乱した。何か悪いこと言ったのか?

もう何がなんだか分からなくなってた。

 

無心で追いかけた。

「待ってください!どうしたんですか!?」

 

她从游戏厅跑了出去

我整个人都混乱了,我说了什么不好的话吗?

已经什么都搞不明白了

 

想也没想就已经追了上去。

「请等一下!到底怎么了啊!?」

 

95: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:00:13.56 ID:WuLtuWlB0

彼女は立ち止まって黙った。

俺はどうしようか困った。

なんて声をかけたらいいか分からなかった。

 

目の前で、ベレー帽を被って手や服を絵の具で汚した女の子が泣いている。

なんてヘンテコな状況なんだろう。

 

瞬間、俺はこんな事を口にした。

「そ、そうだ…これから画材屋さんにでも行きませんか?」

 

她停下了脚步保持沉默

我也不知该如何是好

不知道应该说些什么话才好

 

在我的眼前,这个穿着贝雷帽手脚衣服都被绘具弄脏的女孩子正在哭泣

这究竟是什么奇怪的情况啊

 

但在那个瞬间,不知怎的我说出了这样的话。

「对,对了……接下来要一起去绘画器具的商店吗?」

 

96: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:02:49.52 ID:WuLtuWlB0

なんでこんなことを言ったのか分からないが、

何か状況を変えようと思ってとっさに出た一言だった。

 

彼女「え…?ほんとに?」

俺「はい、行きましょう、近場でどこか…」

 

彼女の反応は思ったよりよかった。

そして幾分ノリ気であった。

彼女「じゃあさ、近くにあるから行こう。ちょっと電車のるけど。」

 

虽然不知道为什么自己会这样说,

但这是为了打破这个局面灵机一闪出现的一句话

 

她「诶……?你说真的吗?」

我「是的,去吧?在这附近的什么位置...」

 

她的反应比我预想中的要好

而且好像还有几分跃跃欲试的感觉

她「那么,我知道这一块有一家,虽然要坐一下电车」

 

97: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:07:32.31 ID:WuLtuWlB0

駅に向かって、黙って切符を買う。

「JRって高いのかな?」

などと彼女は言っていた気がする。

 

ホームで電車を待ってた。時間帯もあって、駅はなかなかの雑踏だった。

無言で過ごす。さっきまで泣いていたのに、彼女は思ったよりケロッとしていた。

 

俺はよく分からない展開に動揺して、緊張して、足が震えてたかもしれない。

彼女の方を見ると、笑ってVサインをしたりしておどける。

 

俺「なんなんですかソレ」

彼女「わからんなw」

 

我们走向车站,默默地买了票

「JR还真是贵呢」(JR是日本国铁路公司的简称)

感觉她好像说了类似这样的话

 

我们在站台等待电车的到来,因为这个时间的关系,车站非常拥挤

双方都不发一言静静等待。明明在刚才还哭得那么厉害,她比想象中的要平静

 

也许是以前从没碰到过这种事态,我稍微有些动摇,有些紧张,或许脚也在颤抖也说不定

稍微往她那边一看,结果看到她对我做出奇怪的V型手势

 

我「那是什么啊」

她「我也不知道(笑)」

 

98: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:11:12.14 ID:WuLtuWlB0

この道中も、彼女は決して自分のことを語ろうとはしなかった。

俺がひたすら話していた気がする。

「美大生なんて本当に憧れる」とか「絵が好きで上手くなりたい」とか

俺が終始しゃべっていた。

 

そのたびにニコニコするだけで、それがなんだか可愛く見えた。

でもなぜ泣いてしまったのか、そのことには触れられなかった。

 

在路途中,她一句也没有说出有关自己的事情

感觉好像是我一个劲的在谈

「美大学生之类的真的很憧憬啊」什么的「喜欢画画,想画得更好」什么的

我从头讲到了尾

 

而在这期间她只是挂着一个淡淡的微笑,但总觉得这笑容看上去非常可爱

不过对于她究竟为什么而哭呢,那件事情我始终没敢提起

 

99: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:17:48.68 ID:WuLtuWlB0

画材屋に着く。

すると彼女は途端にテンションが上がって、

あ~どうしよう張りキャン買ってこうかな~あでも筆も…

などと顔をキラキラさせて俺を連れ回して買い物を始めた。

 

俺はリラックスしている彼女になら何か聞いても大丈夫だと踏んだ。

俺「楽しそうですね。」

彼女「ここ来るとやっぱね~テンション上がるよ。」

俺「でもこの前、もう絵描いてないって言ってませんでしたっけ…?」

 

我们来到了绘具商店

接着她突然开始变得兴奋

啊~怎么办啊~要不要买画框呢~啊不过笔也得…

说着类似这样的话,表情也变得闪闪发亮,拉着我逛来逛去开始她的寻找猎物

 

我想着她既然这么放松的话,稍微问点事情应该也是可以的吧

我「好像挺开心的呢」

她「怎么说呢~来到这个地方果然还是会变得兴奋啊」

我「不过你之前不是说,已经不准备继续画画了吗…?」

 

101: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:24:26.21 ID:WuLtuWlB0

彼女「いや、それはね…」

俺「気を悪くしたらごめんなさい…でもなにか知りたくて。

今日もいきなり泣かれてしまって…」

 

俺はもう彼女のことで頭が一杯だったから、知りたかった。

そして少しでも彼女の力になりたいと思っていた。

 

俺「なんで、いつもゲーセンに来てるんですか?なにか思い入れが?」

彼女「思い出があるんだよ、だから」

 

分からない。

 

她「不,那件事啊…」

俺「如果让你感觉不舒服了那很抱歉…不过我想知道些什么

  今天也是一下子就把你弄哭了…」

 

那时我的脑子里已经只有她了,所以想要了解更多。

然后想着如果能稍微能为她做些什么的话就好了

 

我「为什么总是来游戏厅呢?是有什么想法么?」

她「因为那里有我的回忆啊」

 

还是搞不懂。

 

102: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 15:25:13.49 ID:OPjA9tnB0

意味がわかると怖い話か

你要能搞懂那就变成恐怖故事了

 

103: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 15:26:28.52 ID:k/QC1PhU0

わかった。彼女は幽霊なんだな!!

我懂了,她是幽灵吧!!

 

104: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:29:15.37 ID:WuLtuWlB0

もう分からないことだらけだった。

一体なんなんだろうこの人は。

そもそもただでさえこんな女の子がいつも一人でゲーセンに

来ていること自体不思議で仕方なかった。

 

俺「思い出って…なんなんですか?」

彼女「わたしの絵、見る?」

 

そういえば見たことなかった。

俺はそこで彼女のケータイから彼女の絵を見せてもらった。

 

已经什么都搞不明白了

这人到底是什么啊

单就只是这样的女孩子总是一个人跑到游戏厅去这一点,就已经让人在意的不得了了

 

我「回忆……到底是指什么呢?」

她「要不要看看我的画?」

 

话说回来还没见过呢

从她的手机画面里看到了她画的画

 

107: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:33:14.65 ID:WuLtuWlB0

そこにはポップンやら音ゲのキャラクタ、あるいは格ゲーキャラクタの絵があった。

 

とても可愛らしい絵柄で、おれは素直にいいなあ、と思った。

絵柄的には誰だろう…chancoさん辺りに近かったと思う。

 

俺「わああ!すごい上手いですね!」

 

彼女は満面の笑みになった。

彼女「ありがとう。」

彼女「私はただ本当にアーケードのゲームが大好きなだけ。」

 

しかしそれでもまだ合点がいかないことだらけだった。

なんで泣いていたのかがどうしても気になった。

 

映在那里的是片头动画之类的音乐游戏的角色,或是格斗游戏的角色的画

 

是具有非常可爱的画风,让人老实抱有「真不错啊」的画

画风有点像那个谁……chanco桑的画风

 

我「哇噢!这画得很好啊!」

 

她做出了满面的笑容。

她「谢谢你」

她「我只是太热衷于这种街机游戏罢了」

 

不过尽管那样还是存在很多违和感

到底为什么哭了呢,只有这一点实在是在意的不得了

 

108: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:37:41.80 ID:WuLtuWlB0

俺「でも、本当に上手いですね。大好きな絵柄です!」

俺「やっぱりそっち関係を本当は目指していたんですか?」

 

彼女「ま…ね」

俺「そうなんですか…でもこれだけ上手かったらきっとまたチャンスありますよ!

俺は絶対応援しますよ!」

 

彼女「いや、もうそういうのは描かないって決めたことだから」

俺「? どうしてですか?」

 

我「不过真的是画得很好啊,这是我最喜欢的那种画风!」

我「果然是认真的想要朝那个方向努力吗?」

 

她「嘛……算是吧」

俺「是这样啊……不过能画的那么好的话一定还是有机会的噢!

我绝对会支持你的!」

 

她「不,所以说已经决定不再画了」

我「? 为什么啊?」

 

115: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:43:09.08 ID:WuLtuWlB0

彼女「君は若くて、絵が大好きで、きっといい子なんだろうね。」

俺「え、はい、あの…」

 

彼女「ダメなんだよ、気安くそう優しい事言っちゃ。」

 

いつになく真剣な顔になったので、怖かった。

目が真っ赤になっていた。

彼女「君はダメだ…。ダメダメだ。」

 

ダメダメって言われたのが妙に覚えている。

 

彼女「じゃあね、今日はここまでで。付き合ってくれてありがとう。」

帰り際にコピックマルチライナーを俺に手渡して、そそくさと去っていった。

 

俺は呆然として、追いかけることもできなかった。

 

她「你啊真是又年轻,又热衷于绘画,一定是个好孩子吧」

我「啊,是的,那个…」

 

她「不行噢,不能这么随意的说出这种温柔的话。」

 

她的表情变得前所未有的认真,稍微有点害怕了起来

而且眼睛又变得通红。

她「你这人真是不行啊……不行不行」

 

不知为何对「不行不行」这句话印象特别深刻

 

她「那么再见了,今天就到此为止。谢谢你能陪我来」

之后把Copic针管笔递到我手上,匆匆忙忙的离开了

 

我只能呆呆地站在那里,连追上去也办不到

 

117: 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 : 2012/01/15(日) 15:46:07.02 ID:nhA7ui6A0

コピックマルチライナーってなんだよ

Copic针管笔是什么东西啊

 

119: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 15:47:35.39 ID:WuLtuWlB0

>>117

ごめん。画材のことだ。イラスト描いたりするペンだよ。

抱歉。是绘画用的器具,画插图的时候用的那种笔噢

 

120: 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 : 2012/01/15(日) 15:52:25.61 ID:nhA7ui6A0

>>119

なるほど、ありがとう

原来如此,谢谢了

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事

 

↓喜欢我们的文章请您与朋友分享

网友评论5

  1. 5楼
    星野瑠羽:

    噢噢噢!终于等到后续……但又在关键的地方……

    2014-10-06 12:31 下午 [回复]
  2. 4楼
    工笔新造:

    急死个人……每次都在关键留悬念……

    2014-10-06 1:13 下午 [回复]
  3. 地板
    hugh2558:

    马克一下,等更新

    2014-10-06 2:43 下午 [回复]
  4. 板凳
    (≧▽≦):

    看了下,居然是12年的帖子了

    2014-10-06 3:41 下午 [回复]
  5. 沙发
    红颜不似月:

    怎么感觉是男po主失忆了的感觉。。。和女po原来是恋人?

    2014-11-27 2:10 下午 [回复]

发表评论

表情
还能输入210个字