7Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(六)

时间: 2014-10-7 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

155: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 16:50:58.67 ID:WuLtuWlB0

その日、会うのは何回目か分からなかったけど、初めて連絡先を交換した。

 

色々合点がいった。

なんでゲーセンにいたかも。

最初の印象より、ずっとしっかりした子だった。

もちろん意味不明なところもたくさんあったけど、それが可愛かった。

 

美大浪人したらしく、俺より2つ3つ上だったんだけど、背は小さかった。

でもその背中がすごく大きく感じた。

 

俺は嬉しくなった。彼女が話してくれた。

これからはもっと彼女の力になれるかもしれない。

彼女のために、なんでもするくらいの心持ちだった。

彼女の抱えてたものは大きくてビックリしたけど、

何より話してくれたことが嬉しかった。

 

这一天,虽然不知道这是第几回碰面了,第一次和她交换了联络方式

 

她在我心目中的形象渐渐变得完整

也知道了她为什么总喜欢待在在游戏厅

她是一个比第一印象要可靠的多的女孩子

当然意义不明的地方还是有很多,但那也是她的可爱之处

 

好像是美大的失业人士,虽然比我还要大上2、3岁,个子却比较小

然而不知为何在我看来她的背影十分高大

 

我非常开心,因为她肯把事情告诉我

这样的话接下来或许能够帮上更多的忙

有种为了她,自己什么都愿意做的心情

虽然她背后隐藏的内情比我想的还要沉重的多,稍稍有些吃惊

但她肯把这些事情说出来,没有什么比这一点更让人高兴的了

 

156: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 16:54:49.41 ID:WuLtuWlB0

すっかり浮かれていた。

次はいつ会えるだろう?

 

それから俺はまたしばらくゲーセンに通い続けた。ひたすら。

でもしばらく通っても、彼女はまったくゲーセンに現れなくなった。

メールは割と返ってきていた。

 

なんだろう?気になった。

土日も来ない。まだ仕事も始まっていないはずだった。

 

どうしてゲーセン来ないの?とメールで聞いても

「近いうちに行こうかな~」という趣旨のメールが返ってくるだけだった。

 

心跳根本平静不下来

下次见面是什么时候呢?

 

在那之后我和往常一样,只要一有时间就往游戏厅那跑

但在好一段时间内,都没有在游戏厅中看到她的身影

短信倒是经常有回信

 

到底发生了什么事呢?感觉非常在意

星期六也没来,而且她应该还没有开始上班

 

就算发短信问为什么不来游戏厅

也只会做出类似「近期会过去的噢~」这样的回信

 

157: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 16:57:21.12 ID:WuLtuWlB0

それからまたしばらく経って、俺は若干凹んでいた。勝手に。

彼女はもしかしたら彼氏もいたかもしれないし、俺は多分忘れられた…と。

 

ゲーセンではいつも楽しくて、メシを食べることも多かったから、

向こうも俺のことを必要としていると思っていた。

 

突然、不思議なメールが来た。

 

「そろそろ、大きな勝負が待っています。勝ってみせるよ。」

 

然后在那之后过了一段时间,我整个人变得无精打采,自顾自地开始胡思乱想

说不定她是有男友,然后把我忘了……之类的

 

因为在游戏厅一直都过得那么开心,一起吃饭的时候也非常多

所以以为对方也很需要我

 

突然,手机有了动静,是一条不可思议的短信

 

「一场大的考验差不多要来了,我绝对会赢的噢」

 

160: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 16:58:59.19 ID:WuLtuWlB0

勝負?なんのことだろう?

就職試験?それともイラストレーターデビュー?

俺は楽観的に考えていた。

 

「勝負?なにそれ?気になる」的なメールを返した。

するととんでもない内容のメールが返ってきた。

 

考验?到底是指什么呢?

就职考试?还是插画家出道?

我只是乐观地这么在想

 

「考验?那是指什么?我很在意」回了类似这样的短信

结果收到了完全没有想到的回信

 

161: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:00:26.99 ID:hiNsX/wJ0

ゴクリ・・・

(咽口水)

 

162: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:01:08.33 ID:WuLtuWlB0

「今、入院しています。○○病院のどこどこ。良かったら会いにきてね、わたしのファンさん」

みたいなメールが来ていた。

 

卒倒しそうになった。

驚きと同時に怒りも湧いた。

すべてを話してくれたと思ったのに…どうして黙っていたんだろう。

 

「现在,正在住院中,是在○○病院的XX病房。如果可以的话过来见我吧,我的粉丝桑」

发来了类似这样的短信

 

感觉自己快要站不稳了

在震惊的同时也感到有点生气

还以为已经什么话都对我说了……为什么不告诉我呢

 

164: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:01:47.99 ID:qP+0jAr80

あ、あぁ…

啊,啊啊……

 

165: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:02:17.99 ID:+t3I5efm0

嘘だろ…

骗人的吧…

 

166: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:04:01.26 ID:WuLtuWlB0

俺は大学をさぼってすぐに会いに行った。必死だった。

 

俺「どうしたの?すごく心配してたんですよ!!」

 

「若年性の卵巣がん。」

彼女はニコッと笑って俺が着くやいなやそう言い放った。

 

俺はことの重大さにすぐ気付いた。

俺はばあちゃんを卵巣がんで亡くしてる。

進行性のとても早い癌として知られていて、ばあちゃんもものの半年で…

だったのを思い出した。

 

我翘掉了大学的课程立马赶了过去,拼足了劲

 

我「到底发生了什么啊?担心死我了!!」

 

「早期的卵巢癌」

她在我刚进门时就微笑着这么对我说道

 

然后我马上就注意到了一个重大的事实

我的奶奶也是因为卵巢癌死去了

因为这是一种发展速度非常快的癌症,奶奶也只在半年时间内……

一下子就联想到了这些

 

168: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:05:54.20 ID:hiNsX/wJ0

あぁ・・・

啊……

 

170: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:08:01.67 ID:WuLtuWlB0

彼女は変わり果てた姿でそこにいた。ニット帽をかぶって、やせ細っていて…

彼女「本当はねえ。手術終わるまでは黙ってようって思ってたんだ」

彼女「でもやっぱり直前になって怖くなっちゃった。」

彼女は笑った。

 

笑顔だけは変わらずそこにあったので、なんだか俺のほうが安心して、悲しくなって、

涙目になってしまった。

しっかりしなくてはいけない。

 

在我眼前的是她那完全变了样的身影。头上戴着一顶针织帽,细小的身姿……

她「说实话本来啊,是想在做完手术之前都保密的」

她「但是果然在快要做手术的时候害怕了起来」

她笑了起来

 

只有那笑容一如往昔,总感觉自己安心了下来,又难过了起来

眼角变得湿润

但是不好好振作起来可不行

 

 

172: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:08:53.12 ID:0ZoZjK6b0

やだ、この流れやだ

なんとかハッピーエンドにしてくれ頼む

不要啊,这个发展不妙啊

求你了请以Happy End结束吧

 

173: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:09:20.72 ID:+t3I5efm0

最悪の結果でないことを切に願う

マジで泣きそう

 

真的希望不会变成最糟的结果

真的有点想哭

 

179: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:15:00.81 ID:WuLtuWlB0

強く、一人で頑張っていたんだろうな…

きっと俺と初めて会った時から、このことで悩んでいた…

そう思うと本当に泣きそうになった。

 

俺「大丈夫です。教えくれてありがとう。

これからは、俺も一緒にいますから。」

これが俺の精一杯だった。

そうすると彼女は安心したのか、途端に涙目になった。

 

彼女「こわいんだよ…手術…絵を描けなくなるのも…

ゲーセンに行けなくなるのも…何もかも怖いんだよ…」

 

彼女は何かがぷつんと切れたかのように、大泣きしだした。

俺も涙をこらえて、ひたすら

「大丈夫、大丈夫…」としか言えなかった。

 

正直この時俺もダメだと思った。絶望してた。でも俺が

弱音吐いちゃ絶対だめなんだと思って、ふんばったよ。

 

她一定是自己一个人这样努力撑过来的吧

在一开始遇到我的时候开始,她也一定在为这件事情而烦恼…

这么想着真的变得有些想哭了

 

俺「没关系的,谢谢你告诉我

  在这以后,我也会跟在你身旁的」

这已经是我最大的努力了

不知道听到我这么说是不是感到放心下来了,她眼睛开始布满眼泪

 

她「好害怕啊……不管是手术也好…不能继续画画这件事也好…

不能再去游戏厅也好…不管什么都好害怕…」

 

她的闸门好像突然断掉了一般,突然开始大哭

我也强忍着眼泪,只是不停地

「没事的,没事的」这样安慰她

 

说实话这个时候我也有点崩溃了,感到非常绝望

但我总觉得在这里绝对不能说出泄气的话,所以努力挺过来了

 

186: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:19:44.46 ID:Hr3/t+Yc0

釣りだよな?なあ?おい

这是编的故事吧?呐?没错吧

 

189: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:20:41.67 ID:oRUw3uTe0

>>186

釣りならそれでいい、彼女が死ななければそれでいい!

如果是编的话那也不错,如果这样她就可以不用死的话那样就好!

 

188: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:20:09.67 ID:WuLtuWlB0

ひととおり励まして、なんとか良い空気に戻った。

彼女が、ブリジット描いてー!(ギルティギアという格ゲーのキャラ)

などと言ってくるので、俺が描いたりして遊んでいた。

 

すると、不思議と和やかになっていった。

そのうち、彼女のお母さんが機を見て病室に入ってきた。

 

俺「こんにちは」

母「あ、これはこれは…」

おふくろさんは人当たりの良い方だった。

 

在一个劲的安慰鼓励之后,感觉气氛稍微好了一些

因为她嚷嚷道「给我画布里吉德」(一个叫罪恶装备的格斗游戏里面的角色)

所以我也稍微画了一下玩玩

 

不可思议的是,气氛就这样缓和下来了

这个时候,她的母亲看准了机会也进到了病房里来

 

我「你好啊」

母亲「哎呀,你是你是……」

她的母亲是非常和蔼的人

 

191: 1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/15(日) 17:24:01.35 ID:WuLtuWlB0

俺は昔から大人(特におばちゃん)とは何故か打ち解けるのが得意だったので、

すぐにお母さんとも懇意になれた。

 

しかし俺と彼女の関係性があまりに曖昧だったので、そこはなんとも言及しづらかった。

母さんは勝手に彼氏だと思っていたようだが。

 

そして俺は手術までの間通い続けた。

すべてを捨てる覚悟だった。

大学も全部サボった。

 

不知为何我从小时候开始和大人(特别是对阿姨)很容易打好关系

很快就和她的母亲混熟了

 

但是我和她的关系因为很暧昧说不清楚,所以在那方面并没有多谈

只不过她母亲好像随意地把我当成了她的男友

 

从那之后,我在她接受手术之前每天都去看病

已经做好了舍弃一切的觉悟

大学课程也全部都翘掉了

 

192: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:25:25.01 ID:hiNsX/wJ0

(´;ω;`)うぅ…

(´;ω;`)呜呜…

 

193: 名も無き被検体774号+: 2012/01/15(日) 17:26:28.38 ID:oRUw3uTe0

>>192

エンディング前になくなよ、ここからだろ

在结尾之前不要哭啊,故事才刚刚开始吧

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. 星野瑠羽
    星野瑠羽 发表于: 2014年10月7日 22:15:45

    这个发展…………有种不祥的预感

  2. 特仑苏
    特仑苏 发表于: 2014年10月8日 11:55:54

    会赢的吧

  3. 7Fの人
    7Fの人 发表于: 2016年1月3日 11:26:05

    変わり果てる的翻译貌似有点问题。。。

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2016年1月3日 12:36:13

      感谢指出,已更正!

  4. 匿名
    匿名 发表于: 2016年2月18日 22:34:59

    其实我是从网易云音乐过来的,不要问为什么。

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部