13Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(十二)

时间: 2014-10-13 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

662:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 20:42:26.71 ID:x9+/iUde0

ホームに降りると辺りは暗くなり始めていて、宵の口と言ったところだった。

 

彼女は降りると、う~んと伸びをして「よく寝た」とつぶやいた。

俺はドキドキだった。

 

彼女「わ!なにこれ…ネックレス?富澤?」

俺は「魔法だよ、きっと」と言うつもりだった。でも、

 

俺「誰かのいたずらか…?」

意味が分からないw

 

下站台的时候天色已经开始变暗,也就是所谓刚入夜的时间吧

 

她下了车以后,啊的一声伸了个懒腰,喃喃道「睡得真舒服」

我的心则开始跳个不停

 

她「哇!这是什么…项链?富泽?」

我本来是想说「这肯定是魔法噢」,但是

 

我「是谁的恶作剧吗…?」

这么说了,稍微有些意义不明(笑)

 

665:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 20:45:54.81 ID:x9+/iUde0

かっこいいこと言おうとしたのに、彼女にこっちを見られると恥ずかしくなって

ついついおかしなことを言ってしまう。

 

彼女「えーww富澤でしょーwこれ可愛いなー。」

俺「うん…プレゼントだよ。すっごい似合ってる。」

 

本当に似合ってた。自分の選んだネックレスをつけている姿が、

とっても、微笑ましかった。

 

明明是想耍帅这么说的,但感受到她的视线害羞了起来

结果不小心说了奇怪的话

 

她「诶(笑)~是富泽你干的吧(笑)~这个好可爱啊。」

我「嗯…是给你的礼物噢,感觉很适合你。」

 

真的和她很搭,看着她戴上自己选的项链的身姿

感觉非常非常的欣慰

 

667:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 20:50:32.37 ID:x9+/iUde0

瞬間、彼女は俺に抱きついてきた。

 

俺はビックリして心臓飛び出るかと思った。

俺「ぅお…!」ビックリして、変な言葉が出る。

 

彼女「ありがとう。絶対絶対、大事にするよ。」

 

勇気を絞って、俺も抱きしめた。

思えば、人生で始めて女の子を抱きしめた瞬間だったと思う。

とっても暖かくて、大事なものだって気がした。

 

突然间,她猛的抱住了我

 

我吓了一跳感觉心脏都要跳出来了

不禁发出了「噢…!」这样的怪声

 

她「谢谢你。绝对绝对,会好好珍惜的。」

 

我鼓起了勇气,也回抱了她

现在想来,那应该是人生第一次抱女孩子的瞬间吧

感觉到怀里的是非常温暖,非常重要的存在

 

673:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 20:56:02.63 ID:x9+/iUde0

高校時代毎日使っていた見慣れた駅のホームの真ん中で、

俺は確かに人の温かみを感じた。

 

人なんてほとんどいなくて、駅のホームには俺と彼女だけだった。

向いのホームに高校生がいたが。

 

しばらくその状態で、彼女がいきなり

「充電完了だー!」

と大声をあげるものだから、ぱっと手を離した。

 

就在那高中时代每天都见惯用惯的车站中央

我确实感受到了人的温暖

 

在车站基本没什么人,只有我和她两人而已

虽然对面的车站倒是有高中生

 

这种状态稍微持续一段时间后,她突然

「充电完毕——!」

这样大声的叫了出来,松开了手

 

675:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 20:56:30.31 ID:cHxXWezS0

花言葉は永遠の◯◯◯

花语是永远的〇〇〇

 

677:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 20:57:23.09 ID:cOF2U+4D0

>>675

おっとそれ以上はやめてもらおうか。

哎呀,接下来可不能再说了

 

678:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 20:59:56.61 ID:x9+/iUde0

改札をくぐる、なんだか照れくさくなっちゃって俺はぎこちない。

でも彼女はそんなのおかまいなしで、

 

「ほらら~らら~らら~♪」(聖剣LOMのドミナの曲)などと鼻歌を歌う始末。

ご機嫌だったんだろう。彼女は普段からよく歌う子だった。

それ、聖剣だね!なんていつものように俺もつっこめず、

 

駅を抜けるとそこには迎えが待っていた。

 

通过检票处,感觉有些害羞的我变得有些生硬

不过她并没有在意那么多,只是

 

「哈啦啦~啦啦~啦啦~♪」(圣剑传说-Domina的歌)哼着类似这样的歌

心情一定很不错吧,她从以前开始就是那种很喜欢唱歌的类型

瞧,是圣剑噢!什么的根本就已经是家常便饭我也不吐槽了

 

出了车站以后迎接的人正等在那里

 

680:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 21:01:14.81 ID:x9+/iUde0

ちょいと失礼。

晩飯を作ってきますゆえ、しばし離れます。

30~40分で復帰しますね。

抱歉稍微暂停下

因为要去做晚饭,稍微离开一会

大概30~40分钟以后回来

 

682:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 21:02:09.77 ID:N8PdPWCf0

終わりが気になるけどゆっくり見ていたい。

虽然很在意结局但也想慢慢看

 

696:忍法帖【Lv=9,xxxP】 : 2012/01/16(月) 21:42:00.44 ID:6WQpxTh+0

そろそろか

差不多是时候了吧

 

697:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 21:43:36.77 ID:x9+/iUde0

ごめんなさい。お待たせいたしました。

また一服しつつゆったりと再開したいと思います。

抱歉让大家久等了

还是老样子想边抽根烟边慢慢写

 

701:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 21:54:02.83 ID:x9+/iUde0

迎えに来ていたのは、妹だった。

車で迎えにきてくれた。

「なんでアイツなんだよ…」

と思ったが、結果母親が来てもあまり変わらないので同じだった。

 

俺は彼女の荷物をずっと代わりに持っていたので、積みこむ。

俺「ごくろーさん」

妹「いえいえ」

彼女「こんにちは、わざわざありがとうございます。」

妹「こんにちはー」

 

妹は明らかにニヤニヤしていた。

 

来迎接我们的是妹妹

是开车过来接我们的

「为什么是这家伙啊…」

虽然这么想了一下,不过其实就算是母亲过来结果也是差不多

 

将之前一直帮她拎着的行李装进车内

我「辛苦了~」

妹「没有没有」

她「你好啊,谢谢你特意跑一趟啊」

妹「你好~」

 

705:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 22:00:44.01 ID:x9+/iUde0

妹「可愛いなー。同級生ー?」

俺「お前よりずっと年上だから」

 

彼女「いえ、全然気にせず接してくださいねw」

妹「こんな兄だけどよろしくお願いしますねー」

 

車内は女社会と化していたが、非常に和やかなムードで、

妹と彼女も気が合いそうな感じで俺は安心した。

 

妹「好可爱啊~,是同级生吗?」

我「她可比你大得多噢」

 

她「没事,请不要介意那么多,用普通的态度对待我就可以了(笑)」

妹「虽然是这样的哥哥,还是请你多多关照了噢~」

 

虽然车内已经完全变成女性社会,但气氛非常的和谐

看到妹妹和她那么谈得来我也放下心来

 

709:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 22:08:33.88 ID:x9+/iUde0

車で坂をのぼる。

俺の実家はちょっと坂の上にある。

店がまったくないわけでもなく、いい感じの田舎だ。

 

家につくと、待ち構えていたように母さんが出てくる。

「いらっしゃい!遠くからお疲れ様」

彼女「いえいえ、よろしくお願いします。」

彼女は、こういうところで礼儀正しくて、当然のことながら少し驚いた。

 

気のせいか、母さんも妹も、よそよそしくて、落ち着かない感じだった。

無理もない。ダメ息子が急にこんな女の子を連れてきたら、

面食らうってもんだろう。

 

车沿着上坡缓慢行进

我的老家在整个坡稍微靠上的地方

商店也不是完全没有,是一个感觉不错的小村

 

一回到家,等候已久的母亲就出来迎接

「欢迎光临!大老远赶过来真是辛苦你了」

她「不不,请多多指教」

她在这种地方礼貌倒是很到位,虽然是理所当然的事情但还是有点小小的吃惊

 

不知道是不是我的错觉,感觉母亲和妹妹也有点不知如何是好,安静不下来的感觉

倒也难怪,毕竟自己那不争气的儿子突然带了女孩子回家

不知所措也是理所当然的吧

 

711:名も無き被検体774号+: 2012/01/16(月) 22:10:31.76 ID:c7UXEoRe0

なんかこんなほのぼのした話を聞いてたら

すごくエンディングを聞くのが怖くなった。

不知为何看到这么温暖的场面以后

有点开始害怕听到结局了

 

713:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 22:15:03.82 ID:x9+/iUde0

母さんと妹はまだ晩飯の準備中だったらしく、

彼女は手伝いたい、と言った。

俺は疲れてるんだから無理しないで、と言ったが、

どうしてもと言ってきかなかった。

 

俺「母さんエプロンあったっけ?」

母「あれがあったわよアンタのが」

 

彼女は俺が高校の家庭科で使っていたエプロンを身にまとった。

「どうかな?w」

恥ずかしそうにエプロンを着て彼女は言う。

俺「いいねー最高だよ。」

 

母亲和妹妹好像还在准备晚饭

她说她也想帮忙

我说你已经累了就不要勉强自己了,

但是她说不管怎样都想参与,就是不听我的

 

我「老妈,围裙有吗?」

母「有是有不过那个是你的」

 

她缠上我在高中时代家庭课用过的围裙

「怎么样呢?(笑)」

穿上了围裙的她有些害羞的这么问我

我「真不错,超赞的啦」

 

720:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/16(月) 22:21:34.63 ID:x9+/iUde0

その様子を見て母さんと妹が俺の方を見て不自然にニヤニヤする。

俺は「ほっとけ!!」と心の中で連呼した。

 

彼女も台所についてできることを一生懸命手伝っていた。

うちの家族に混ざって、楽しそうだった。

 

俺はそれを横目に見つつ勝手口の裏口で一服していた。

俺も手伝おうとはしたが、アンタ失敗するから、と妹に阻止された。

 

看见我们这副样子的母亲和妹妹,用一种贼笑的表情望向我

我在心里不停大喊「别管我们了!!」

 

她也来到了厨房,开始努力地帮忙

和我的家人混在一块,看上去很开心的样子

 

我在一边默默看着她们谈话的情形,一边到后门抽了根烟

我也提出想要帮忙,但被妹妹用「你会失败的」的理由阻止了

 

723:忍法帖【Lv=2,xxxP】 : 2012/01/16(月) 22:26:22.87 ID:JxN1HClsi

なんてほっこりすんだ!

うらやましー

多么温暖的场景啊!

真让人羡慕!

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. 一咕咾儿顾老二
    一咕咾儿顾老二 发表于: 2014年10月13日 22:40:42

    [悲伤]

  2. 星野瑠羽
    星野瑠羽 发表于: 2014年10月13日 23:23:36

    711L + 1

  3. wei
    wei 发表于: 2014年10月14日 10:34:52

    坐等更新,谢谢站长

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2014年10月14日 11:23:01

      感谢支持~

  4. 匿名
    匿名 发表于: 2017年6月2日 01:46:26

    这种走向好像古希腊悲剧啊喂……很心痛

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部