20Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(十九)

时间: 2014-10-20 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: r13l

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

232:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 19:58:35.96 ID:WJObiXhX0

彼女の家につく頃には、彼女にはだいぶ笑顔がもどってきていた

俺は胸をなでおろした

 

彼女はフラフラ歩き出した

俺「こら、そんなに焦って歩いちゃダメだよ」

彼女「ここが、我が家です!でもどうせ呼ぶつもりだったから」

と笑って玄関先に立ってみせた

 

俺は彼女の父さんと母さんに事情を話した。逐一電話報告もしていたが、

叱られることも重々覚悟の上だった

しかし、ここまで一緒に来てくれてありがとう、と言われた

とても、申し訳ないことをしてしまった気持ちになった

 

到了她家的时候,她的笑容大致上已经回来了

我悬着的心也稍稍放下

 

她摇摇晃晃地向家走去

我「喂,别走这么急啊」

她「这里就是我的家噢!不过反正都打算叫你过来的」

笑着站在了玄关前

 

我把事情的经过告诉了她的父母。虽然也有过电话报告,

不过还是做好了被责备的觉悟

但是,她的父母只是向我说了「谢谢你,一直陪着她」

这让我…觉得有种非常愧疚的感觉

 

 

234:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:06:36.62 ID:WJObiXhX0

大事をとって、彼女は少し横になって休ませることにした

「富澤とわたしの母校に行くのー!」と言ってきかなかったが、

一番大事なのは体調だ。決まってる

みんなで説得して、なんとか彼女を寝かせた

そのかわりに俺は彼女が目覚めるまで家にいて欲しいと言われ、家にいることになった

 

しばらく彼女が部屋で寝ているのを見守っていたが、居間におりて

彼女のお父さんとお母さんと話した

 

以防万一,让她躺下先休息了一会

虽然她说「富泽要和我去我的母校!!」不过我们都没听她的话

毕竟现在最重要的是她的身体,这一点毫无疑问

大家一起说服她,总算让她躺下睡觉了

作为交换,她说直到她醒来都希望我能一直在她家,所以我就留了下来

 

我在她的房间里呆了一会看着她入睡,然后来到了起居室

和她的父母谈了一会

 

 

239:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:15:22.69 ID:WJObiXhX0

空気は重かった。あまり話すことも見当たらないんだ…

とりあえず俺は、今日はすいません、と真剣に謝った

 

母「気にしないでね」

父「君はいつもいつも、娘の病室にやってきてくれるね

君が来てくれるから、あの子はいつも本当に楽しくやっていられる

謝りたいのは、ろくに何もできないこっちだよ」

 

俺は、黙っていた。何を言っていいかまったく思いつかなかった

 

母「あの子、本当にいつもいつも富澤君のこと話してくれるのよ

富澤くん、私にもよくマメに連絡くれるでしょ。本当にありがとうね」

 

真面目な話はこれくらいだった。そのあとは、それを忘れたいかのように

テレビを見ながら、他愛もない世間話をしていたと思う

 

气氛非常沉重。我都不知道该说些什么…

所以我总之就先非常认真向她的父母道歉了「今天的事,真是对不起」这样

 

母亲「不要在意」

父亲「你一直来她的病房看望她,

因为有你在,所以那孩子在病房里也一直能过的很开心

该道歉的是什么事都没做到的我们才对」

 

我沉默着,想不到该说些什么好

 

母亲「那孩子,真的是一直都把富泽君的事挂在嘴边哦

富泽君,你也一直很勤恳地和我联络告诉我她的状况不是吗。真的很感谢你」

 

比较严肃的话就是这些了。在那之后,像是要忘记这些事情一样,

我们一边看着电视,一边说着些无聊的闲话

 

241:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 20:20:38.26 ID:C2P/Fvvo0

好きな人が好きになってくれるなんて、それだけでステキな奇跡ですよね

喜欢的人能喜欢上自己,光是这样就已经是很美好的奇迹了

 

245:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:27:22.80 ID:WJObiXhX0

しばらくすると彼女が起きてきて、

俺を部屋に手招きした

「もう、すっかり良くなったから。部屋で話そ」と言われた

 

彼女「今日はごめんね…。行きたいところたくさんあったのに…」

俺「それは仕方ないよ。でも吹石がなんともなくて本当に良かった

それだけで俺は嬉しいよ

辛い時は、辛いって言わなきゃだめだからね?」

 

过了一会她醒了过来

把我叫进了房间

「已经好很多了,到我房里聊吧」这样

 

她「今天真对不起…。明明有很多地方想一起去的…」

我「这也没办法嘛。但是吹石什么事都没有,真是太好了

光是这样我就已经很开心了哦

痛苦的时候,一定要说出来哦?」

 

249:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:36:21.51 ID:WJObiXhX0

そうすると彼女は揚々と歌い出した

「愛とはあなたのためだととかいったらー!うたがわれるけどー

がんばっちゃうもんねー!!」

そう歌ってにっこり笑った。それはイエモンのlove love showだった

 

俺「頑張っちゃうんだw」

彼女「うん、頑張る」

彼女「だからさ、今日は聞いて欲しいんだ」

 

 

然后她得意洋洋地唱起了歌

「因为说爱是为了你~!虽然唱得难听~

但会努力的噢~!!」

她这么唱着笑了起来。那是イエモン的love love show

 

我「原来你有在努力啊(笑)」

她「嗯,有哦」

她「所以呢,今天希望你能听我说些事」

 

250:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 20:38:14.56 ID:ttuEMZtR0

選曲がいちいちグッとくるんだよっ、ばか!

这选曲也太应景了吧,混蛋!

 

251:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 20:39:45.69 ID:tWtmPJzE0

もうwwww飛行機wwww出るwwwwwwwwww

今日は帰るのやめて羽田に泊まるか…

>>1ゆつくりで!

 

真是的wwww飞机www已经起飞了wwwww

今天不回家了,在羽田机场里住下好了…

>>1 慢慢写吧!

 

259:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:47:00.77 ID:WJObiXhX0

>>251 wwww 冷静なご判断を!w

>>251 www 冷静点!

 

255:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:45:27.80 ID:WJObiXhX0

彼女「今日はわたしの育った場所まわれなかったから、

私の昔話をしますーぱちぱち」

俺「きかせてもらおうじゃないか」俺も若干の悪ノリをしていた

 

彼女「結論から言ってわたし中学行けてないです」

そう言って彼女は苦笑いをこぼした

俺は驚いたけど、「なにかあったんだ?」と優しく尋ねた

 

她「今天没能带你去看看我长大的地方,

所以呢,就给你讲讲我以前的事好了,鼓掌鼓掌」

我「那就让我来听听吧」我也有点瞎起哄的感觉

 

她「就结论来说,我从初中开始就没去上过学」

她苦笑着说道

我有点吃惊,但是还是很温柔的问她「出了什么事吗?」

 

261:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:52:49.72 ID:WJObiXhX0

俺は、彼女の話に耳を傾けることにした

 

彼女「わたし、中学の時体弱かったんだーだからね、しょっちゅう

学校休んでたんだー」

彼女「本当にね、すぐ体壊しちゃうから。でもさ、あまりに頻繁に

学校休んでるうちに、ういちゃってさー」

彼女は笑いながら話しているけど、辛そうだった

 

我听着她说起以前的故事

 

她「我呢,初中的时候身体很弱,所以呢经常休息~」

她「其实呢,我很容易就把身体搞坏。但是呢,太过频繁地

休息导致我在班级里很显眼~」

她虽然是笑着说出这些话的,但是看起来很难受

 

263:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 20:58:03.04 ID:WJObiXhX0

彼女「学校行くとさー。誰もまわりにいなくなってて…

昼ぐらいから行くと、給食泥棒とか言われちゃってさw」

 

俺は黙って彼女の目を見続けた。

 

彼女「いじめられてたとか、あんまり言いたくないんだけどさ。

ある日行ったらわたしの机ごとなくなってたんだー。

それで、あれ?学校くるんだ?とか言わちゃって。」

 

彼女「それから中学には行けなくなっちゃった。」

 

她「那时去了学校,都没能说话的人…

中午那个时间去的话,有人还会说我是专门来蹭饭的。」

 

我安静地继续注视着她的眼睛。

 

她「虽然我不是很想说我被别人欺负了之类的。

不过有一天我去了学校,结果发现我的桌子不见了。

然后有人就对我说“咦?你居然还要来上学啊?”这样的话」

 

她「那之后我就不去初中了」

 

269:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 21:04:02.79 ID:WJObiXhX0

彼女「その頃なんだなー。友達もいなくてさー。

お兄と一緒にゲーセン行くのだけが本当に楽しかったよ。

アケゲーの人とのつながりとか、楽しさの共有とか、わたしは肌で感じた。」

 

俺はぐっと涙をこらえていた。

 

彼女「そこでね、本当に色んな人に会えたんだよ。」

彼女「わたしね、高校からは私立に行ったんだけど」

 

彼女「てて子、覚えてる?あの子とも本当に偶然ゲーセンで会ったの」

 

她「那个时候啊,根本没有朋友呢。

所以只有和哥哥一起去游戏厅玩的时候才让我觉得很开心哦。

和一起玩街机的人的联系什么的,还有快乐的共享什么的

真的让我切身感受到了」

 

我忍住了泪水。

 

她「那时呢,我真的遇到了许许多多的人哦。」

她「我呢,到了高中就去了私立学校」

 

她「你还记得TeTe吗?她也是我在游戏厅偶然遇到的」

 

271:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 21:13:30.08 ID:WJObiXhX0

彼女「中学の時ゲーセンで出くわしてね、当時って、まだそんなに若い

女の子とかゲーセンにほとんどいなかったの。

だからお互いに気になって話したら意気投合して」

 

俺は話しいることが信じられなかった。彼女にとってゲーセンという存在が

ここまで大きいなんて、にわかには信じられなかった。

 

彼女「そしたらてて子は中高一貫の私立に通ってる子で、

少し遠いけど私はその高校に行こうって決心した。」

 

她「当时是在游戏厅遇到她的,那时的游戏厅

基本上没有像我们这么年轻的女孩,

所以我们就开始在意起对方,然后聊了之后发现和投缘」

 

我不敢相信她说的话。我没有想到对她而言

游戏厅的存在居然如此的巨大。我突然无法相信了。

 

她「然后了解到TeTe初高中都是在同一所私立中学读

虽然有点远但我也下定决心要到那所高中」

 

273:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 21:17:20.83 ID:WJObiXhX0

彼女「当時はね、うちの近くにもゲーセンがあったんだ。

っていうか、今よりずっとずっとあった。今は少なくなったよ。」

彼女「わたしはそこが好きだった。店長さんも優しくて、常連さんもたくさんいた。

たまにヤンキーとかもいたけど、大して気にならなかった。

てて子もね、うちの近くに住んでたんだ。」

 

俺「今、そのゲーセンは…?」

彼女「ないよ。潰れちゃった。」

彼女は苦笑いした。

 

她「当时呢,我家附近也有游戏厅。

倒不如说在那之前就一直存在了,现在数量已经少了很多噢」

她「我很喜欢那里。店长很温柔,还有很多常客。

偶尔会有些小混混,不过并不是很值得注意的事。

TeTe呢也是住在我家附近」

 

我「那现在那个游戏厅呢…?」

她「已经没了噢,被迫关门了」

她苦笑道

 

274:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 21:18:51.51 ID:WJObiXhX0

すいません、ちょいと夕飯タイムなので、少し離脱します。

30分程でもどります。しばしお待ちを。

抱歉,正好到了午饭时间,我稍微离开下。

30分钟后回来。请等一会。

 

275:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 21:19:21.38 ID:8S0mHvC40

ごゆっくり

请慢慢吃

 

277:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 21:27:46.84 ID:riEPO2cM0

本当に今ある日常が大切に思える

我真的开始觉得要珍惜现在拥有的日常了

 

289:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 21:53:56.33 ID:rU5512OJ0

俺にまだこんな綺麗な涙が出るとは思わなかったよ

みんなもそうだろう!?なぁ!

我真没想到我居然还能流出这么漂亮的泪水啊。

大家也是一样的吧!?对吧!

 

290:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 21:58:35.22 ID:lA2XLBU50

>>289

読んでると自分の汚れ具合に泣けてくるぜ

>>289

看着看着就觉得自己实在太肮脏哭了

 

292:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 22:07:38.88 ID:WJObiXhX0

お待たせいたしました。

ごめんなさい、遅くて;

 

それでは一服しつつマッタリと再開したいと思います。

よろしければお付き合いください。

 

让大家久等了

不好意思,这么慢

 

然后我想先抽根烟慢慢写

如果可以的话,请陪下我

 

294:忍法帖「Lv=10,xxxPT」 「関電 76.6 %」 : 2012/01/17(火) 22:09:24.62 ID:FK7pp8sM0

おかえりー

欢迎回来

 

301:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 22:23:11.30 ID:WJObiXhX0

彼女「それからは、高校は女子高だったけどとても楽しかったよ。」

彼女「いつもわたしがばかなこと言ってたけどw」

 

彼女の持ち前の明るさやアホなところはそこに由来するのかなあと思った。

 

彼女「だからね、わたしこんなにゲーセンが好きなんだー。

なんて言ったらいいか分からないけど。」

 

彼女は笑いながら話す。

今まで彼女がどうしてここまで

ゲーセンに入れ込むのか不思議に思うこともあった。

それが解けた気がした。

 

她「那之后,我上了一所女子高中,每天过地很开心哦」

她「虽然我每次都在那里说些蠢话」

 

原来的那份开朗还有时不时犯傻的性格是这么来的吗

 

她「所以呢,我喜欢这样的游戏厅~

虽然我不知道该怎么说」

 

她笑着告诉了我这些事

我以前也抱有过疑问,

为什么她一直以来这么热衷于进出游戏厅。

不过这个疑问,在今天感觉终于解开了

 

305:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 22:30:08.67 ID:WJObiXhX0

彼女「わたしね、ゲーセンがあったから楽しい高校に行って過ごすことができたし、

夢を持つことが出来て、美大に進学したんだよ。大袈裟かな?w」

 

俺「そんなことないよ。すごいと思う。ゲーセンっていいとこだしねぇ。」

 

彼女「富澤もいたしなあw」

彼女は凄く照れくさそうに、ぽろっとそんなことをこぼした。

 

她「我呢,因为有了游戏厅所以才觉得很开心,而且也有动力去高中了,

然后还找到了梦想,考上了美大哦,是不是觉得很夸张呢?」

 

我「才没这回事哦。我觉得吹石你很厉害呢。而且游戏厅确实是个好地方呢。」

 

她「因为那里还有富泽呢~」

她看起来非常地不好意思,出乎意料地说出了那样的话。

 

310:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 22:37:22.85 ID:WJObiXhX0

彼女は夢を語りだした。

 

彼女「ゲーセン減らないでほしい。どんどん減ってる。

わたし、いろんな人が楽しめるアーケードゲームを作るのが夢だった。」

 

それを語る彼女は、いつにも増して真剣そのものだった。

凛とした視線で、かっこいいとさえ思った。

 

彼女「ゲーセンでしか味わえないドキドキがあるんだよ。

富澤はどんな時にそう思う?」「わたしはね」

 

彼女はまっすぐだった。まっすぐすぎて、胸が痛くなるくらいだった。

普段アホなことをけっこう言うくせに、まっすぐで、ひたむきで…

夢を語る彼女に憧れた。

 

她开始讲述起她的梦想了

 

她「我希望游戏厅不要减少。现在游戏厅越来越少了

我的梦想呢,就是设计出能让很多人都开心地玩耍的街机游戏」

 

在说着这番话的她,显得比平时还要认真

那凛然的视线,甚至会让人觉得此时的她很帅气

 

她「有些心跳的感觉呢,只有在游戏厅里才能遇上哦

富泽在什么时候才会有那种感觉啊?」「我呢~」

 

她很坦率,太坦率了。坦率得让人觉得心痛。

明明平时经常说些蠢话,但现在却这么耿直,这么一心一意地畅谈自己的梦想…

我很憧憬这样的她。

 

314:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 22:44:27.09 ID:WJObiXhX0

俺は最初こそ笑って聞いていたが、

だんだんくったく無く夢を語る彼女を見ているのが辛くなった。

 

夢があって、それを追いかけてるってだけで人は眩しく見える。

でも、彼女が置かれている状況を思い出すと、俺はもうダメだった。

 

俺は夢を語る彼女の前で泣いてしまった。

「すごい…すごいよ…」と言ってボロボロ泣いてしまった。

彼女の前で、泣いてしまった。

 

彼女「ありゃりゃ、わたしそんな泣くほど感動するほど凄いこと言ったか…?」

と彼女は動揺した。

 

俺「絶対叶えようね、その夢…」って言いながら俺は泣いてた。

そうすると彼女もぼろぼろ泣き出して、

二人してわんわん泣いてしまった。

 

我一开始的时候,是笑着听她说的

不过渐渐地看着讲述着那虚无缥缈的梦想的她,觉得好痛苦

 

拥有梦想,追逐着梦想,光是这些就令人觉得很耀眼了

但是,一想到她因为病魔的原因,在追逐梦想的途中被抛下,我就忍不住了

 

我在畅谈着自己梦想的她的面前哭了

「好厉害…吹石你好厉害哦…」我泣不成声地说道

我在她的面前哭了

 

她「哎呀呀,我有说过什么令你感动得哭出来的厉害的话吗…?」

她动摇了

 

我「你的梦想,一定会实现的吧…」我一边哭着一边这么说道

见到我这样,她也哭了

我们两人嚎啕大哭了起来

 

320:名も無き被検体774号+: 2012/01/17(火) 22:49:05.54 ID:DJrGJDj00

やべ泣けてきた・・・

糟糕…我要哭了…

 

338:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:05:36.01 ID:WJObiXhX0

泣きながら抱き合った。

この時ばかりは俺も運命という言葉を信じた。

あの日、たまたまゲーセンに行って、偶然彼女を見つけて、

柄にも無く、自分から話しかけた。

あの日、まっすぐ家に帰っていたらどうなっていた?

 

俺はこの時彼女を一生守ろうと心に決めた。

これからどんなことが待っていようと、決心した。

それと同時に俺の中で、彼女にしてあげたいことが一つ増えた。

 

我们哭着抱住了彼此

只有在这时,我才相信“命运”这一词

那一天,偶然去了游戏厅,偶然地遇见了她

 

一反常态的…居然由我向她搭起了话

那一天,如果我直接回家了会怎么样呢?

 

我在这时,决定了要永远守护她

无论将来会有什么样的困难等待着我…

与此同时,在我的心里又多了一件想要为她做的事

 

344:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:12:03.29 ID:WJObiXhX0

俺はその日は彼女が切望するので、彼女宅に泊まることにした。

 

彼女のお父さんと一杯やった。

彼女がビールをついでくれて、なんだか新婚にでもなった気分だった。

 

そのあと、なんとなく居間のソファで寝ることにした。

彼女といられる日常の時間が、少しでも多く続いて欲しかった。

 

那天,因为她殷切地期望我能留下来,所以那一天我留在了她家

 

和她的父亲喝了一杯酒

啤酒是她给我倒的,总觉得有点像新婚夫妇的感觉

 

那之后,没发生什么其他的事,我就在客厅的沙发上睡觉了

和她在一起的日常时间,哪怕是一秒,我也希望能够多持续一会

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


r13l

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 7 条精彩评论

  1. Secluded
    Secluded 发表于: 2014年10月20日 21:49:34

    啊啊,好在意结尾!博主,这个帖子大概还剩下多少啊?

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2014年10月20日 22:39:12

      快了……大概还5~6章的样子

      • Secluded
        Secluded 发表于: 2014年10月21日 23:41:22

        唔……有种不好的预感……

  2. zhu
    zhu 发表于: 2014年10月31日 17:20:28

    怎么回事,(十九)到(二十)之间不衔接啊,楼层差了差不多100楼,时间点也差了两小时30分以上

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2014年10月31日 20:00:47

      还真是这样……确实是漏了一些楼层……我们太粗心了
      已经补上了,感谢指出

  3. zhu
    zhu 发表于: 2014年11月1日 10:13:56

    很有速度,一下子就补上了,辛苦了你们,点个赞!![哈哈]

  4. 匿名
    匿名 发表于: 2017年6月2日 01:55:50

    太耀眼了……耀眼到快要讨厌自己了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部