21Oct

『长篇故事・2ch』那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩(二十)

时间: 2014-10-21 分类: 那个在游戏厅遇到的不可思议的女孩 作者: r13l

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

354:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:30:40.89 ID:WJObiXhX0

その次の日も、結局俺は彼女宅にいることになったんだけど、

彼女はお父さんとお母さんと買い物に行くようで、

ついていったけど俺はなるべく家族水入らずを邪魔しないように徹していた

 

荷物持ちとかしつつ、会話を聞く役目に徹していた

俺はもう、十分彼女との日常を満喫した

お父さんとお母さんだって、娘と過ごしたいに決まってる

 

俺は流石に、空気を読んで最終日までいるのは避けた

4日目の夜に、家に帰ることにした

彼女とお母さんが作ってくれた晩御飯を食べて、俺は彼女宅を出ることにした

 

结果第二天也是,虽然留在了她的家里

她和她的父母出去买东西了

虽然我也跟着去了,但我至始至终都贯彻着不打扰她们一家人团聚的想法

 

一路上我就负责拿包裹,然后主要是听她们说话

我已经很满足和她在一起的日常生活了

她的父母也一定是想要和女儿一起度过剩下的日子

 

考虑到这些,我还是选择避开了最后一天

在第四天的晚上,我决定回自己家了

吃完了她和她母亲做的晚饭后,我离开了她的家

 

361:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:38:19.80 ID:WJObiXhX0

彼女は、5日目の夜に病院に帰るという

俺は、その次の朝に会いに行く約束をした

 

俺「じゃあ、家族団らんを楽しんでね」

彼女「もっといてもいいのに」

俺「いや、明日で最後だし、お父さんとお母さんも俺がいたら色々やりづらいこともあるでしょ」

彼女「次に会うのは、また病室だね」

俺は黙った

彼女「絶対、会いに来てね。待ってるから」

 

第5天的晚上,她就会回到医院

我和她约定,明天早上就会来见她

 

我「那,就不打扰你们一家人团聚了」

她「明明再多呆一会也可以的啦」

我「不用啦,明天就是最后了一天了。我在的话伯父伯母有许多事也不太方便吧」

她「下次我们再见,又会是病房了呢」

我无言以对

她「绝对,绝对要来看我哦。我等着你」

 

369:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:47:25.65 ID:WJObiXhX0

彼女とずっと一緒にいて、離れると、とんでもないほどの虚無感に襲われた

あれ、俺の日常って、こんなに何もなかったか?

と思うほどに電車の中でも、家に帰ってからも無気力になり、何もかも手につかなくなった

 

無理もなかった。今まで不可能だった、彼女と普通の日常を送る、

ということが俺にとって楽しすぎて、本当に心地良かったからだ

 

色々思い描いた。彼女が完治して、もう一度普通の生活をして、

一生、平凡に暮らしていくのを想像した

 

这几天一直和她在一起,分别后,一股巨大的空虚感向我的内心袭来

咦,我的日常,原来是这么的空虚吗?

我一路这么想着,在电车里,在家里,都很无力,不知道该做些什么

 

这也是没办法的事。因为和她在一起渡过了至今为止不可能有的普通的日常生活

倒不如说,对我而言那段生活太美好了,真的是太美好了

 

我想象了许多,想象着等她的身体完全治好了之后,再过一次普普通通的生活

一生,都那样平凡地过下去

 

373:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:54:04.19 ID:WJObiXhX0

彼女が病院に戻った朝、俺は一目散に駆けつけた

早く、会いたかった

俺は花を持っていった

彼女の好きなトルコキキョウ

 

病院にもどってすぐ花ってのもどうかと思ったが、少しでも彼女の気が紛れるなら、と思った

病室に着くと、彼女に「ようこそ」と言われた

 

彼女「なんでだろう、やっぱり変に落ち着くねw」

また、籠の中に戻されてしまったような気しか、俺にはしなかった

 

她回到医院的那天早上,我飞快地奔去了医院

想更快,想要更快地见到她

我买了花

是她喜欢的土耳其桔梗

 

虽然人家一回医院就送花这有点那什么,但是如果能稍微转换下她的心情的话,那也就足够了

我到了病房后,她对我说「欢迎光临」

 

她「话说到底是为什么呢,果然在病房就有些异常地平静啊」

但在我看来,只是觉得她又回到了牢笼里,只有这样的感觉…

 

378:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/17(火) 23:59:06.36 ID:WJObiXhX0

それからの日々は割と穏やかに進んでいったと思う

でも、俺は残された時間が迫ってきているのを感じていた

病室で彼女に会えない時間が、苦しくて仕方なくなってた

 

頻繁に病院に泊まるようになった

いつのまにか、大学はまったく行かなくなっていた

 

那之后的日子,过得还算安稳

但是,我感受到剩下的时间已经不多了

在病房里,没办法见到她的时间,让我痛苦不堪

 

我住在医院里的时间开始变得频繁

不知什么时候起,我变得完全不去上大学了

 

379:名も無き被検体774号+: 2012/01/18(水) 00:00:02.19 ID:PzbDXNom0

もうだめだ・・・・・・・・・・・

もう・・・・画面がみえねぇ

已经不行了……………………

已经………看不到屏幕了

 

386:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/18(水) 00:06:39.84 ID:VEa4UjXG0

彼女が病院にもどってからしばらくすると、俺の誕生日が近づいていた

そして、その約一ヶ月後に、彼女の誕生日だった

 

俺は自分の誕生日の日にも、いつもと変わらず病室に向かった

彼女にはちょろっと教えていたが、前日にも何も言われなかったし、

きっと忘れているだろうな、と思ってた

 

病室に着くと、彼女がニヤニヤしていた

その日はいつもよりだいぶ元気そうで、俺は驚いた

 

她回到病房后稍微经过一段时间后,我的生日快要来临了

然后,在那之后大约再过一个月,就是她的生日

 

在我生日那天,我也一如既往地去病房探望她

我当时只是和她随便提了下我的生日,而且在前一天她也没和我说过什么

我觉得她一定是不记得了吧

 

但当我到了病房后,看到她在那里笑嘻嘻的

那天的她,比平时显得更有精神,我有点惊讶

 

392:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/18(水) 00:18:30.58 ID:VEa4UjXG0

彼女のお母さんが冷蔵庫からケーキの箱を取り出して、

小さなショートケーキを3つ取り出す。彼女は「おめでとう!」と言った

 

俺が「ありがとうー」とビックリして言うと彼女はそのまま歌い出した

 

「きょうはとくべつなよるさー!すてきなーゆめをみれたらなー!」

それはフジファブリックのbirthdayだった

歌ってこちらを見て笑った

ありがとう、と言って頭を撫でると、彼女は「わんわん」と小さく言った

お母さんがいるから恥ずかしかったのだろうか

 

她的母亲从冰箱里取出了一个蛋糕盒,

里面有3个蛋糕,然后她说道「生日快乐!」

 

我有些惊讶地回答道「谢谢…」,然后她就那么唱了起来

 

「今天是特别的一晚!能够看到一场美梦!」

那是はフジファブリック的birthday

她一边唱着一边看向了我

谢谢,我向她说道,然后摸了摸她的头,她则小声地叫了两声「汪汪」

可能是因为母亲还在这里,所以有些害羞吧

 

フジファブリック / Birthday

(若看不到视频请点此跳转官方视频)

395:名も無き被検体774号+: 2012/01/18(水) 00:24:53.92 ID:9c4eEsQt0

すごいドキドキしてきた

看得我心头小鹿乱撞

 

404:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/18(水) 00:37:36.43 ID:VEa4UjXG0

俺は、彼女と会ってから少しでも彼女の片鱗を感じたくて、

彼女が良いと言った音楽や本は、家にいる時に狂ったようにチェックしていたから、

その曲もフジのそれだと、すぐ気付いた

 

彼女「プレゼントがあるのです」

そう言って彼女は俺にマフラーを渡した

彼女「それ、わたしの使ってたマフラーなんだ。これから寒くなるでしょ?

ここに来てもらうのに、風邪ひいたりとか心配だし…」

俺「うわーありがとう!」

 

彼女「あとね…」

お母さんが何やら包みから取り出す。それは格ゲーのアケコンだった

彼女「これでもっと練習してねw」

俺は思わず吹き出してしまった

 

我在遇到她之后,希望能更多地了解她,哪怕只是一点点

每当我回到家后,就像疯了一样查看着她推荐的音乐或者是书

所以我当时就发现了,她唱的歌是フジ的Birthday

 

她「还有礼物哦」

这么说着,她递给了我一条围巾

她「这个,是我用的围巾。接下来的天气会变得更冷吧?

所以我有点担心你来这里会不会感冒…」

我「呜哇~!!谢谢!!」

 

她「还有呢…」

她的母亲从包里拿出了什么东西。那是格斗游戏用的手柄

她「用这个好好练练游戏哦」

听到她这番话,我不由地喷了

 

406:1 ◆WiJOfOqXmc : 2012/01/18(水) 00:42:51.04 ID:VEa4UjXG0

素敵な誕生日だった

病院にいながら、病気と闘いながら、どれだけ俺のことを思ってくれていたんだろう

彼女の笑顔を見ながら、俺は決心した

 

その日の後、俺は彼女が元気な日にそっけなく聞いた

「やっぱり、ウェディングドレスとかって、女の子は憧れるの?」

彼女「それは憧れるよー!真っ白だしね。なんで?着せてくれるの?w」

俺「いや…wなんとなく聞いただけ」

 

那天真是美好的一天

明明在医院里,在和病魔战斗着,她到底有多么的在乎我的事呢

看着她的笑容,我下定了决心

 

在那天后,我在她比较有精神的日子里,很随意地味道

「果然,女生都憧憬着婚纱吗?」

她「那是当然的啦!纯白纯白的。不过你说这个做什么啊?想让我穿吗?」

我「不是啦…就是想问问…」

 

407:名も無き被検体774号+: 2012/01/18(水) 00:47:03.28 ID:GiMQqHjD0

>>406

着せてあげて欲しい!!

>>406

好想让她穿上!!

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


r13l

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 荒夏夕月
    荒夏夕月 发表于: 2014年10月21日 23:03:45

    快结尾了吗,话说结局到底是HE吗?

  2. 非青非空
    非青非空 发表于: 2016年7月22日 00:02:36

    有谁能找到视频链接吗?

  3. 匿名 发表于: 2017年11月12日 08:13:00

    我也想看那个视频啊

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部