1Nov

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(八)

时间: 2014-11-1 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

59:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:20:37.64 ID:t7XC+KI9o

「なおとおおおおおおお――――!!!」

我に返った俺はひとまずなおとに対して攻撃を放った。

「直人啊啊啊啊啊啊——!!!」

回过神来的我总之先对直人放出了攻击

 

「右ストレート! 右ストレート!」

「右直拳!右直拳!」

 

技名だ。内容的には左フックだった。

「あとちょっとで! あとちょっとで!」

是我的技能名称,但内容实际是左勾拳

「就差一点了!就差一点了!」

 

たぶん俺は一生なおとを恨むに違いない。他方、感謝もしていた。あのまま妄想が続いていたら後悔していただろう。

幼馴染を妄想の中で慰み者にするなんて、男の風上に置けない。童貞の風上には置ける。

大概我一定会恨直人一辈子吧。但另一方面却也感谢着他。

如果让妄想那样持续下去的话我一定会后悔的

把青梅竹马当成妄想中用来慰藉自己的角色什么的

简直不是男人做的事情,虽然说是处男做的事情

 

その後、部屋の隅でインテリアとなっていたアコースティックギターを抱えて「悲しくてやりきれない」を弾き語った。

空しさだけが残った。

在那之后,拿起了房间角落里那已经成为装饰的原声吉他

弹唱了「无法忍受的悲伤」

 

アウトロに入った頃、妹が部屋のドアを開けた。

弹唱到末尾的时候,妹妹房间的门开了

 

「お風呂入らないの?」

「一緒に?」

「你不去洗澡吗?」

「一起吗?」

 

「入りたいの?」

「入りたいよ?」

兄として当然の答えだった。それに対する返事もまた、

「想一起吗?」

「想啊?」

这是作为哥哥理所当然的回答,然后得到的回答果然还是

 

「ありえないから」

妹として当然の答えだった。

「不可能的」

作为妹妹理所当然的回答

 

風呂に入った後、布団に潜り込んだ。ちょっと涙が出た。もう幼馴染なんて知らない。

さっきの妄想を思い出すと勃起した。死にたい。

洗完澡以后,钻进了被窝,稍微流了些泪水出来,青梅竹马什么的我才不知道呢

稍微想起了一下刚才的妄想结果勃起了,真想死

 

60:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:21:13.80 ID:t7XC+KI9o

寝付けなかったので深夜二時に台所にいって冷蔵庫の中の麦茶を飲んだ。作ったのは妹。

幼馴染がハイスペックなように、うちの妹もハイスペックだ。

因为实在睡不着凌晨两点多时候到了厨房喝了冰箱里的麦茶,是妹妹做的

和青梅竹马的等级很高一样,我家妹妹等级也非常高

 

そんな妹も、いずれは他の男の女になる。

但就算是这样的妹妹,总有一天也会成为别的男人的女人

 

むなしい。

目にいれても痛くないのに。

せめて悪い虫がつかないでくれと祈るばかりだ。

真是空虚

我妹妹的可爱度那可不是盖的

至少让我真诚祈祷她不要被恶心的虫子纠缠上吧

 

麦茶を一杯飲むと妙に頭が冴えた。

コップの中身を飲み干してから溜息をつく。

「……彼女、欲しいなぁ」

一杯麦茶喝下去以后,感觉头脑清醒了很多

把杯子里茶全部喝干,叹了口气

「……女朋友,真想要啊」

 

むなしさばかりの夜。

五分後、布団にくるまってゆっくり眠った。

真是充满了空虚的夜晚

五分钟以后

在被窝里卷成一团慢慢地进入睡眠

 

61:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:22:22.86 ID:t7XC+KI9o

その日、変な夢を見た。

夢の中ではなおと(目覚まし)が擬人化していた。

「なぁ、なおと……どうやったら、童貞卒業できるのかな」

真剣な悩みだった。

那一天,做了一个奇怪的梦

在梦里直人(闹钟)拟人化了

「呐,直人……究竟要怎么办,才能从处男毕业啊」

是真的很烦恼

 

なおとはダンディに答える。

「……恋、しちゃえばええんちゃう?」

夢の中のなおとはエセ関西弁だった。

直人很贵族风地回答道

「……谈个恋爱,不就行了呗?」

梦中的直人有着一嗓子伪关西腔

 

「っていっても……好きな人とか、いないし」

「ちょっと気になる子とか、おらんのん?」

本当にこれ関西弁か? と疑問に思った。

「就算是这么说……又没有喜欢的人……之类的」

「比较在意的人……这种没有吗?」

 

「気になる子……」

俺は仲の良い何人かの女子の顔を思い浮かべた。

幼馴染(彼氏持ち)。屋上さん(嫌われている)。茶髪(化粧すごい)。部長(距離がある)。妹(血縁)。

「比较在意的人……」

我的闹钟浮现出关系比较好的几个女生的脸

青梅竹马(有男友)。屋上同学(被讨厌中)。茶发(化妆好厉害)。社长(有距离)。妹(血缘关系)

 

「いや、妹はナシだろう」

自己ツッコミ。

「不不,妹妹不能算作对象吧」

对自己吐槽到

 

62:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:23:40.14 ID:t7XC+KI9o

「それをナシにしても障害ありすぎだろ……」

「たとえば?」

「不过就算排除妹妹不谈,障碍也太多了吧……」

「比如说?」

 

「彼氏とか、嫌われてたりとか、ろくに話したことなかったりとか……」

「有男友之类的,被讨厌之类的,基本没怎么说过话之类的……」

 

目覚まし時計が呆れたように溜息を吐く。

「なんだよ?」

闹钟好像服了你了叹息道

「那又如何?」

 

ちょっと不服に思って問い返すと、なおとは静かに答えた。

「障害くらい、なんだっていうんだ。ちょっとくらいの壁、乗り越えろ。男だろ」

稍微有些不服气的反问了一下,直人静静地答道

「就算有障碍,那又有什么了。只是那点程度的障壁,好好翻越过去啊,你是男人吧」

 

ダンディだった。

こんな男になりたい、と真剣に思った。

目覚まし時計に諭されてるあたり、自分が本気で情けなくなる。

还真有点贵族风范

好想成为这样的男人,开始认真这么想着

被闹钟这么训斥着,感觉自己确实是太难看了

 

「恋人がいるくらいなんだ! 本気で好きなら寝取れ! 『遠くから彼女の幸せを祈ってる』なんて馬鹿な言い訳はやめろ!

好きでもない男に幸せを祈られてるとか女からしたら気持ち悪いだけだ! 好きなら彼氏がいようと直球でいけ!

『彼女が幸せならそれでいい』とかな、自分に酔ってるだけ! 気持ち悪いんだよ!

女なんてラーメン屋と一緒だ! いい店なら客がいて当たり前なんだよ! 彼氏のいないイイ女なんているわけねえだろ!

分かったら電話をかけろ! 話しかけろ! 家まで押しかけろ! しつこく声をかけ続けろ! 嫌になるまで諦めるな!」

「就算有恋人又怎么了!如果真的喜欢的话就抢过来!『从远处祈祷她的幸福』什么的借口就算了!

不喜欢的男人的祈祷对女人只会觉得恶心而已!喜欢的话就算有男友也上吧!

『她如果幸福的话这样就好』什么的,只不过是自我沉醉罢了!很恶心啊!

女人什么的跟拉面店是一回事吧!如果是好店的话有客人那不是理所当然的吗!没有男友的好女人什么的哪可能会有啊!

如果明白了的话就打电话吧!搭话吧!找上家里去吧!喋喋不休地搭话吧!在被讨厌之前不要放弃啊!」

 

「……なおと」

最初の方には感銘を受けかけたが、最後の方は普通にストーカー理論だった。

あと途中でうちの妹さまに対する悪口が聞こえた気がする。

あえて彼氏を作らない、そんないい女だっていると思います。

「……直人」

虽然最初甚至觉得有些感动,但到了最后已经是跟踪狂的理论了

而且在中途感觉好像听到了对妹妹大人的坏话一样

故意不交男友,这样的好女人我觉得也是有的

 

63:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:24:07.47 ID:t7XC+KI9o

「ろくに話したことがない!? だったら話しかければいいだろうが! 仲良くなればいいだろうが! 自分の臆病を棚にあげて何が障害だ!

おまえが少し勇気を出せば変わる問題じゃねえかよ! 嫌われたくない? 馬鹿にすんな! 相手にされないくらいなら嫌われた方がマシだ!

嫌われたらなんだよ! 嫌われたらおまえは生きていけないのか? 人間なんて生きてれば理由があろうとなかろうと嫌われるもんなんだよ!

話しかけられないなんていう臆病な言い訳は実際に嫌われてから言え!」

「没怎么说过话!?那么好好搭话不就行了么!

关系变得更好不就行了么!只不过是你内心的胆小在作祟算是哪门子障碍啊!

你这已经不是稍微有些勇气就能改变的程度了!不想被讨厌!

别开玩笑了!跟被无视比起来被讨厌要好一百倍吧!

被讨厌又怎么了!被讨厌的话你就没法活下去了吗?

人类什么的只要活着不管有没有理由都是会被讨厌的吧!

不能搭话什么的只是胆小鬼的借口,等你真正被讨厌了再说这句话吧!」

 

「いや、実際に嫌われてたりするんだけど」

屋上さんとか隣席の眼鏡っ子を思い出す。

どう考えても嫌われていた。

「不,实际上就已经被讨厌了吧」

想起了屋上同学以及隔壁的眼镜娘

不管怎么看都是被讨厌了

 

「おまえはその子の心が読めたりするのか?」

「え?」

「あのな、自分が好かれていると思うのが勘違いなように、自分が嫌われていると感じるのも思い込みなんだよ」

「そんなこと言われても……」

実際に言われたわけだし。

「你能读出她的内心吗?」

「诶?」

「我说啊,就跟自己被喜欢很可能是错觉一样,

自己被讨厌也很可能是你自己的错觉噢」

「就算你这么说……」

实际上她也确实这么说了

 

「素直になれないだけかもしんないじゃん! ツンデレかもしんないじゃん! 勝手に判断すんなよ!『俺のこと嫌い?』って真顔で聞いてみろよ!」

「できるかそんなこと!」

「このヘタレめ!」

「或许只是无法率直地说出来而已吧!或许是傲娇吧!

不要随意下结论啊!『你讨厌我吗?』这样认真地问问看吧!」

「这种事情怎么可能办得到啊!」

「你这胆小鬼!」

 

もう意味が分からなかった。

面倒になったので右ストレートを発動してなおとを黙らせた。

已经完全意义不明了

因为太麻烦了所以一招右直拳伺候过去,让直人闭上了嘴

 

66:名無しさん: 2011/07/24(日) 12:39:34.44 ID:I7LfFhqIO

素晴らしい

好棒

 

68:名無しさん(三重県): 2011/07/24(日) 13:28:29.90 ID:Bj/nitw20

なんというか、主人公補正を持ち合わせていないハーレム系ラノベの主人公って、

こんな哀れな人生を送ることになるんだな…南無

怎么说呢,没有主角光环庇佑的后宫系轻小说主角

应该就是过着这种悲惨的人生的吧……南无阿弥陀佛

 

72:名無しさん(栃木県): 2011/07/24(日) 23:13:48.75 ID:CbfQgGKqo

すごくおもしろい

非常有趣

 

73:名無しさん(不明なsoftbank): 2011/07/25(月) 00:26:51.75 ID:7uU4Eispo

なんか、愛すべき主人公だな

怎么说呢,真是讨人喜欢的男主啊

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. Secluded
    Secluded 发表于: 2014年11月3日 22:58:51

    好像翻译掉了一句:「……彼女、欲しいなぁ」

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2014年11月3日 23:17:48

      有道理,感谢反馈~~

      • mousoukyou
        mousoukyou 发表于: 2015年4月24日 23:27:09

        其實還少了兩句

        「そんなこと言われても……」
        実際に言われたわけだし。

        • lu

          管理员

          lu 发表于: 2015年4月24日 23:31:01

          = =感谢指出,真的是少了

  2. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月22日 04:40:41

    「没怎么说过话!?那么好好搭话不就行了么!
    关系变得更好不就行了么!只不过是你内心的胆小在作祟算是哪门子障碍啊!
    你这已经不是稍微有些勇气就能改变的程度了!不想被讨厌!
    别开玩笑了!跟被无视比起来被讨厌要好一百倍吧!
    被讨厌又怎么了!被讨厌的话你就没法活下去了吗?
    人类什么的只要活着不管有没有理由都是会被讨厌的吧!
    不能搭话什么的只是胆小鬼的借口,等你真正被讨厌了再说这句话吧!」
    啊,被三次元讨厌的我

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部