9Nov

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(十五)

时间: 2014-11-9 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

122:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:37:53.51 ID:uNKTsPqKo

「どうしたんですか?」

部長は普段どおりの口調で俺に返事をしてくれた。穏やかな笑み。怪訝に思う様子もない。

どうやら俺は泣いていないようだった。

「怎么了吗?」

社长以和平时一样的语调回答我,是很平和的微笑,并没有感到讶异

看来我并没有哭出来

 

「いえ、ただ見かけたので」

そうですか、と部長は頷いた。部長についていく。ゆっくりとした歩調の彼女に合わせていると、後ろからさっきまで幼馴染と一緒にいた先輩が俺を追い越していった。

何度も追い越しやがって、と思う。

でも彼は悪い人じゃなかった。

「没事,就是看见了所以叫一声而已」

是这样嘛,社长点了点头。跟在社长后面,配合着她步伐缓慢的步调

结果刚才和青梅竹马在一起的学长超过了我

真是要超过我几次才肯罢休啊,这么想着

不过他并不是坏人

 

悪い人だったらよかったのに。

女を食い物にするような悪人だったらよかったのに。

それだったら、幼馴染を取り戻す大義名分ができたのに。

如果是坏人就好了啊

如果是把女人当作养分来汲取的坏人就好了啊

这样的话,我就拥有夺回青梅竹马的大义名分了

 

「ままならないな」

ぼそりと呟く。

部長にまで変な顔をされてしまった。

「真是没办法顺心啊」

小声地喃喃道

连社长也跟着做出了奇怪的表情

 

ままならない。

でも、しょうがないことだ。

真的是不顺心

不过,那是没有办法的事情

 

123:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:38:31.68 ID:uNKTsPqKo

家に帰ったらギターでも弾こう、と不意に思った。

そう考えてから、今晩の予定を思い出す。

妹の顔を思い浮かべると、強張った表情が少しだけ緩んだ気がした。

回到家弹回吉他吧,忽然这么想到

但马上又想起今晚的预定计划

一想起妹妹的脸,紧绷着的脸感觉稍稍舒缓了一些

 

「今日は、部活に来ますか?」

教室に引き返しかけたとき、部長から尋ねられた。

「今天,会来参加社团活动吗?」

在要返回教室的时候,被部长这么问道

 

「いや、今日は放課後、ちょっと予定があるので」

うちの部活は水曜日以外は自由参加だ。

「不了,今天放学以后,已经事先有预定了」

我们的社团除了周三以外都是自由参加

 

「そうですか」

特に感慨もなさそうに、部長は頷いた。

「是这样嘛」

并没有特别地感慨,社长点了点头

 

短く部長に挨拶して、階段を引き返す。教室に戻ると同時に、幼馴染と目があった。

なぜだか、声をかけることができない。

自分が嫌いになりそうだった。

和社长轻轻告别以后,回到了楼梯,在返回教室的同时和青梅竹马对上了视线

不知为何,没敢对她搭话

感觉都要变得自我厌恶了

 

124:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:39:03.79 ID:uNKTsPqKo

――たまに小学生だった頃のことを思い出す。

大半の記憶はおぼろげで、ろくに思い出すこともできないのに、ときどき、そのときの出来事を鮮明に思い出すことがある。

偶尔会想起自己在小学生时代的事情

明明大部分的记忆都很朦胧,记不太清楚。但有时却会很清晰地想起那时发生的事情

 

小三くらいの頃だったろうか。恋の話が流行った。

おまえ好きな人誰? おまえこそ誰だよ。そんな会話が何度も繰り返されて、みんなに聞いて回って女子に報告する奴もいた。

報告する奴は、なんのつもりだったんだろう。遊びのつもりか、女子に媚を売っていたのか。

小間使いにされている時点で、相手になんてされてないのに。それでも少し羨ましかった。

大概是小学三年级的时候吧,那时很流行恋爱的话题

你喜欢的人是谁? 那你呢。像这样的对话重复进行好几遍,也有问完向女生报告的家伙

报告的家伙,究竟是想做什么呢。只是觉得好玩吗,还是想对女生献殷勤呢

那些被当作跑腿的人,明明并没有被当作恋爱对象看待,但还是会对他们感到羡慕

 

小三の俺は生意気な子供だった。恋だの愛だの馬鹿じゃねーの、とまでは行かないが、そういう話からは距離を置いていた。

なんとなく、自分には過ぎたことのように思えたから。

小学三年级的时候我只是一个很自大的小屁孩。

恋啊什么的爱啊什么的太蠢了吧

——虽然不至于这么认为,但对这种话题一直保持着距离

 

でも追い掛け回された。

小間使いに、好きな人言えよ、誰なんだよ、って。

くすぐられながら「言わないよ!」って答えたら、「言わないってことはいるんだな?」と問い返される。

とても困る。

但是被追上了

被当作跑腿的人,说出你喜欢的人是谁啊,是谁啊,这样

边这么被逗弄着边回答了「才不告诉你咧!」这么说了以后

「不告诉你也就是说有这样的人吧?」被这么反问

 

呼吸が苦しくなるほど笑いながら、教室から廊下から校舎中を逃げ回る。休み時間がなくなるまで。

授業が始まったら席について、授業が終わったらまた追いかけっこ。

边保持着笑得喘不上气的状态,边从教室走廊到校舍之间躲来躲去,真的是休息时间都没有了

要上课了就回到座位上,下课以后又是捉迷藏

 

逃げ回ってるとだんだん疲れてくる。

どっかに隠れるか、と思う。

跑久以后慢慢就觉得累了

要躲到哪里呢,这么想着

 

図書室のカウンターの中。

他の学年の教室。

トイレ、は汚いから嫌だった。

图书室柜台的空心处

其他年级的教室

厕所,因为很脏所以不喜欢

 

最終的には、自分たちの教室の給食台の下に隠れた。

どう考えてもすぐに見つかる。

最后躲到了自己教室供给食物的台子下面

不管怎么想肯定都会马上给人发现

 

125:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:39:30.69 ID:uNKTsPqKo

子供だから、ばれないと思った。

で、見つかる。小間使いに。

でも、教室にいた女子には見つからなかった。俺にとっては幸運なことに。

但因为那时只是小孩,所以觉得不会被发现

不过被发现了,被跑腿的

不过,并没有被教室里的女生发现,这对我来说是很幸运的事情

 

女子は隠れる俺に気付かずに給食台の脇を通過する。

その日、スカートだった。

女生并没有注意到躲在台子下面的我从旁边就这么走了过去

那一天,她们穿的是短裙

 

ぱんつみえた。

黒かった。

俺のフェチ的原体験。俺が窃視的な画像に興奮を覚えるのはこのときの体験に起因していると見た。

看到了底裤

是黑色的

是我的性癖觉醒的最初体验,我看到这种偷窥类型的图像会感到兴奋的起因就是这个了

 

なぜこんなことを思い返しているのだろう。

小間使いの、「あ、おまえスカートの中覗いただろ!」という声が教室に響く。

「ち、ちがうよ!」と俺は悲鳴に近い声をあげる。

为什么会想起这种事情呢

跑腿那「啊,你偷窥了裙底吧!」的喊声充斥了整个教室

「才,才没有呢!」我发出了近乎悲鸣的声音

 

なんだか、そんなこともあったなぁ、とふと思った。

ほほえましい過去。笑い話。

あのときから幼馴染は、学校にスカートを履いてこなくなったのだ。

真的是,也发生过这样的事情呢,突然这么想到

真的是想起都觉得好玩的回忆,跟笑话一样

从那个时候开始,青梅竹马再也不穿短裙上学了

 

『……童貞、なの?』

……なにがあろうと、あいつのぱんつを初めてみた男は多分俺だ。父親除く。

『……是处男……来的么?』

……不管怎么说,第一次看见那家伙底裤的男人大概是我,除了她父亲以外

 

ふへへ。

くだらない。

でも、ちょっと笑えそうだ。

呼嘿嘿

真是无聊

不过感觉稍稍能笑得出来

 

126:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:40:23.22 ID:uNKTsPqKo

とりあえず、元気出せ俺。

何も世界が終わるわけじゃない。

ぱんつが見れなくなるわけでもなし。

总之,提起精神来吧我

又不是发生了世界末日

也不是说以后再也看不了内裤了

 

「そう思うよね?」

「何の話?」

屋上さんはきょとんとしながらミックスサンドをかじっていた。なんでツナサンドを食べないのだろう。

「你也是这么认为的吧?」

「你是指什么?」

屋上同学啃着她的火腿三明治,愣了愣道,为何不吃吞拿三明治呢

 

「童貞こじらせると、ちょっとのことで鬱になっちゃって」

「……急に、なに。どう……ああもう。そんなこと言われても困る」

「处男这个问题一直拖下去,稍微变得有些忧郁」

「……突然间,说什么啊,到底……啊真是的,就算你这么说我也很困扰啊」

 

「屋上さんを困らせたくて」

「いっぺん死ねば」

屋上さんはとても辛辣です。

「就是想让屋上同学感到困扰」

「你怎么不去死上一遍呢」

屋上同学非常的辛辣

 

「まぁとにかく」

彼女は今日も今日とてフェンスの向こうを眺めている。

「嘛总而言之」

她今天也和往常一样眺望着围栏的对面

 

127:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:41:33.12 ID:uNKTsPqKo

「元気出しなよ。落ち込んでてもろくなことないし」

そんなに落ち込んでいるように見えるのだろうか。屋上さんに慰められるとは思ってもみなかった。

「打起精神来呗,就算这么消沉下去也不会发生什么好事的」

我看上去有这么消沉吗,真是没想到竟然会被屋上同学安慰

 

「だから、そんなふうに励まされると惚れてしまう」

「惚れっぽいね」

「惚れっぽいんだ」

屋上さんはもさもさとサンドウィッチをかじる。俺は弁当を箸でつつく。

並んでいるのに遠い気がする。距離がある。なぜだろう。

「所以我都说了,如果被这样激励的话我可是会迷上你的啊」

「你也太好攻略了吧」

「太好攻略了」

屋上同学慢慢吞吞的啃着她那三明治,我则是用筷子夹着便当里的饭菜

明明坐在旁边却感到很遥远,有一种距离,到底是为什么呢

 

沈黙が降りた。あ、会話終わっちゃう、と思う。なんか言わなきゃ。

とりあえず、

沉默降临了。啊,这样下去对话就要结束了,这么想着,不说点什么不行

总而言之,

 

「惚れてまうやろー」

「不是让人都要喜欢上了吗——(搞笑艺人腔调)」

 

人のネタを借りた。

屋上さんはクスリともしなかった。

借了别人的梗来用用

屋上同学嘴角动都没动

 

……俺にどうしろっていうんだ。

……到底要我怎么办才好啊

 

128:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:41:59.66 ID:uNKTsPqKo

放課後、教室から出るときに担任に呼び出された。

ちびっこは俺を手招きして教壇へと召還する。

リトルサモナー。ファンタジーゲームなら人気の出そうな立ち位置。ロリキャラだし。

放学后,从教室出去的时候被班主任叫住了

小不点对我招了招手把我召唤到讲台

小小召唤师,在幻想游戏中的话感觉是很热门的位置,毕竟是萝莉角色

 

「おまえ、これ昨日忘れていっただろ」

薄い本を手渡される。

「你啊,昨天忘了这个吧」

递给了我这薄薄的小册子

 

「……おお」

忘れてた。

父まで売ったのだから、手に入れておかなければなるまい。

「……喔喔」

忘记了

连父亲都卖了,这个不拿到手可不行

 

「私も忘れてたんだけどさ」

だろうと思った。ちびっこ担任に「さようならー」と小学生的な挨拶をして教室を出る。

誰かと会わないかな、と思いながら歩いていたら、誰とも会わずに校門を出てしまった。

「虽说我也忘了」

我就知道……

对小不点班主任「再见咯」这样像小学生一样道别,走出了教室

会不会遇到什么人呢,这么想着,但是没遇到任何人就这么走出了校门

 

顔見知りが少ないって損だ。

熟人少真是太悲惨了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 五块五毛
    五块五毛 发表于: 2014年11月10日 13:24:17

    nice

  2. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月22日 04:59:35

    啊,还是童贞呢

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部