10Nov

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(十六)

时间: 2014-11-10 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

129:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:42:42.97 ID:uNKTsPqKo

家につく。妹は既に帰宅していて、私服に着替えていた。

慌てて俺も着替えるが、実際に祖父が迎えにきたのはその一時間後だった。

回到了家,妹妹已经先回来了,正在换便服

虽然我也慌慌张张地跟着换了衣服,但实际上外公过来迎接已经是一个小时以后的事了

 

車に揺られて祖父の家につく。祖父は女にめっぽう甘いが、男には厳しい。立派であってほしいとかなんとか。そういうものかもしれない。

祖父母の家につく。犬の’はな’が吼える。おーよしよし。

噛まれる。俺が嫌いか。

坐在车里,摇摇晃晃地来到了外公的家。外公对女孩很宠,但对男孩很严格

或许是希望让其变得争气啊有出息啊之类的吧

到达外公家时,那只叫做‘花’的狗正在那里嚷嚷着,好的乖~乖~

被咬了,讨厌我么

 

玄関から入ってすぐに、独特の匂いがする。ザ・祖父母の家、という匂い。だいたいの人にはこれで伝わる。

和風の居間。家具は大体が古いが、テレビとテレビ台だけがいやに新しい。

从门口进来以后马上就闻到了一股独特的气味。外公婆家,这种特有的气味,大部分人都懂的

和式风格的起居室,家具虽然基本上比较老了,但只有电视机和电视机台特别的新

 

じいちゃんは上座で何かの小物を弄っていた。腕時計。壊れたものを修理しているのだろう。物持ちのいい人なのだ。

もう料理は並びはじめていた。台所の方から包丁の音が聞こえる。ザ・おばあちゃん、という気配。

腰を下ろして周囲を見回す。何年も前から変わらない。

外公坐在上席上摆弄着什么小玩意,是手表。大概是在修理坏掉的东西吧,真是爱惜财产的人啊

晚饭已经开始准备了,从厨房的方向可以听到切菜的声音。The 外婆,这样的感觉

坐了下来望了望家里周围,真是从不知道几年前开始就一直都是这个样

 

俺はテレビの近くへと向かった。テレビ台の中に映画のDVDが収納されている(千円くらいで安売りされてる奴が多い)。

結構な量があるので、なかなか全部は見切れない。

我靠近电视机,电视机柜里收藏有电影的DVD(有很多都是一千日元左右的便宜货)

数量相当得多,想要全部看完不容易

 

「これ借りて良い?」

じいちゃんに訊くと渋られるので、食器を準備していたばあちゃんに訊く。

「いいんじゃない?」

ばあちゃんも適当な人だ。

「这个能借我吗?」

因为问外公的话效率太差了,所以向正在准备餐具的外婆问道

「拿呗?」

外婆也是个很随意的人

 

130:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:43:28.11 ID:uNKTsPqKo

時計に集中していたじいちゃんが顔を上げる。

「ああ、好きなの持ってけ」

正在专注于摆弄手表的外公抬起了头

「啊啊,随便选你喜欢的就好了」

 

ときどき、じいちゃんはすべてのDVDを一気に渡そうとしてくる。さすがにそれは無茶だ。

「インデペンデンス・デイ」と「ターミナル」のふたつを借りていくことにした。なぜか洋画が多い。

有时,外公会有把所有DVD一下子全部递过来的冲动,再怎么说这也太乱来了

借了「独立日」以及「幸福终点站」两部,不知为何洋剧特别多

 

食卓には刺身が並んでいた。

マグロ。サーモン。タコ。カツオのたたき。

餐桌上摆满了刺身

是金枪鱼,三文鱼,八爪鱼,鲣鱼的刺身

 

好物。

食事を堪能したあと、帰りの車の中で妹は眠っていた。そもそも寝るのが好きな奴なのだ。

玉子を膝に抱えたまま、やっぱり来てよかったな、とほくそえむ。美味いものは正義。

是喜欢的食物

在享受完晚餐以后,在返回家的车上妹妹睡着了。不过这家伙本来就很爱睡。

看着她把鸡蛋放在膝盖上抱着,暗自窃笑着真是没白来,美味即正义

 

家について、祖父の車を見送ってから、ひとまず妹をリビングのソファに寝かせて「ターミナル」をかけた。

妹は終わるまでずっと寝ていたが、俺はひたすらに感動していた。

回到了家里,在目送外公的车离开以后,总之先让妹妹睡到了沙发上,看起了「幸福终点站」

虽然妹妹在电影结束为止都一直在睡,但我真的是被狠狠感动了一把

 

泣いた。

こんな映画を撮りたい、と真剣に思った。

哭了

真想拍出这样的电影啊,认真地这么想道

 

リビングの引き出しにしまっておいた家族共用のビデオカメラを取り出す。

俺は映画監督になる。

とりあえず試しにビデオを起動して妹の寝顔を撮影した。かわいい。

从客厅的抽屉取出了家庭公用的摄像机

我就是导演

总之作为尝试,先开启了录像录下了妹妹的睡脸,好可爱

 

……変態っぽい。

やめようかな、と思ったところで、運悪く妹が目を覚ます。

……跟变态一样

还是停下吧,这么想着,结果运气不好妹妹在这时醒了过来

 

――ビデオカメラを構える兄。寝顔を撮影される妹。

誤解とは言いにくい状況。

摆弄着摄像机的哥哥,被拍摄睡脸的妹妹

难以辩解的状况

 

妹は絶対零度の視線を俺に向けてから何も言わず部屋に戻っていった。

何やってるんだろう、俺。

妹妹用绝对零度的视线看了看我,然后一言不发地回到了房间

究竟在干什么啊,我

 

131:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:45:08.56 ID:uNKTsPqKo

その日の夜、俺は変な夢を見た。

那天晚上,我做了个奇怪的梦

 

夢の中で、俺とサラマンダーとマエストロはファミレスにたむろしていた。

男三人、夏の暑さを屋内の冷房でごまかすため、ドリンクバーだけで何時間も粘る。

在梦里,我和火蜥蜴艺术家三人聚集在家庭餐厅

三个大男人,为了躲避夏天的酷热在室内的空调里窝着,只靠自助饮料就待了好几个小时

 

と、逆ナンされた。

女は三人組で、それぞれ独特の可愛さを持っている。ちなみに配役は、幼馴染、妹、茶髪が担当していた。

结果,被女生搭讪了

女生是三人组,每个人都有她们各自的可爱之处。顺带一提角色分配由青梅竹马、妹、茶发担当

 

向かい合って一緒の席に座る。マエストロが調子に乗って財布の紐を緩め、「好きなだけ食べていいよ!」と言った。

「じゃあ私フライドポテト!」という俺の声を、マエストロは黙殺する。

一起面对面坐在同个桌。艺术家耍帅松开了钱包口,说了「随便你们点什么都行!」

「那我要薯条!」的这样的我的声音,被艺术家直接无视掉了

 

マエストロは妹に目をつけた。夢の中では妹は俺の妹ではなく、ごく普通の赤の他人になっていた。

彼女はマエストロの「俺が作ったエロ小説、芥川賞とっちゃってさぁ」という自慢話を「えー、そうなんですかー」と笑いながら聞いている。

仕方ないので茶髪の方に目を向けると、彼女はサラマンダーに肩をもませていた。

席の仕切りが邪魔になって肩を揉むのは困難なはずだが、サラマンダーは簡単そうに彼女の指示に従っている。

艺术家盯上了妹妹,在梦中的妹妹并不是我的妹妹,变成了很普通的一般人

她听着艺术家那「我写出来的情色小说,可是拿过芥川奖的噢」这样的自夸

「诶,是这样吗~」这么边笑着边听他讲

因为没办法所以视线转向茶发那一边,结果看见火蜥蜴正在帮她按摩肩膀

座位因为有间隔按理说揉肩应该很困难,但火蜥蜴一脸轻松地执行着她的指示

 

最後に残った幼馴染と目が合う。すぐそらされた。なぜ?

彼女は悲しそうに目を伏せてから、俺にこう語った。

「私、身長、一七○センチ以下の人とはお付き合いできないんです」

俺の身長は一六七センチだ。

和最后剩下的青梅竹马对上视线,结果马上被移开了,为什么?

她很悲伤的低下头,对我这么说道

「我,和身高低于一七○的人没法交往」

我的身高是一六七

 

そうこうしているうちに、俺より遥かに身長の高い男が他の席から現れて彼女をさらう。

「ああ、待って! あと一年待って!」

悲壮な声で叫ぶが、届かない。気付けば他の二組も、どこかにいなくなっていた。

然后不知不觉中突然就出现了一个身高比我要高的多的男人出现把她带走

「啊啊,等等我!再等我一年!」

虽然吼出这样悲壮的声音,但无法传递到。回过神来发现其他的两组也不知道跑去哪里了

 

132:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:45:39.47 ID:uNKTsPqKo

薄暗い店内にひとり取り残された俺は、フライドポテトを齧りながら周囲に目を向ける。使用済みの皿が山積みになった自分たちの席。

俺が口にしたのはフライドポテトだけだった。どことなく物悲しい気持ちのままフライドポテトを食べ続ける。

いくら食べてもぜんぜん減らない。いやになって、そろそろ店を出ようかと思ったとき、財布を忘れていたことに気付いた。

在阴暗的店里被独自抛下的我,边啃着薯条边看向周围

我们的座位上到处堆满了已经用完的碟子

我吃进嘴里的只有薯条而已,我被笼罩在一种难以言喻的悲伤气氛中,继续吃着薯条

不管怎么吃怎么吃数量都完全没有减少,在感到厌烦正准备要离开时,意识到自己忘记带 钱包

 

これじゃあ、いつまで経っても店を出ることができない。困った。俺はポテトを食べ続けるしかない。

ときどきサラマンダーが、炭酸系のジュースをことごとく混ぜ合わせたミックスジュースを俺に渡しに来た。

それがとんでもなくまずいのだが、なぜだか俺は飲み干さなければならなかった。

这样的话,不管过多久都没办法离开店里,真是让人困扰,只能继续吃着薯条了么

火蜥蜴有时还会把多种碳酸饮料混在一起的混合饮料递给我

虽然难喝的要死,但不知为何我还是全部喝完了

 

それ以外は、どこかで見たような顔が店内で馬鹿騒ぎしているだけで、誰も俺には話しかけない。

またこれだ。

取り残されていく。

置いてけぼりの気持ち。

除此以外的话,就是一些好像见过的面孔在店里大声嚷嚷而已了,谁也不向我搭话

又是这样

被慢慢抛下

变成独自一人这种心情

 

ふと気付くと、隣の席には部長が座っていた。

「どうしたんですか?」

そんなふうに、彼女は俺を見つめる。

然后突然意识到,旁边的座位坐着的是社长

「你怎么了吗?」

像是这样的感觉,她凝视着我

 

席の脇の通路には、後輩が立っていた。

「デートっスか」

そんなふうに、彼女は俺を見下ろす。

座位旁边的通路,学妹正站在那里

「是约会吗」

像是这样的感觉,她向下看着我

 

なんだかなぁ、という気分になった。

这到底是什么呢?有一种这样的感觉

 

133:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:46:46.87 ID:uNKTsPqKo

俺はふたりに返事をせずにフライドポテトを食べ続ける。だんだん胃がもたれてきて、具合が悪くなる。

でも、トイレの近くでは大勢の人間が踊りを踊っていて、あと何時間か待たないといなくなってくれないのだ。

我没有回答两人,就那样继续吃着薯条。渐渐胃被塞满,感觉到很不舒服

但是,洗手间附近有一大堆人在那里不停跳舞,感觉不等个几小时不会走掉

 

「元気だしなよ」

不意に、他の雑音がすべて消えて、屋上さんの声が響き渡った。

「打起精神啊」

忽然间,所有的噪音都消失了,只剩下屋上同学的声音传来

 

いつのまにか、店内には彼女と俺のふたりきりになっていた。

屋上さんは、現実ではみたことのないような綺麗な笑みをたたえて、俺の目の前の席に腰掛けていた。

彼女はしずかに、首をかしげて笑った。

不知什么时候,店里只剩下她和我两人了

屋上同学,脸上挂着在现实里面见都没见过的美丽的笑容,坐在了我面前的座位上

她静静地,倾了倾头笑道

 

「ね」

――なぜか、

「呐」

——为什么

 

その瞬間、店内が正常な明るさを取り戻した。

屋上さんは笑顔を打ち消してから立ち上がった。さりげなく伝票を手に取る。止めようとしたけれど、俺は財布を持っていなかった。

在那个瞬间,店里恢复了正常的亮度

屋上同学停止笑容站了起来,若无其事地拿起发票。不过叫住了她,因为我没带钱包

 

レジにいた店員が何かを言った。

「お会計」までは聞き取れるが、そのあとの金額の部分はまるで聞き取れなかった。想像を絶する金額だったのかもしれない。

收银台的店员说了些什么

「一共是……」这里还能听的清楚,但是具体的金额完全听不清,或许是超乎想象的金额

 

店を出てから、屋上さんは飲み屋を出たよっぱらいみたいに夜空を見上げた。

星が綺麗な夜だった。

离开了店里以后,屋上同学好像刚从酒店里出来的醉鬼一样看着夜空

是星星非常美丽的夜晚

 

134:名無しさん: 2011/07/26(火) 11:47:17.68 ID:uNKTsPqKo

「ねえ、キスしようか」

不意に彼女は言う。

「呐,来接吻吧」

忽然间她这么说道

 

俺はひどく戸惑った。セ○クスしようか、なら迷わなかった。でも、キス、だとダメなのだ。童貞だから。

我变得非常不知所措,如果说来做〇的话,那不会有丝毫的犹豫

但是接吻的话不可以,因为是处男

 

セ○クスなんて、好きでもない女とでもできる。童貞だから分からないけど。でも、キスはダメなのだ。それはとても重要なこと。

子供っぽいな、と自分でも思う。

做〇什么的,和不喜欢的女人也可以做,虽然只是处男所以不太明白

但是,接吻可不行,那是非常重要的事情

真像个孩子啊,自己也这么觉得

 

「私のこと好きじゃないの?」

――分からない。

「不喜欢我吗?」

——不太明白

 

「そっか」

屋上さんは呆れたような表情をした。

「是吗」

屋上同学做出一副无语的表情

 

俺は何かを言おうとしたが、けっきょく何も言うことができずに押し黙る。

我想说些什么,但最后还是什么都没说就这样保持着沉默

 

最後に、誰かの表情が頭の隅を過ぎった。

それまでに遭遇した誰かであることは疑いようもないのに、それが誰なのか、まるで分からない。

到最后,脑子里闪过不知道是谁的表情

可以确定是至今为止曾经遇过的人,但那具体是谁,完全不清楚

 

たぶん、その女の子は――。

……そこで、夢は途切れる。

大概,那个女孩子——

……到这里,梦境突然中断了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 9 条精彩评论

  1. Secluded
    Secluded 发表于: 2014年11月10日 22:14:13

    啊啊啊,妹妹桑好萌好萌~~好想有个这样的妹妹!
    话说感觉男主跟几个女生的关系都不差,但是又没特意接触谁,也没立什么flag,接下来的发展完全猜不透啊

    • sakuya
      sakuya 发表于: 2014年11月11日 16:30:22

      我已经看到结局了 男主好船。。

      • lu

        管理员

        lu 发表于: 2014年11月11日 21:17:47

        瞎说什么……明明是Happy End,嘛,具体最后跟谁在一起这个就别剧透了

        • sakuya
          sakuya 发表于: 2014年11月12日 02:35:36

          那就没错了 好船其实就是happy end╮(╯_╰)╭

          • lu

            管理员

            lu 发表于: 2014年11月12日 09:02:44

            = =这怎么能一样,好船=Nice boat=鲜血的始末好么

  2. fzf
    fzf 发表于: 2014年11月11日 01:32:18

    真好看!

  3. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月22日 05:03:30

    接吻啊!如果是屋上的话一定可以的

  4. mousoukyou
    mousoukyou 发表于: 2015年4月25日 18:04:42

    物持ちのいい人なのだ。
    财产还真是多啊
    感覺是愛惜東西的意思吧?財產多感覺“物持ち”就可以了

    結構な量があるので、なかなか全部は見切れない。
    這句少了

  5. sosah
    sosah 发表于: 2015年11月25日 21:05:40

    哦哦哦,“那个女孩子”是幕后boss吧,果然是男主失忆变逗比的戏码?
    话说,想做O却不愿接吻,果然是真处男

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部