16Nov

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(二十一)

时间: 2014-11-16 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

180:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:55:26.01 ID:h5xVrpm/o

シュミレーションを続ける。

继续模拟一下当时的情景

 

火曜日の発言。

星期二的对话

 

『おまえなんて、おまえなんて、サッカー部のなんかかっこいい先輩といい感じになってあげくのはてに卒業してからも一緒にいればいいんだ!』

『……祝福されてるのかな?』

このとき周囲にはクラスメイトたちがいた。

『你这家伙什么的,你这家伙什么的,和足球部的那很帅的师兄好好

卿卿我我直到毕业之后都在一起就好了!』

『……这算是被祝福了吗?』

那时周围有同班同学

 

偽装を頼まれている立場からして、否定的な言葉を出すわけにもいかないだろう。

やけに冷静だったところを見ると、ひょっとして俺の反応を楽しんでいたのかもしれない。――それは自惚れか。

作为被拜托了假扮女友的立场,也不能说出什么否定的话出来吧

虽然看上去相当冷静,但那说不定是欣赏着我的反应——不知道是不是我太自恋了

 

こうやって判断していくと、何もおかしいことなんてなかったような気がする。

自分の思い込みのせいで勝手に落ち込んでいたんだろうか。ひどく馬鹿らしい気分になる。

如果是这样判断的话,好像一切都能说得通了

因为自己对此深信不疑所以很轻易地就消沉下去了,总感觉实在是太蠢了

 

気にかかるのは、

要说稍微有点在意的就是

 

『おまえと結婚の約束をした記憶なんてないッ!』

『私もないよ?』

このやりとりくらいか。

『和你做过结婚的约定的记忆什么的,才没有呢!』

『我也没有噢?』

这个对话吧

 

彼女は本当に忘れてしまったのだろうか。

她真的是已经忘记了吗

 

181:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:55:53.29 ID:h5xVrpm/o

俺が考え事にふけっていると、幼馴染は電話の向こうであくびをかみ殺した。

まだ八時にもなっていないことに気付いて愕然とする。もっと長い時間、電話していたような気がした。

在我想着这些事情的时候,青梅竹马在电话那边忍住了打到一半的哈欠

注意到连八点都没到呆住了,感觉好像已经打了好久的电话那样

 

「――明日、先輩に言おうと思う」

幼馴染は眠そうな声で言った。

「——明天,打算和学长说一下」

青梅竹马用她有些犯困的声音说道

 

「やっぱり、あの話はなかったことにしてください、って。みんなに嘘つくのも、疲れちゃったし」

「果然,之前说的那件事还是取消掉吧,这样。对大家撒谎也已经觉得累了」

 

悪女だ。

悪女がいる。

学校中を騙してみせたあげく、「疲れちゃった」なんて理由でやめようとしていた。

真是恶女

这里有一只恶女

骗了全校同学不说,竟然用「已经累了」这样的理由停下来

 

「ごめんね、心配だった?」

からかうように、幼馴染は言った。

「抱歉啊,感到担心了吗?」

好像在捉弄我那般,青梅竹马这么说道

 

「馬鹿言えよ」

俺は見栄を張った。

ふたりで一緒にひとしきり笑った。

「开玩笑」

我装作一副余裕十足的样子

两个人都久违地笑了

 

182:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:56:30.17 ID:h5xVrpm/o

また、互いに言葉を失う。何かを言わなければならないような気がした。

双方又沉默了下来,有种不说些什么不行的感觉

 

言っちゃえよ。頭の中で誰かが言った。好きって言っちゃえよ。

頭の中のもうひとりが言った。それでいいのか? 勢いと雰囲気に流されてないか? おまえは幼馴染が好きなのか?

冷静な声に情熱的な声が反論する。馬鹿おまえ、好きじゃなかったらこんな内容の電話するわけないだろ。

说出来不就好了,脑子里不知道是谁这么说道。说你喜欢她啊

但脑子里又有另外一个声音说道,这样就好了吗?确定没有被氛围的势头牵着走?你确定你真的喜欢青梅竹马吗?

冷静的声音和热情的声音互相争吵。你是笨蛋么,如果不喜欢的话不可能打这样的电话吧

 

不毛なやりとりが何度も繰り返される。その間、俺はずっと黙っていた。

やがて、幼馴染はしびれを切らしたみたいに言葉を発した。

脑中这种无意义的争吵持续了好一会,在这期间我一直保持着沉默

不久,青梅竹马好像等不下去了那样说道

 

「それじゃ……」

名残を惜しむような声だった。俺は何かを言おうとして、やめた。

「那么,就这样吧……」

一股好像依依不舍的声音,我虽然也想说些什么,但还是放弃了

 

「ああ、うん……」

電話を切ると、物音ひとつしない自分の部屋に戻ってきた。今まで、どこか遠い場所にいたような気がした。

そのあとで、幼馴染の言葉を思い出した。

「啊啊,嗯……」

挂断电话以后,回到了自己那一点声音也没有的房间。直到刚才,都感觉自己好像在哪个很远的地方

然后,想起了青梅竹马的那句话

 

『――明日、先輩に言おうと思う』

『——明天,打算和学长说一下』

 

……馬鹿だ。

明日は土曜だし、テスト前だから部活もない。

ひとりでクスクス笑ってから、また考え事にひたる。

……真是笨蛋

明天可是星期六啊,更何况现在临近考试也没有社团活动

一个人暗自偷笑完以后,又沉浸到到思考当中

 

183:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:56:59.69 ID:h5xVrpm/o

何で何も言わなかったんだろう、と自問する。

本棚から一冊の文庫本を取り出した。ブックオフで百五円で売っていた小説。

冒頭にはこんな一節があった。

为什么一句话都没说呢,对自己问道

从书架里面拿出一册袖珍本,是在bookoff花105日元买来的小说

书里开头就有这么一节:

 

――なににもまして重要だというものごとは、なににもまして口に出して言いにくいものだ。――

“比其他任何都重要的东西,正是比其他任何更难说出口的东西”

 

俺はこの言葉を盾にとって自分を慰める。多くを口に出せないとき。何かを言い損ねたとき。言い訳に使う。

それでもいつか、誰かに何かを告げなければならない場面は来る。

我把这句话作为盾牌安慰自己。大部分时候说不出口的时候,正是难以说出口的时候

找了这么个借口

但就算如此,那种必须要对某个人说出些什么的时候总有一天会到来

 

考える。

今回は結局、幼馴染に彼氏ができたわけではなかった。

拼命的思考

到最后这次,青梅竹马并没有交上男友

 

でも、もし仮に、本当に幼馴染に恋人ができたとき、どうなるのだろう。俺は祝福するのか、後悔するのか。

子供っぽい独占欲と恋愛感情との区別を、俺はいまだにつけられていない。

但是,如果万一,青梅竹马真的有了恋人以后,我会怎么样呢?我会对她祝福呢,还是会后悔呢

像小孩子那样的独占欲与恋爱感情的区别,我到现在还难以区分清楚

 

今回は偽装を偽装と確認するだけでよかった。

でも、もし今後そうではなく、「本当の」交際相手などというものが現れたら、幼馴染を取り返すなどということはできはしない。

このところさんざん悩んでいたように、苦しみながらも折り合いをつけていくことになる。

这次只是假扮的女友,能确认这一点自然是好

但是,万一以后不像这次这样,出现了「真正的」交往对象的话,到时候可没办法夺回青梅竹马

就跟直到最近为止还一直在烦恼那样,虽然感觉到痛苦但内心还是慢慢地妥协了

 

だから、判断しなければならない。

俺はいったい、誰が好きなのか。

所以,不好好做出判断可不行

我到底,喜欢的是谁

 

幼馴染を取り戻そうとした感情が、もし子供っぽい独占欲だったなら、それは何の為にもならない。決別しなくてはいけない。

選ばなくてはならない。そもそも、幼馴染の恋愛に口を出す権利など、俺は持ち合わせていないのだから。

如果想要夺回青梅竹马的感情,只是孩子气的占有欲的话,那对谁都没有好处,不好好诀别可不行

不好好做出选择可不行。说到底,青梅竹马和谁谈恋爱,我根本没有插嘴的权利

 

184:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:57:29.06 ID:h5xVrpm/o

考え事を続けすぎて、頭痛がしそうになる。

部屋を出てリビングに戻ると、母と妹がふたりでトランプをしていた。

感觉想事情想太多,头都有些痛了

走出房间回到客厅以后,看到母亲和妹妹两人正在打扑克

 

「なにやってるの?」

「ババ抜き」

「在玩什么呢?」

「老处女」(一种扑克玩法)

 

……ふたりで?

……两个人玩这个?

 

喉を潤してから自室に戻る。しばらくテストにそなえて教科書を見返す。

文字を目で追うが、ちっとも頭には入っていない。教科書の表面を撫でるだけ。目が滑っている、と感じた。

長い時間、なんとか教科書を理解しようと苦心していると、不意にノックの音が聞こえた。

返事をすると、お風呂あがりらしい妹がパジャマ姿で部屋の中に入り込んでくる。

喝了口水润了润喉咙后回到自己房间,为了应付考试稍微看了一下教科书

虽然文字确实有进入视线,但完全没往脑子里去。就是摸了摸教科书表面,视线划过文字那种感觉

在好长一段时间里,在努力想要理解教科书的时间里,突然听到了敲门书

回复了以后,貌似是刚洗完澡的妹妹穿着睡衣进入了房间

 

「お母さんは?」

「……電話してる」

寂しそうに言う。

「母亲呢?」

「……正在打电话」

一股很寂寞的样子说道

 

「そっか」

頷いてから、ふたたび教科書と向き合う。

「是嘛」

点了点头之后,视线再次转向了教科书

 

185:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:58:06.82 ID:h5xVrpm/o

「ね、なんかして遊ぼうよ」

「呐,来玩些什么吧」

 

さっきまで誰かと一緒にいたせいで、ひとりになるのが寂しくてたまらないのだろう。

俺は少し考える。遊ぶといっても、できることなんてない。

估计是因为直到刚才都和某个人在一起,再次变得孤单一人时会感到异常寂寞吧

我稍微想了想,不过就算要玩,也没什么能做的事情

 

「テスト近いだろ。勉強したらどうだ?」

「已经临近考试了吧,不好好复习一下吗?」

 

妹は不服そうに口を尖らせた。

彼女には落ち込めば落ち込むだけ素直になるという習性がある。

妹妹一脸不服气的样子鼓起了脸

她有一种越消沉越会变得率直起来的特点

 

「分かった」

素直に頷く。

背中に声をかけて呼びとめる。

「我明白了」

她很率直地点了点头

看着她的背影,我连忙叫住她

 

「カバン持ってきて、この部屋で勉強しろよ」

「把书包拿过来,在这个房间学吧」

 

妹がカバンを持ってふたたび俺の部屋を訪れるまで、五分とかからなかった。

しばらくふたりで勉強をする。一時間が経った頃、妹はうつらうつらと舟を漕ぎ始めた。

明日が休みだから、気が抜けたのだろう。

肩を揺すって起こす。自分の部屋で寝るように言う。寝ぼけたままの様子の彼女は、ふらふらとしながら自分の部屋に戻っていった。

从妹妹离开到她拿着书包再次回到我房间,只花了不到5分钟的时间

两个人复习了一段时间,在过了差不多一小时以后,妹妹已经变得迷迷糊糊快睁不开眼

因为明天是周末,所以放松下来了吧

摇了摇她的肩膀把她叫醒,叫她回自己房间睡。睡得迷迷糊糊的她,迈着轻飘飘的步子回到了自己房间

 

186:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:58:35.70 ID:h5xVrpm/o

どうも、喉の渇きがとれない。

リビングに行く。

電話を終えた母が手持ち無沙汰に座っていた。

不知为何喉咙老是觉得渴

来到客厅

打完电话的母亲无所事事的坐在沙发上

 

「あの子は?」

母は開口一番に尋ねた。

「那孩子呢?」

母亲问的第一句话就是这个

 

「寝たよ」

「ずいぶん早いのね」

「まぁ、うん」

「学校はどう?」

「悪くないよ」

曖昧に答える。すべての学生が、両親に学校での出来事をつまびらかに語るわけではないだろう。きっと。

「已经睡了噢」

「睡得挺早的啊」

「嘛、嗯」

「在学校怎么样」

「并不坏噢」

很含糊地答道。并不是所有的学生都会对父母详细报告在学校发生的事情的吧,一定

 

「妹は?」

「がんばってるよ」

過剰なほど。

「妹妹呢?」

「有好好在努力噢」

已经有些过剩的程度

 

「なんとか、やっていけてる?」

「……まぁね」

親が子供に言う台詞としては、あと数年早い。

「能撑得过去吗?」

「……嘛」

作为父母应该对孩子说的话来说,这句话早了好几年

 

187:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:59:12.27 ID:h5xVrpm/o

母はまだ何かを言いたげだったが、もう質問が思い浮かばないようだった。

距離を、測り損ねている。

感觉母亲还想再问些什么,但好像已经想不出来了的样子

距离感,实在是很难掌控

 

麦茶をコップに注ぐ。

「飲む?」

「ええ」

将麦茶倒入杯子里

「要喝吗?」

「嗯」

 

ふたつめのコップを用意した。

准备了第二个杯子

 

少しすると、母は自分の寝室に戻った。

稍微再过了一会,母亲也回到了自己的房间

 

部屋に戻ってひとりになってから、どうするべきかを悩んだ。

思い浮かんだのは、先輩の言葉。

回到自己房间剩下自己一人时,开始烦恼接下来应该怎么做

脑子里浮现的,是学长的那句话

 

――君には悪いと思ったけど。

——虽然有些对不住你

 

ひとまず、話の通じる彼から事情を聞いておきたいところだ。

いったい、何がどうなっていたのだろう。

总之,想和能够沟通的他好好了解一下事情的详细

到底,究竟是发生了些什么呢

 

188:名無しさん: 2011/07/27(水) 13:59:39.41 ID:h5xVrpm/o

幼馴染のことはひとまずいいにしても――放置しておけばメデューサに攻撃されかねない。

あの異常な態度。

虽然青梅竹马的事情可以暂时不管——但如果放置的话感觉很可能会被美杜莎攻击

那个异常的态度

 

憂鬱だ。

真是忧郁

 

風呂に入る。歯を磨く。ベッドに潜り込む。

洗完澡,刷完牙,钻进了被窝

 

寝付けない。うだるような熱気に部屋がもやもやと侵食されている。

ドアを開けっ放しにして空気の通り道を作る。窓を開けると涼やかな風が入ってきた。

睡不着

被房间里那股仿佛要把人煮熟般的热气侵蚀,感到烦躁不已

把房门敞开让空气进入。打开了窗户以后凉爽的风吹了进来

 

起き上がって電気をつける。教科書をめくった。

テストが近い。勉強しなきゃ。

起床打开了电灯,翻开了教科书

已经临近期末考试,不好好学习一下可不行

 

こういうとき、何か趣味があればいいのになぁ、と思う。寝付けない夜が多すぎる。

每当碰到这种时候,都会想着如果自己有什么兴趣就好了啊……

像这样的不眠之夜实在是太多了

 

192:名無しさん(長屋): 2011/07/27(水) 14:31:15.87 ID:OlDRYUct0

なんでだろう。少し切ない。

最近の俺すげー俺の意見が絶対みたいな主人公じゃないのがいい。

次に期待。

为什么呢……总觉得有些难过

跟最近这种我好厉害我的意见是绝对的那种龙傲天男主不一样,读着很舒服

很期待接下来的发展

 

194:名無しさん: 2011/07/27(水) 14:52:51.73 ID:KO3EZBCDO

読みやすい上、しっかり描写されてて良いね。

不仅是让人读的很顺,而且细节也有好好描写非常不错

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. fzf
    fzf 发表于: 2014年11月16日 23:14:23

    哈 , 好看

  2. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月22日 05:18:39

    读着很舒服,但是很难受

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部