19Nov

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(二十四)

时间: 2014-11-19 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

228:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:33:40.06 ID:eTEPqKVXo

二人でハンバーガーを食べきったあと、どうでもいい話をしながら店を出る。

互いに変な空気が生まれていた。照れくさい感じ。

两个人吃完汉堡包之后,边聊着些无关紧要边离开了店里

双方之间酝酿出一种奇妙的氛围,有种害羞的感觉

 

「テスト勉強中に呼び出してすみませんでした」

「いや、いいよ」

「悪い点とっても、俺のせいにしないでくださいね」

「……それは、するかもしれないな」

先輩は大真面目な顔で言った。

「在准备考试的期间却把你叫出来真是抱歉」

「不不,没什么的」

「就算取得了糟糕的分数,也不要怪我噢」

「……这个,可能真的会怪你」

学长一脸认真的样子说道

 

店の出口のところで別れて、俺は止めてあった自転車に向かって歩く。

むちゃくちゃする人も、世の中にはいるもんだ。

在店的出口处和学长分别后,我向着自行车的方向走去

胡闹一通的人,这个世界上还真不少啊

 

自転車を漕いで帰り道を急ぐ。家に帰ったらなにをしようか。俺はわざと目前に迫った期末テストを思考から追いやった。

防風林が木陰をつくった、家々の隙間の狭い道を通る。石で出来た水路がブロック塀の隣を通っていた。

ひんやりとした空気の中で蝉の鳴き声だけが延々と響いている。それでも自転車のスピードは緩めない。

もうすぐ、夏休み。

蹬着自行车赶往家里去,途中想着回到家要做什么好呢。

我故意将近在眼前的期末考从脑海中驱逐了出去

穿过防风林下的树荫,钻过家与家之间的缝隙,通过用石砌成的水渠的旁边

在凉爽的空气中只有蝉鸣声一直持续着,就算如此自行车的速度也没有丝毫减速

马上就是,暑假了

 

誰とどこへ行こうか、と考える。いろんなことをしたい。花火。プール。海。夏祭り。

そういうことを想像するだけで、胸が沸き立って落ち着かない気分になった。

想着要不要和什么人去什么地方呢,有好多事情都想做。烟花、泳池、海、夏日的祭典

光是想象一下那些,感觉胸中那跃跃欲试的心情就已经停不下来了

 

そういうことをできるだろうか、と考える。

したいなあ、と思った。みんなで、楽しく過ごせるといい。

想着那样的事情究竟能不能做呢

真想试试啊,如果能和大家一起快乐地度过就好了

 

ペダルを踏みながら、そんなことを思った。

边踏着自行车的踏板,边想着那些事情

 

229:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:34:04.99 ID:eTEPqKVXo

家に帰ると、幼馴染がいた。

「お邪魔してます」

回到家以后,看见了青梅竹马在家里

「打扰了」

 

平然と、妹と世間話に興じていた。

昨日の今日でこいつは。

世間様に尻軽女だと思われてしまうでしょうに。

一副若无其事的样子和妹妹唠着家常

这只是第二天噢,这家伙

这样会被世人看作是轻浮女子的吧

 

「麦茶を俺にもください」

「コップ持ってきたら注いであげる」

妹も暑さのせいであまり動きたくないようだった。

流しに置かれた食器入れの中からコップを取り出す。二人は既に自分たちの分を飲んでいた。

「也给我一些麦茶吧」

「拿杯子过来的话就给你倒」

妹妹也是在这酷热之下好像已经懒得动了

在碗柜里拿出杯子,两人已经喝过自己的那一份了

 

230:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:34:36.51 ID:eTEPqKVXo

「どこ行ってたの?」

「去哪里了啊?」

 

幼馴染に尋ねられる。先輩と会ってきた、と言ったらどんな顔をするだろう。

俺は「ちょっとそこまで」と答えてから麦茶を飲み干した。

被青梅竹马这么问道。如果回答说去见学长了她会做出怎样的表情呢

我回答说「稍微溜达了一下」后喝干了这一杯麦茶

 

コップを置いたところで、妹が何かを思いついたように声をあげた。

「本人に直接意見を聞けばいいんじゃない?」

在我把杯子放好的同时,妹妹好像突然想到了什么似的叫道

「直接问一下本人不就行了么?」

 

幼馴染は意表をつかれたように「ああ!」と頷く。

青梅竹马好像一下反应过来「对噢!」那样点了点头

 

「何の話?」

「お弁当の話」

「在说什么呢?」

「关于便当的话题」

 

「おべんと、ですか」

何の説明にもなっていない。

「便当,吗」

完全没有解释清楚

 

「お姉ちゃんが、お兄ちゃんの、作りたいって言うから」

「ふたりで話し合いをしてたんだよ」

「月火水木は半分ずつってことで決まったんだけど、金曜の分をどっちが作るかがなかなか決まらなくて」

……なんだろう、このやりとり。

「就是姐姐说想要帮哥哥做便当」

「然后两个人就讨论了一下」

「虽然决定了一二三四轮流做,但星期五究竟由来做总是无法定下来」

……什么啊,这个对话

(lu:什么你个大头鬼,看我一把火烧了你)

 

231:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:35:06.57 ID:eTEPqKVXo

「いや、何でわざわざ分担する必要があるの?」

幼馴染に作ってもらえたら食費が少しだけ浮くが、そんなみみっちい話ではなく。

なぜ別々の人間に作ってもらう理由があるのか。面倒だろうに。

「不不,为何要特意分担来做啊?」

虽然说由青梅竹马做便当的话费用会稍稍提升,但重点并不在这种小家子气的地方

为何要分别由不同的人来做啊,多麻烦

 

彼女らは当人の意見を無視して協議を再開した。

なんだかなぁ、と思う。今までずっと、どうでもいいことに時間を費やしていた気がした。とんだ徒労。くだらない悩み。

一気に肩の荷が下りた気がした。

她们无视本人的意见继续开始了商讨

看着这个场面,突然觉得,怎么说呢,至今为止真是在毫无意义的事情上浪费了时间啊

真是徒劳,无聊的烦恼

悬紧的心一下子就放松了下来

 

話し合いは平行線を辿っているようだ。

金曜の担当が決まるのと、夏休みに入るのはどっちが早いだろうかと、ふとそんなことを思う。

看来争论的内容变成了一种平行线的状态

听着他们关于星期五的担当,哪一方更早进入暑假的对话,突然想到

 

「あ」

不意に思いついた。

「啊」

突然就想到了

 

「なに?」

「週ごとに金曜の担当を交換すればいいんじゃね?」

その言葉の後もしばらくは話し合いが続いていたが、結局はその方向で決まったらしい。

「什么?」

「每周轮流交换星期五的担当不就行了么?」

在那之后争论仍持续了一段时间,但最后好像还是按朝我说的那个方向决定了

 

232:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:35:42.60 ID:eTEPqKVXo

「でも、何で弁当なんて作りたいの?」

割と真剣な疑問。面倒なだけだと思うのに。

「不过,为什么那么想做便当呢?」

其实这真的是个疑问,明明是那么麻烦的事情

 

幼馴染は簡単に答えた。

「はっきり言って、男の子にお弁当つくるのって、女子からしてもけっこう憧れなのです」

青梅竹马很简明地回答道

「说白了,给男生做便当,从女生这边看来其实也是很憧憬的一件事情」

 

「へえ」

「制服デートとかもね」

「是这样啊」

「制服约会那样的也是」

 

「なるほど」

そのあたりは男子と大差ないらしい。

「原来如此」

在那方面好像和男生差不太多

 

「つまさき立ちでちゅーするために身長差は結構欲しいとかね」

妹がさらりと言った。少女漫画的。

……やっぱ身長か。やっぱ一七○センチないとダメなのか。

「为了能踮脚尖亲嘴想要身高差那种的也是呢」

妹妹也很轻快地答道,用一种少女漫画风格

……果然身高很重要么,果然不到17○不行的样子么

 

「……ちょっとコンビニで牛乳買ってくる」

カルシウムの摂取が身長の伸びに直結しない自分の体が憎い。

「……稍微去便利店买支牛奶」

对钙的摄取无法反应到身高的伸长的自己的体质感到痛恨

 

幼馴染は、妹の言葉に微妙な表情を浮かべた。

青梅竹马,听了妹妹的话以后做出了微妙的表情

 

「それはちょっと……違わない?」

「そう?」

「这稍微有点……不对吧?」

「是这样吗?」

 

妹さまはけろりとしている。

なんだかもう、女ってよく分からない。

妹妹满不在乎地说道

总觉得已经,完全无法理解女人这种生物了

 

233:名無しさん: 2011/07/28(木) 10:36:29.28 ID:eTEPqKVXo

本当にコンビニに行こうとすると、二人は慌てて追いかけてきた。

三人で並んで歩く。両手に花。美少女二人。ぐへへ。

当我真的要去便利店时,两人却慌慌张张地追了上来

三人并排而行,左拥右抱,美少女两人,诶嘿嘿

 

――暑さでそれどころじゃなかった。

——因为实在太热所以根本没有那种心情

 

「……誰? コンビニ行こうって言った人」

妹がうなる。誰も「行こう」なんて言ってない。

「……是谁啊?说要去便利店吧的家伙」

妹妹抱怨道。谁也没有说过「去便利店吧」

 

「蝉がうるさいね……」

幼馴染も疲れ果てていた。なんだか、子供の頃もこうやって歩いたことがあるような気がする。

なんだかなぁ、と思う。

「蝉鸣好吵啊……」

青梅竹马也已经筋疲力尽了。总觉得在小时候我们好像也这么一起走过

真是感慨颇深啊

 

恋だ愛だと騒いでおいて、結局、ふたりと一緒にいるだけで、俺はある程度満たされてしまうのだ。

まいった。

この居心地のいい立ち位置で、曖昧なままで一緒にいたい。

虽然嚷嚷着恋啊爱啊什么的。但结果,仅仅是两个人这么在一起走着

我在某种程度上好像都已经很满足了的样子

这还真是被打败了啊

真想保持在这种舒适的位置,一直持续这种暧昧的关系

 

まぁ、できないんだけど。

嘛,这是不可能的呢

 

でもまぁ、今は、ね。

不过啊,只是现在这一刻的话……

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. Matt
    Matt 发表于: 2014年11月20日 10:15:06

    好想看下去

  2. Secluded
    Secluded 发表于: 2014年11月20日 17:30:11

    男主已经成功达成后宫成就了么

  3. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月22日 05:24:59

    啊,气氛好多了

  4. sunrise
    sunrise 发表于: 2015年6月16日 14:29:11

    烧啊!!!血泪啊!!

  5. Ficatsh
    Ficatsh 发表于: 2015年7月29日 16:58:18

    这算什么?

  6. 绝缘体
    绝缘体 发表于: 2015年9月16日 21:06:36

    男主,你姓阿良良木嘛?

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部