12Dec

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(四十七)

时间: 2014-12-12 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

504:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:44:54.81 ID:cE6zqUV5o

夕方頃には幼馴染とタクミは家に帰った。タクミはあと二週間ほどはいる予定だと言う。

夏祭りがあるな、と思った。

妹の浴衣のことも考えておかなければならない。

到了傍晚青梅竹马和拓海回家去了,拓海好像是说还要在这边待上两周的样子

然后想起来还有夏日祭典

妹妹的浴衣的问题也不得不考虑一下

 

三姉妹は疲れた様子だった。

三姐妹则是一脸疲劳的样子

 

「遊び疲れた?」

「みたいです」

るーは眠そうに瞼をこする。

ずいぶん馴染んだな、と感じる。

屋上さんは、うちにきている間もたまに眼鏡をかけるようになった。どういう心境の変化かはわからない。

髪は相変わらずほどいていた。法則が読めない。

「玩累了?」

「好像是这样」

露一副很困的样子揉了揉眼睛

看起来已经很适应这样子的生活了

屋上同学的话,变得就算在我家也会偶尔戴上眼镜了,不知道心境发生了什么样的变化

不过头发还是跟原来一样保持解开的状态,搞不懂是什么法则

 

帰り際、後輩が口を開いた。

在她们要回去的时候,学妹开口道

 

「明日あたり、どっか行きます?」

「どっかって?」

「どっかっす」

丸投げ。

「明天,要不要出去哪里玩?」

「去哪?」

「哪都行」

全部丢给我来决定了

 

「あー、じゃあ、まぁ、そのー、えー。モールとか?」

かなり適当だった。どうでもいいことだが、いつのまにか明日もうちに来ることが決定していた。

「啊,那样的话,嘛,那个,商业街之类的?」

非常随便地选了一个。虽然怎样都好,不知不觉好像已经定下来明天也要过来我家的样子

 

「おっけいです」

おっけいが出た。

人ごみを思うと憂鬱になる。

「OK噢」

被说OK了

一想到那人山人海的场面变得稍稍有些忧郁

 

505:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:45:22.29 ID:cE6zqUV5o

しばらく三人の後姿を見送っていると、不意に屋上さんがこちらを振り向いた。

在目送着三人离开的背影时,屋上同学突然间转过头来

 

既視感。

どこかで見たことがあるような表情。

既视感

感觉好像在哪里看过这种表情一样

 

たぶん、錯覚だろう。

大概,是错觉吧

 

少し早い夕食をとってから、静かな家の中でテレビを見ているのが妙に寂しく思えて、洗いものをする妹を後ろから抱きしめた。

「動きにくい」と言われただけだった。

吃完了比往常稍微早一些的晚饭后,在安静的家中看着电视

然后忽然涌起一种奇妙的寂寞,于是从背后抱住正在洗碗的妹妹

但只是被「这样子手脚很难活动」这么说而已

 

余計寂しくなったので、何も言わずにソファに戻る。

不知为何变得更加寂寞,于是不发一言地坐回到了沙发上

 

なんだかなぁ。

最近、自分が分からない。

だんだん落ち着かなくなっている。

总觉得啊

最近,稍微有点搞不明白自己了

变得越来越难以静下心来

 

なんだろう、これ。

変なかんじ。

这是怎么回事呢

有一种怪怪的感觉

 

506:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:45:48.47 ID:cE6zqUV5o

翌日、揃ってショッピングモールまで足を伸ばす。

大人数で動きすぎて統制が取れない。本来取る必要はないのだが、はぐれそうで不安になる。とくに子供が二人もいると。

第二天,大家集合在一起后往商业街的方向走去

因为人数太多动作太混杂很难指挥

虽然本来没有必要指挥,但担心有人会走散,特别还有两个小孩子在

 

後輩とるーが手をつないでいた。なんとなく理解する。

タクミも幼馴染と手をつなぐ。親戚だから当然だった。

学妹和露手牵着手,不知为什么感觉能够理解

拓海也和青梅竹马牵着手,毕竟是亲戚所以理所当然么

 

「俺たちもつなぐ?」

「その冗談、面白くないから」

妹はやっぱり辛辣だ。

「我们也牵一下手?」

「这个玩笑一点都不有趣」

妹妹果然一如既往的辛辣

 

女性陣は浴衣やら水着やらを見たいようなので、気を利かせて子供たちを引き受ける。

あとでこの二人の水着についても確認しておかなければならない。

女性集团好像想看浴衣啊泳装啊什么的,于是很自然地接下了看管孩子的职责

然后这两个孩子的泳装的问题也得确认一下才行

 

妹には、あらかじめ多めの金額を渡しておいた。

もともと妹と俺の小遣いは親から別々に与えられているけれど、何か必要になったときの予備費などを、何種類かに分けて管理しているのは俺だった。

ちなみに妹は食費関係を管理している。たぶん妹に全部任せたほうが家計には優しいだろうが、兄として何の責任も負わないのは忍びない。

已经事先额外多给了妹妹一些钱

原本我和妹妹的零花钱是由父母分开给的

不过为了能在必要的时候能排得上用场,一直是由我来分开管理着几种预备金

顺带一提妹妹管理着食物那块的费用

大概由妹妹来管理全部费用会做得更好吧,但作为哥哥不肩负任何责任感觉有些过意不去

 

俺は子供をつれて時間を潰すのにもっとも都合のいい一角へと身を投じた。

アミューズメントパーク。ゲームセンター。

我带着两个孩子来到最适合给孩子消磨时间的一块地方

游乐园,游戏中心

 

「いいか、このあたりは音がすごいから絶対にはぐれるなよ、二人とも。はぐれたら見つけられないから」

強めの口調で脅かす。二人の表情に緊張が走った。

「听好了噢,这里声音很大所以绝对不能走散噢,两位。如果走散了找不到人的」

用一种强硬的口气威胁道,两人的表情染上一层紧张的色彩

 

507:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:47:04.20 ID:cE6zqUV5o

「まずは修行だ。るー、何か欲しいプライズはあるか?」

「プライズってなんですか?」

「景品って意味だ。用例を挙げると『彼女はUFOキャッチャーのプライズを物欲しそうな顔で見つめていた』となる」

「ひとつ賢くなりました」

「首先先跟我学习一下。露,有什么想要的prize吗?」

「prize是什么意思?」

「就是奖品的意思,举例说的话就是『她用一副很想要的表情盯着抓娃娃机的prize』」

「又学到了一个新知识」

 

「で、あるか? 欲しいプライズ」

「じゃああのぬいぐるみで」

るーはUFOキャッチャーのプライズを物欲しそうな顔で見つめていた。キャラモノのぬいぐるみ。

「那么,有吗? 想要的prize」

「那就那个布偶」

露用一副很想要的表情盯着抓娃娃机的prize,是某动画角色的布偶

 

「タクミ、いいか。男には、女が欲しがっているものを常に提供できる能力が必要とされる」

「なぜ?」

タクミはどうでもよさそうに訊ねた。

「听好了噢,拓海。作为男人需要拥有能够随时向女人提供她们想要东西的能力」

「为什么?」

拓海用一副怎样都好的表情问着

 

「モテるためだ」

「俺、モテなくてもいいよ」

「強がるな!」

俺は渾身の力を込めて叫んだ。

周囲の温度が少しだけあがった。

「为了变得受欢迎」

「我,就算不受欢迎无所谓噢」

「别逞强了!」

我用上全身力气叫道

感觉周围的温度稍稍上升了一些

 

508:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:47:43.15 ID:cE6zqUV5o

「男として生まれたからには女にモテたいものなんだよ! 自然の摂理! 本能なの!」

るーが面白そうにこちらを眺めていた。サーカスの観客みたいな顔。俺は珍獣か。

タクミは気圧されたように頷いた。

「男人打一生下来就是想要受女人欢迎的生物!这是自然的意志!是本能!」

露用一副很感兴趣的表情看着这边,像是马戏团观众那样的表情,我是什么珍兽么

拓海好像被我的气势压倒了一般点了点头

 

「わ、分かった」

「では、女にモテるために求められる男としての能力とはなんだろう? タクミ少年」

「え、えっと……」

「そう。その通り。UFOキャッチャーのプライズを手に入れる技術だ」

「我、我知道了」

「那么,为了能受女生欢迎,作为男人需要什么样的能力呢?拓海少年」

「那、那个……」

「对,你说的没错,那就是通过抓娃娃机获取想要的奖品的技术啊!」

 

「まだ何も答えてないんだけど」

「こればっかりは練習してコツを掴むしかない。栄えある未来を手に入れるために立ちふさがる試練だと思え」

「絶対に必要なタイミング来ないよ、その技術」

不服そうにするタクミに、一度実演してみせることにする。

「我还没有回答呢」

「这个只有通过练习来掌握诀窍,就把它当作是为了获取荣耀未来而必须经过的试炼吧!」

「我觉得需要用到这种技术的时候永远不会到来噢」

决定向看起来很不服气的拓海来一次实际演练

 

るーが欲しがっていたプライズの入っている筐体を選ぶ。小銭を投入。

挑戦する。

失敗する。

走到露想要的那个奖品所在的机器跟前,投进硬币

进行挑战

然后失败

 

「……とまぁ、こういうこともある」

「先生、頼りないです」

るーが楽しそうにくすくすと笑った。

「……嘛,这种时候也是有的」

「老师真不可靠」

露看起来好像开心地笑了笑

 

509:名無しさん: 2011/08/04(木) 10:48:22.73 ID:cE6zqUV5o

もう一度小銭を投入する。

失敗する。

再次投进硬币

然后再次失败

 

「……まぁ、その、なんだ。こういうときもある」

「先生、とれないんですか?」

「とれないんじゃありません。ほら、タクミ、やってみろ」

小銭をみたび投入して、タクミに操作させる。

あっさり取った。

「……嘛,那个,怎么说呢。这种时候也是有的」

「老师,抓不起来吗?」

「才不会抓不起来呢。喏,拓海,你也试试」

再次投入硬币,让拓海来操作

然后一下子就抓上来了

 

「取れたけど」

「ええー……」

なんだこの状況。神が俺をいじめているとしか思えない。

「抓起来了噢」

「诶诶……」

什么啊这个状况,只能认为神一定是在欺负我

 

「ほら」

タクミは取り出し口に落ちてきたぬいぐるみをるーに手渡した。

こいつ、取った後の微妙な駆け引きまでできてやがる。

具体的にいうと、あまり露骨な感じにならず、あくまでそっけなくぶっきらぼうに振舞うが理想的なのだが、そこまで忠実にできている。

「喏,给你」

拓海从机器的出口处取出掉下来的布偶,交给了露

这家伙,取出来以后甚至展现了漂亮的外交手腕

具体说的话,那就是既表现得不是非常露骨,又一直忠实地保持着那种没什么大不了的态度

 

負けた。小学生に。完璧に。

これが主人公属性か。生まれて初めて目の当たりにした。末恐ろしい。

输了,输给了小学生,完败

这就是主角光环么,自出生以来第一次见,不敢想象他的将来会是什么样子

 

「ありがとう」

るーはタクミに笑顔でお礼を言った。

まぁいいか。見てて微笑ましいし。

「谢谢你」

露带着笑容向拓海道了谢

嘛,就这样吧。光是看着这画面也让人感到欣慰

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 8 条精彩评论

  1. 撸不尽的温柔
    撸不尽的温柔 发表于: 2014年12月12日 22:30:14

    烧死这个混蛋

  2. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2014年12月13日 02:27:55

    主角光环加成

  3. 舜
    发表于: 2014年12月13日 03:04:35

    太有趣了,不知道还有多长?

  4. 红颜不似月
    红颜不似月 发表于: 2014年12月13日 09:25:48

    妹酱好萌。我也好想要个人妻属性满点的妹酱啊啊啊

  5. Secluded
    Secluded 发表于: 2014年12月15日 02:50:01

    既视感噗噗,看来屋上同学也被攻略了呢

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部