22Dec

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(五十七)

时间: 2014-12-22 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

652:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:02:52.82 ID:iytVn9FWo

キンピラくんはキッチンに立つユリコさんに菓子折りを礼儀正しく渡した。すげえ。

でもキッチンで渡すことないのでは? やっぱりキンピラくんはキンピラくんだ。

勝手知ったる人の家で、俺はユリコさんに一声かけてからスイカを冷蔵庫に入れた。

小金很符合礼仪地把点心盒递给了站在厨房里的百合子阿姨,好厉害

不过没必要在厨房给吧?果然小金还是小金啊

毕竟是在已经很熟的人的家里,我向百合子阿姨打了声招呼后就把西瓜放进了冰箱

 

俺、妹、幼馴染、タクミ、屋上さん、後輩、るー、サラマンダー、マエストロ、キンピラくん。

増えすぎ。

我、妹妹、青梅竹马、拓海、屋上同学、学妹、露、火蜥蜴、艺术家、小金

一下子人多了好多

 

さらに、ユリコさん、アキラさん、と、見知らぬ誰か数名。

見知らぬ誰か数名。

另外还有百合子阿姨,明叔叔,以及几位不认识的

……以及几位不认识的

 

知らない人がいることに気付いて動揺する。キッチンでユリコさんと並んでせわしなく動いていた。

意识到了有不认识的人在变得十分动摇,而且还在厨房里和百合子阿姨站一起忙活着

 

「だれ?」

「るーちゃんたちのお母さんだって」

幼馴染が答えてくれた。

「谁啊?」

「好像说是露酱他们的母亲」

青梅竹马回答了我

 

人のよさそうな表情、若々しい見た目、少し聞こえる話し声は、落ち着きがあって控えめ。

いい人っぽい。

どことなくるーに似ている。

親しみを持つために脳内呼称をつけることにした。シミズさん。申し訳ないけど適当だ。

看上去很好人的样子,看着也很年轻。从隐隐约约传来的说话声中能感受到一种温和平静

好像是挺好的人

总觉得好像跟露有点像

为了拉近距离在脑子里给她取了绰号,清水阿姨。虽然有点抱歉不过感觉挺合适的

 

もう一人、キッチンには誰かが立っていた。

除此之外还有一个人站在厨房里

 

「タクミの?」

うん、と頷いたのはタクミだった。

「是拓海的?」

嗯,拓海这么点了点头

 

そういえば、さっきアキラさんの隣に誰かがいたような。あの人がタクミの父親だろうか。

こっちは「タクミのお母さん」でいいや。うん。それで混乱しないし。

说起来,刚刚在明叔叔旁边好像站着什么人的样子,那个人大概是拓海的父亲吧

这边就简单地称呼为「拓海的母亲」就算了。嗯,这样也不会太混乱

 

大人多い。

微妙に緊張する。

大人真是多啊

微妙地感到有些紧张

 

653:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:03:22.84 ID:iytVn9FWo

でも緊張していたって仕方ない。今日は余計なことを考えず、子供として楽しむことにした。

いわば妹と同列。

不过紧张也是白紧张。决定今天还是不要想太多,作为普通的小孩好好地玩一番吧

简单说就是与妹妹同列

 

それはそれで間違っている気がする。

虽然这么说感觉好像也有点不太对

 

しばらく話をする。屋上さんが後輩のことを「すず」と呼んだ。

記憶にある限り、屋上さんが後輩の名を呼ぶのははじめてのことだ。

又稍微聊了一段时间,听到屋上同学称呼学妹叫做「铃」

如果我记得没错的话,这应该是屋上同学第一次叫学妹的名字

 

るーはいつも後輩を「お姉ちゃん」と呼んでいる。その違いはなんなんだろう。

「すず姉」でもいいはずなのに。

露一直都管学妹叫「姐姐」,这个区别到底是怎么回事啊

叫「铃姐」不就行了么

 

それはどちらに対して距離があると受け取れるんだろう。

这个究竟哪一方对哪一方保持有距离感呢

 

俺が考えるべきことでもない、と、思考を区切った。

不过马上意识到这不是我该考虑的问题,于是强硬地中断了思考

 

今はバーベキュー。

现在就应该好好享受烧烤

 

四時頃、ユリコさんに呼ばれて庭に出る。サンテーブル、紙コップ、紙皿、ジュース、ビール。

鉄板に重ねられた網の上で焼かれていく肉、野菜。

垂涎。

4点钟的时候,被百合子阿姨叫到庭院里

一进来就看到遮阳伞桌子,上面摆满了纸杯、纸碟子、饮料、啤酒

摆在烤架的铁板上面逐渐烤熟的肉以及蔬菜

禁不住流下口水

 

幼馴染と妹が積極的に動いて皿の準備をした。ユリコさんは早々に椅子に座りビールを飲んでいた。

トングはもっぱらアキラさんが持っていた。

青梅竹马和妹妹积极地分配着小碟子,百合子阿姨早早地坐在椅子上开始喝起了啤酒

烤夹则由明叔叔独自搬过来

 

「代わりますよ」

シミズさんが名乗り出る。

「让我来吧」

清水阿姨挺身而出

 

「いいからいいから」

アキラさんは当然のように断る。ユリコさんがシミズさんを強引に座らせて、酒を紙コップに注ぐ。強引な人。

「好了好了听我的」

明叔叔一副理所当然的样子拒绝了,百合子阿姨强硬地让清水阿姨坐下

给她的纸杯里倒满了酒,真是硬来的人

 

654:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:04:19.12 ID:iytVn9FWo

サラマンダーとマエストロは遠慮がなかった。焼けたそばからばくばく喰う。ちょっとは遠慮しろ。

火蜥蜴以及艺术家则是毫不客气一口接一口吃着烧好的东西,你们也稍微顾虑一点吧

 

二つ目のトングを握った妹に、俺は野菜ばかりを食わされた。ひどい。

でもほとんど食べられていない妹の手前、何もいえない。

握着第二个烤夹的妹妹则是一个劲地给我夹着蔬菜,真过分

不过对着基本还没吃过东西的妹妹也不好说些什么

 

るーやタクミはサラマンダーたちに負けじと張り合っていたが、後輩や屋上さんはマイペースで箸を進めていた。

幼馴染は、なぜか大人たちと酒を飲んでいた。謎。

露和拓海虽然也以不输过火蜥蜴他们的势头大口吃着,

但是学妹和屋上同学只是按着自己的节奏动着筷子

青梅竹马……不知为何跟大人们混在一块喝着酒,真是谜团

 

これだけの人数がいると、場は騒がしくなる。

頃合を見て妹と役割を交代する。子供の網は子供の管理。

マエストロたちに肉があまりいかないように誘導しながら具材を焼く。

有这么多人的话,场面很容易就变得乱糟糟

时机到了的话就和妹妹交换角色,孩子们的烤网由孩子来管理

边让肉的位置调整到让艺术家他们难以够得着的位置,边烧着食材

 

大人たちが微笑ましそうにこちらを見ていた。落ち着かない。

アキラさんも大人たちに混じって酒を飲み始めた。もう酒盛りがしたいだけだったんじゃないか。いや、そういうものか?

大人们带着温暖的微笑看着这边,让人静不下心

明叔叔也混进大人们的圈子里开始喝起了酒

真是的说是烧烤其实只是想开酒会吧……不,难道一开始目的就是这个?

 

大人たち五人を放置して、子供たちはばくばく食べる。そのままだろうが串だろうがどんどんなくなる。早い。

でも食材は大量にあった。……いいのかこれ。

把五个大人放在一边,我们这些孩子尽情地吃着

按照这个势头串啊什么的都以肉眼看得见的速度快速减少中,快过头了吧

不过食材还有很多很多……应该没问题吧

 

敷かれていたレジャーシートの上に、屋上さんたちが正座していた。小さなテーブルの上に置かれた皿。

屋上同学们在铺在地上的席子上正座着,席子中间有个摆放了碟子的小桌子

 

少し休むことにする。なぜだかあまり食べる気にはなれなかった。

决定稍微休息一下,不知道为什么好像没太大食欲

 

俺が座ったのと同時に、後輩が立ち上がる。

網に近付いてトングを握った。気遣いタイプだなぁ。

在我坐下来的同时,学妹站了起来

走进烤网开始握起了烤夹,看来是擅长照顾人的类型

 

655:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:04:51.69 ID:iytVn9FWo

屋上さんはあんまり食べていない様子だった。

屋上同学看上去没吃多少的样子

 

「遠慮してるの?」

と訊ねると、首を横に振る。そういえば、いつも彼女は昼食にサンドウィッチを食べていた。少食なのかもしれない。

「你在客气着吗?」

这么问了以后,她摇了摇头。这么说来,她午餐一直吃着三明治,可能食量比较小吧

 

会話の糸口を見失う。何を言えばいいのやら。

紙コップに炭酸を注いで飲む。なんだかなぁ、という気持ち。

又失去了对话的话题,到底该说什么好呢

将碳酸饮料倒进杯子里。有一种难以言喻的心情,这到底是什么呢

 

周囲を見る。マエストロがトングを握ってタクミの皿に肉を分けていた。大人っぽい。

看了看周围,看见艺术家正用烤夹给拓海分肉,真有大人样

 

サラマンダーは大人たちに混ざって酒を片手に談笑している。何者だアイツは。なぜか和やかな笑いを作り出している。

キンピラくんはマエストロの脇に立って、空いた皿や肉の入っていた容器の片付けをしている。気遣い屋。

火蜥蜴则一只手拿着酒混进了大人的圈子里面谈笑着

什么人啊那家伙,脸上不知为何挂着一副温和的笑容

小金则是站在艺术家旁边,收拾着空掉的盘子和装有肉的容器,真是太顾虑他人了

 

後輩はるーの脇に立って、マエストロ作業を眺めていた。

学妹站在露旁边,望着艺术家的操作

 

妹は、皿を持ってこちら側にやってきた。俺の隣に腰掛ける。正面に屋上さん、隣に妹。

妹妹端着盆子走向这边,在我旁边坐下。对面是屋上同学,旁边是我妹妹

 

不意に衝撃があった。

何事、と動揺すると同時に、なにか心地よい匂いが鼻腔をくすぐった。

幼馴染が後ろから抱き付いてきたのだと気付いたのは、数秒経ってからだった。

忽然间背后感受到一股冲击

发生了什么!正当我如此动摇着的时候,鼻腔感受到一股很好闻的味道

在意识到那是因为青梅竹马从背后抱上来时,已经过了好几秒

 

「ふへへ」

妙な声で笑いやがる。

酔ってる。

こいつは酔うと抱きつく。抱きつき癖がある。

「唔嘿嘿」

她用着一种奇妙的声音笑着

这家伙醉了

这家伙一喝醉就喜欢抱着别人,有着这样的毛病

 

656:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:05:17.59 ID:iytVn9FWo

「離れなさい」

大人っぽく言う。

「快放开」

作出一副大人样说着

 

「ごめんなさいー」

謝りながらも、彼女は離れようとしない。

「对不起啦~」

她虽然这么道歉着,但是依然不肯放开

 

困る。

背中に当たる感触とか。

微笑ましそうな大人たちの目とか。

很困扰

背后感受到的感触之类的

温暖地微笑着的大人们的视线之类的

 

隣に座る妹の視線とか。

屋上さんの何か言いたげな顔とか。

るーがこっちを指差してけたけた笑っている様子とか(酒でも飲まされたんだろうか)。

坐在旁边的妹妹的视线之类的

屋上同学那副想说些什么的表情之类的

露指着我这边笑嘻嘻的样子之类的(是不是被灌了点酒啊)

 

困る。

很困扰

 

しばらく流れに身を任せていると、幼馴染は飽きてしまったようで、なんとか離れた。暑苦しかった。

稍微放任不管一段时间以后,青梅竹马好像腻了一样,总算是放开了

热死我了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 9 条精彩评论

  1. 蛋疼的九日
    蛋疼的九日 发表于: 2014年12月22日 22:03:47

    我嗅到了修罗场的味道……

  2. 不明真相的围观群众
    不明真相的围观群众 发表于: 2014年12月23日 00:04:16

    我嗅到了恋爱的酸臭味……

  3. hxfjg
    hxfjg 发表于: 2014年12月23日 00:30:14

    很好看

  4. biubiubiu
    biubiubiu 发表于: 2014年12月23日 00:54:30

    因为是烧烤,所以我默默地举起了火把……

  5. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2014年12月23日 01:09:28

    妹妹嫉妒了,快抱起妹妹

  6. aaa
    aaa 发表于: 2014年12月23日 03:45:15

    现充去死吧

  7. 切江
    切江 发表于: 2014年12月23日 11:25:11

    修罗场的预感~~~~

  8. b桑加油
    b桑加油 发表于: 2015年6月9日 09:58:40

    走青梅竹马的母亲路线吧haha

  9. Ficatsh
    Ficatsh 发表于: 2015年7月31日 16:55:38

    我嗅到了陈醋的味道

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部