23Dec

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(五十八)

时间: 2014-12-23 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

657:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:05:51.69 ID:iytVn9FWo

なんとか解放されたと溜息をつくと、今度は膝の上でぽすりという感触がした。

なぜか、妹が眠ろうとしていた。

总算被解放,松了一口气后,这次膝盖上却感受到什么东西蹭了上来

不知为什么,是妹妹想要在上面睡觉

 

「ちょっと疲れた」

「……あ、そう。中で休めば?」

「ここでいい」

言いながら妹は目を閉じる。

なんだろうこの理屈。自分がひどくおかしな空間に巻き込まれている気がした。

「稍微有点累了」

「……啊,是这样么。那就回屋里睡呗?」

「我想在这里睡」

这么说着妹妹闭上了眼睛

怎么回事啊这个言论,有种自己被卷入了很奇怪的空间里的错觉

 

気付く。

夢オチだ。

然后意识到

这绝对是在做梦

 

そろそろなおとが現れて、「時間だぜ、そろそろ起きろよ相棒」とか言いながら都合のいい夢の邪魔をするのだ。

目が覚めるとまだ七月の上旬で、テスト前。キンピラくんも屋上さんも辛辣で、幼馴染には彼氏がいる。

そうだ、きっとそうに違いない。

直人肯定差不多快要出现,

边「时间到了,差不多该起床了搭档」这么说着边打断我的美梦没错

醒来的时候发现时间还在七月的上旬,考试前夕。

不管小金也好屋上同学也好都很辛辣,而且青梅竹马也有男朋友

对,一定是这样子没错

 

658:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:06:20.15 ID:iytVn9FWo

どうせ夢なら何してもバチは当たらないだろう。

髪を撫でると、妹は瞼を閉じたままくすぐったそうに首をすくめた。

猫みたいに頭を動かして眠る姿勢を変える。ちょっとかわいい。

反正是都是梦,就算做些什么也没什么大不了的吧

摸了摸头发后,妹妹仍旧闭着眼,只是好像有些怕痒那样缩了缩头

好像猫咪那样动了动头,改变了睡姿。感觉稍微有点可爱啊

 

胸に触る。

殴られる。

摸了一下胸部

然后被揍了

 

「何をしやがりましたか」

動揺のあまり、妹の口調はいろいろ混じっていた。

「你在搞飞机做什么啊」

因为过于动摇,妹妹的口吻有些混乱

 

「痛い。ってことは夢じゃないのか」

「何を言ってるの?」

痛いからといって夢じゃないとは限らない。夢の中で痛いと感じることもあるだろう。たぶん。

もし現実だったとしたら幸いなことに、他の誰にもさっきの行為は見られていなかったようだった。

「好痛!也就是说这不是梦么」

「你在说什么啊?」

不过就算感觉到疼痛也不能保证这不是梦,就算在梦中会感觉到疼痛的情形也是有的,大概

如果真的是现实的话那还真是好险,我刚才那行为好像没有人看见的样子

 

幼馴染はどこにいった、と周囲を確認すると、いつのまにか屋上さんと世間話に興じていた。

青梅竹马跑到哪里去了呢……

这么想着我确认了一下周围,发现她不知什么时候跑去和屋上同学唠家常去了

 

659:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:06:47.74 ID:iytVn9FWo

妹は眠る気をなくしたのか、落ち着かないような顔をして居住まいを正した。

妹妹虽然已经没有睡意,但还是带着静不下心来的表情摆正了姿势

 

現実。

まずいことした。

这是现实

干了很糟糕的事情

 

「ごめんなさい」

謝る。夢の中なら何をしてもいいなんて考えた時点で最悪だった。

「对不起」

道歉了,光是抱持着在梦里就可以为所欲为的想法就已经是烂透了

 

「いや、うん。さっきのはナシで」

なかったことにした。誰も傷つかない平和的な解決。

「啊不,嗯。刚才那个不算」

被当作没发生过那件事了,真是谁也不会受伤的平和的解决方案

 

屋上さんと、ふと目が合う。

彼女はきょとんとした表情でこちらをみた。

忽然和屋上同学对上了视线

她用种茫然若失的表情看着这边

 

なんだかなぁ。

変な日だ。

是什么呢

真是奇怪的一天

 

たぶん夢オチに違いない。

估计真的是在做梦吧

 

けれど、バーベキューを終えて、片付けをして、庭を綺麗にして、スイカを食べながら休んだあと、花火をするためにまた庭に出て。

然而,在烧烤结束后,收拾残局以后,把庭院弄干净,边吃西瓜边休息后

为了放烟花又回到庭院

 

そのあとも、ちっとも夢はさめてくれなかった。

在那之后不管过多久,也没有从梦中醒来的迹象

 

660:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:07:55.44 ID:iytVn9FWo

ユリコさんたちの酒盛りに付き合わされて、次に目が覚めたのは翌日の朝だった。

一晩、明かしたっぽい。

在恍惚中好像被拉进了百合子阿姨她们的酒会当中,睁开眼睛时发现已经是第二天早上了

貌似在这里过了一夜

 

どうやら子供勢がリビングで雑魚寝した様子。

看样子孩子们好像在客厅挤在一起睡下了的样子

 

不思議とサラマンダーたち三人の姿はなかった。昨日のうちに帰ったのかもしれない(なぜ俺だけ取り残されたんだろう)。

どういう法則が働いたか分からなかったが、寝転がる俺のふとももに、妹の頭が乗っていた。結局俺を枕にするのか。

不可思议的是找不到火蜥蜴等三人的影子,也许是昨天就回去了吧(为何只留下我一人呢)

虽然不知道是什么样的法则在其中运作,

不过妹妹的头正靠在睡迷糊的我的大腿上,结果到最后还是把我当作枕头了吗

 

頭痛をこらえながら起き上がる。

シミズさんたちはどうしたのだろう。姉妹を残しているということは、どこか別の部屋を借りたのか。

强撑着头痛爬了起来

清水阿姨她们怎么样了呢,姐妹还留在这里也就是说,借了别的房间去睡了吧

 

タクミとるーもいなかった。最年少組を雑魚寝させるのを親たちが避けたのだろう。

拓海和露倒是不在场,估计是家长避免让最年少组的两人和大家挤在一起睡吧

 

つまりこの場で寝ていたのは。

俺、妹、幼馴染、屋上さん、後輩、の五人。

也就是说直到现在在这里睡着的只有

我、妹妹、青梅竹马、屋上同学、学妹五人

 

男が俺ひとりだった。

男的只有我一个

 

毛布がもぞもぞと動く。誰かが動いたらしい。

慌てて立ち上がって、勝手に洗面所を借りる。

这时候感觉到毛毯子微微地挪了挪,好像有谁在动一样

慌慌张张地站起来,随便地借了洗面处用了下

 

二日酔い。顔色は悪くないものの、飲まされた気配がする。夜のことはほとんど覚えていない。

宿醉了。虽然脸色并不差,但有种被灌过酒的感觉,基本上记不清楚夜里发生了什么事

 

661:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:08:24.22 ID:iytVn9FWo

顔を洗うと少しだけ意識が冴えたが、頭痛と体のだるさのせいで眠りたくて仕方なかった。

リビングに戻って時計を見ると、針はまだ五時半を差している。

洗完脸以后虽然意识稍微清醒了一些,但因为头痛和身体沉重的缘故所以还是很困

回到客厅看了看时钟,指针才指在五点半的位置

 

寝なおそう。

床に敷かれた毛布の一枚に潜り込んで、俺はふたたび眠りに落ちた。

继续睡吧

钻进了铺在地毯上的一枚毛毯子,我再次沉入了睡眠

 

再び目を覚ましたとき、なぜか屋上さんが腕の中にいた。

再次睁开眼睛时,发现不知为何屋上同学正躺在我怀里

 

混乱する。

心臓がばくばくする。

感到非常混乱

心脏好像要爆炸了那般跳个不停

 

このままじゃまずい、と思う。

想着这样下去很不妙

 

とりあえずできる限り静かに、ゆっくりと、腕を引き抜いていく。起こさないように。

总之先尽可能安静地、缓慢地、将手臂慢慢拔出来,注意着不要吵醒她

 

動揺のあまり「せっかくだし観察しよう」とか思える状況じゃなかった。

ていうかいっそ恐怖すら覚えた。

このラブコメ的イベントの連続はなんなのか。

因为实在是过于动摇根本没有产生「机会难得观察一下吧」这种想法的余裕

不如说甚至感觉到一种恐怖

这种像是恋爱喜剧一般的事件怎么会连续发生呢

 

絶対なんかの予兆だろ(被害妄想)。

绝对是什么东西的预兆吧(被害妄想)

 

662:名無しさん: 2011/08/07(日) 15:08:57.98 ID:iytVn9FWo

なんとか体を引き抜いて、屋上さんからじりじりと離れる。

立ち上がる。達成感。よくぞここまでがんばった。

总算是把身体整个拔了出来,一点一点地远离屋上同学

站了起来,感受到成就感,真亏我能努力到这种程度

 

でも振り返るとみんなが起きていた。

めちゃくちゃ見られてた。

不过回过头以后才发现大家早就醒来了

被她们看了个爽

 

ユリコさんがニヤニヤ顔でこちらを見ている。やっぱこういうイベントか。

なぜかからかったりしてくる人はいなかった。逆に怖い。

百合子阿姨笑眯眯地看着这边,果然是这种类型的节目么

不知为什么没有人拿这件事来打趣,这反而让我觉得有些可怕

 

その後、片付けやらなにやらが始まったので、なんだかんだでうやむやになる。

在那之后,大家开始做起整理东西啊什么的工作。感觉一切都是那么的含混不清

 

相当後になってから分かったことだが、このとき屋上さんは狸寝入りをしていたらしい。

另外这是过了很久以后才得知的,这个时候的屋上同学好像是在装睡的样子

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 7 条精彩评论

  1. 不明真相的围观群众
    不明真相的围观群众 发表于: 2014年12月23日 23:44:50

    把男主烧了吧

  2. 蛋疼的九日
    蛋疼的九日 发表于: 2014年12月23日 23:46:17

    不知为何,我的手中多出了一个火把……=_=

  3. 你好
    你好 发表于: 2014年12月23日 23:56:18

    哈哈哈,好看

  4. MinQ
    MinQ 发表于: 2014年12月24日 08:38:24

    →_→我要搓个大火球

  5. 妹控乃正义
    妹控乃正义 发表于: 2014年12月24日 12:04:34

    屋…屋上线突入?妹妹怎么办啊!青梅竹马怎么办啊!!!

  6. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2014年12月25日 02:00:34

    后宫好令人羡摹啊

  7. 哔哩哔哩
    哔哩哔哩 发表于: 2015年11月11日 10:42:28

    看必杀! 气定炎爆!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部