3Jan

『长篇故事・2ch』我就是童男一枚,有问题吗!(六十九)

时间: 2015-1-3 分类: 我就是童男一枚,有问题吗! 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://vipsister23.com/archives/4242568.html


 

上一章 目录 下一章

 

776:名無しさん: 2011/08/09(火) 12:20:43.87 ID:IGAQdTino

ここらへんで夏祭りと言えば、駅前の商店街で開催されるものを言う。

最近では商店街自体が寂れはじめているので、どことなく哀愁漂う祭りではあるが、まぁ地方の祭りなんてそんなものかもしれない。

如果要说这附近的夏日祭典的话,那就是指电车站前的商业街举办的那个了

虽然因为最近商店街本身开始变得冷清,祭典里总有种哀愁的氛围

不过嘛,地区性的祭典可能就是这种感觉吧

 

商店街全域に出店が立ち並んでいる。その列はやたらと長い。

人々は浴衣を着たりして、家族や友人や恋人と一緒にやってくる。

やたらと高いカキ氷やらお好み焼きやら焼きそばやらを食べて、「美味しい」という。

商店街的整个区域并排着各个露天店,整个队列非常地长

人们穿着浴衣,和亲人和朋友和爱人一起过来

吃着贵得要命的刨冰,喜欢的烤肉和炒面,体味着这名为「美味」的感觉

 

商店街から脇道を逸れて街中を歩いてみると、家々の立ち並ぶ道の間に、石造りの水路があることに気付く。

水路が街中を貫いて存在している雰囲気は、なんとなくいい感じ。昔風で美しい。

しかもそれに沿って桜の木が伸びていたり。

从商店街的岔道走出来到了住宅街,发现在家与家之间的道路中,有条石头造的水渠

水渠贯穿着住宅街那种氛围,总觉得挺不错的,有种老式的美感

而且樱花树的枝头正沿着那条线伸着

 

歩くと癒される。

走在上面感觉很治愈

 

夜。

俺たち(七人)は、賑わいだ雑踏から遠くの、そんな道を歩いていた。

祭りに行く人数が多かったので、アキラさんに車を出してもらったのだが、当然、駐車場なんてなかなか空いていない。

时间是夜晚

我们(七人)避开了拥挤的人群,走在了一条离他们比较远的道路上

虽然因为去参加祭典的人数很多,明叔叔开车送了我们过来,但停车场理所当然地难以找到空位

 

そんなわけで、割と遠くで下ろしてもらって、そこから歩いていくことになったのだ。

所以我们在稍微比较远的地方就下了车,决定从那里走过去

 

ちなみにアキラさんとユリコさんは今日は二人で夏祭りを楽しむらしい。仲が良いのはよいことだ。

顺带一提明叔叔和百合子阿姨今天好像想要两个人独自度过夏日祭典,关系真是好啊

 

女子勢は浴衣率が高かった。

着ていないのは屋上さんと後輩の二人。妹と幼馴染はせっかくなのでと浴衣を着ていた。

女生那边的浴衣率相当高

没穿的只有屋上同学和学妹两人。妹妹和青梅竹马不想错过这个机会所以穿上了

 

巾着まで持って草履まで履く徹底ぶり。懐からがま口財布でも出しかねない。

看着连布袋和草鞋都配备齐全的那副彻底的样子,感觉就算从怀里掏出蛙嘴式钱包也不奇怪

 

空には月が出てきたが、街灯の明かりが周囲を照らしていた。

なんとなくしんみりする。

虽然天上已经出现了月亮,但在街灯的照耀下周围显得非常明亮

有一种沉静的感觉

 

777:名無しさん: 2011/08/09(火) 12:21:25.83 ID:IGAQdTino

るーとタクミは祭りに行くのが楽しみで仕方ないらしく、ずっとは騒いでいる。

それを見て、後輩と幼馴染があんまりはしゃいで、はぐれないように、と諌める。

露和拓海好像老早前就盼望着夏日祭典了,所以一直都是一副很有精神的样子

看到她们的样子,学妹和青梅竹马劝诫着让她们不要闹得太厉害以免走散

 

妹と屋上さんはその少し後ろを歩いている。少しずつ馴染んでいるようで、ふたりだけでも話をするようになった。

いまいちどんな話をしているのかは想像できないのだけれど。

妹妹和屋上同学在那之后并排走着。两人好像慢慢开始熟悉上了,就算只是两个人也能聊得起来

虽然不太能想象得出来究竟聊了些什么

 

出店のある通りに辿りつく。人の話し声が連なって、周囲を覆っていく。

ともすれば隣を歩く人の声も聞こえないような喧騒。

到达了有露天商店的道路,人们的说话声交织成网,覆盖了整个周围

是那种常常连走在旁边的人的声音都听不清楚的嘈杂

 

通るのに難儀するほどではないものの、それでも多くの人が祭りにやってきていた。

浴衣を着ていたり、水ヨーヨーを持っていたり。

虽然还不至于完全走不动,但果然还是有相当多的人来参加了祭典

穿着浴衣,带着水气球

 

射的だのくじ引きだのが並んで、広場ではステージの上で和太鼓の演奏がされていた。

打靶射击啊抽奖啊各种各样的店并排着,广场的舞台上则是响着和式大鼓的演奏声

 

食べ物を食べたり、ステージを眺めたり、遊んでみたり。

吃着食物,望着舞台,玩各种各样的活动

 

女性陣がタクミとるーを連れて盛り上がったので、俺はひとり置き去りになる。

こういうときのテンションだと、あんまり話に入れない。なんとなく。

女生们带着拓海和露尽情地闹腾着,我则是被晾在了一遍

像是这种时候的这种氛围,我很难融入进去,不知道为什么

 

仕方ないのでフランクフルトやアメリカンドッグやチョコバナナやお好み焼きをひとりで食べた。

没办法,只好自己独自吃着法兰克福香肠啊美国热狗啊巧克力香蕉啊喜欢的烧烤啊什么的

 

すぐに腹がつらくなった。

肚子很快就变得难受起来了

 

「なにやってんだ俺は……」

もはや自身を犠牲にしたギャグにしかならない。

「究竟在做什么啊我……」

已经只能称得上是自我牺牲的噱头了

 

778:名無しさん: 2011/08/09(火) 12:21:59.40 ID:IGAQdTino

出店の中には普段見ないようなものもあった。

最たるものとして、飴細工が挙げられる。割り箸大の一本の棒に、干支の動物の形をした飴を作って売る出店。

注文を受けてから作り始めるため、待ち時間は長いが、物珍しさも相まって人は列を作る。

在露天商店里面有一些平时看不到的东西

其中最典型的就是糖雕琢了

是那种制作贩卖在跟筷子差不多大的棒上,插着十二生肖的动物形状的糖的露天商店

因为是点单以后才开始做的,所以等待的时间比较长

然而因为其稀有性排队的人相当多

 

るーとタクミが欲しがって、長時間待たされることになる。

出店なんて多少は待たされるものだし、そうすることが祭りのメインなのだから、あんまり苦にはならない。

慌てたっていいことはない。

露和拓海想要这个,结果等了很长时间

不过露天商店大多数都是那种要等的东西,而这正是祭典的一种主要特征,所以并不觉得枯燥

就算着急也得不到什么

 

人波の中を歩いても、夜なので少し涼しい。

買ってきた飴を舐めながら、ふたりは笑いながら歩いていた。なんか癒される。

就算在人群的波浪中走着,由于是夜晚的缘故所以反而还能感觉到凉快

看着边舔着买来的糖边说笑着走着的两人,总觉得有些被治愈了

 

でも。

不过

 

後輩と幼馴染はその少し後ろを歩いていて、

妹と屋上さんは、さらに後ろを歩いていて、

俺は、一番後ろを一人で歩いている。

学妹和青梅竹马在那之后并排走着

妹妹和屋上同学则是在更加后面一点的地方走着

只有我是一个人在最后面走着

 

なんだかなぁ、という気持ち。

是什么呢,这种心情

 

結局、集団の中にいても、俺は取り残されている気がする。

馴染めていない気がする。自分だけ。

结果,就算混进了集团里面,我还是会感觉只有自己被独自抛下

感觉只有自己无法融入进去

 

置いてけぼりの気持ち。

子供っぽい疎外感。

被独自抛下一人的心情

小孩子气的疏远感

 

綿飴でも食うかな、と思って立ち止まる。

携帯があるし、はぐれたらはぐれたでなんとかなる。

要不要去吃棉花糖呢,这么想着我停下了脚步

手机也有带在身上,就算走散也没什么好怕的

 

出店に並んで、綿飴を頼む。

少し待たされる間、手持ち無沙汰になる。

排进了露天商店前的队伍,叫了一根棉花糖

在这短短的等待中,变得无所事事

 

そのとき、服の裾を引かれた。

就在这时,衣服角被拉了一下

 

779:名無しさん: 2011/08/09(火) 12:22:43.41 ID:IGAQdTino

「なにやってんの?」

「在做什么呢?」

 

屋上さんがやたらと近くにいた。

遠くでみんなも立ち止まっている。

なんだろうねこれは。

この微妙にうれしい感じ。気恥ずかしい感じ。なにやってんだ俺は、という感じ。

屋上同学站在了非常近的地方

远处的大家也都止住了脚步

怎么回事呢这是

这种微妙地有些开心,又有些害羞的感觉。我究竟在干些什么啊,这样的感觉

 

「綿飴、私も欲しい」

屋上さんがそういうので、二つ目を注文する。ちょっと待って、受け取って、一緒にみんなを追いかける。

「棉花糖,我也想要」

因为屋上同学这么说了,所以又叫了第二个。

稍稍等了一下,接过去以后两人一起追上大家的脚步

 

なんか。

ちょっとうれしかった。

总觉得

稍微有点开心啊

 

置いてかれてないや、っていう。

まぁ、それだけのことなのだけれど。

ちょっとどきっとした。

并没有被弃之不管呢,这样

嘛,只是这种程度的事情而已

虽然是这么说,但心跳却不争气地稍稍加快了一点

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 蛋疼的九日
    蛋疼的九日 发表于: 2015年1月3日 22:40:34

    屋上线没跑了

  2. 233
    233 发表于: 2015年1月4日 00:34:14

    这一篇还剩多少?

  3. 不明真相的围观群众
    不明真相的围观群众 发表于: 2015年1月4日 00:36:10

    屋上桑对男主很微妙啊

  4. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年1月4日 01:50:00

    刚有股孤独的战士的感觉立马就不见了

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部