3Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(二)

时间: 2015-2-3 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

20:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)20:25:58 ID:MOZaDl5ts

「――野比!!何度言わせるんだ!!」

「す、すみません……!!」

オフィスの一角で、僕は相変わらず上司に怒鳴らていた。提出した書類に、不備があったからだ。

「——野比!!你到底想要我说几次啊!!」

「对、对不起……!!」

办公室的一角,我一如既往地被上司痛骂着。因为提交的资料,有很多不完善的地方

 

「……まったくお前は、なぜそういつもいつもミスばかりするんだ。お前が作ってるのは、ただの紙きれじゃないんだぞ?この会社の、必要な書類なんだ。少しは自覚しろ」

「はい……」

この上司は、本当に口煩い。だけど、本当は優しいのも僕は知っている。以前僕がとても大きなミスを犯した時、必死に僕を守ってくれた。そのおかげで、なんとか始末書だけで済んだことがある。

感謝はしているが、こう毎日毎日怒鳴られては凹むものは凹む。

……まあ、僕が悪いんだけど……

「……真是的,你啊,为什么老是这样犯错误呢。你正在做的东西,可不是单纯的破纸噢?

 这个可是公司必需的资料啊,稍微有点自觉啊!」

「好的……」

这个上司,话真的是非常的多。但是,我知道他其实是很好的人

以前,在我犯了非常严重的错误的时候,他拼命地替我辩护

所以最后只是交上一份检讨书就被原谅了

虽然是很感谢他没错啦,不过每一天每一天都像这样被痛骂,那真的是很让人消沉

……嘛,是我不好啦……

 

「――大変だったね……」

落ち込み通路のソファーに座ってると、突然横から声をかけられた。

「——真是不容易呢……」

消沉着坐在通道的沙发上后,忽然被旁边的人搭话了

 

「咲子さん……」

「お疲れ様。のび太くん」

……咲子さんは、いつもと変わらない笑顔を僕に向けていた。

「咲子桑……」

「辛苦了,伸太君」

(lu:野比伸太=野比大雄,其实前者才是准确的译名。

 可能只是我自己的感觉吧,“大雄君”读起来感觉怪怪的,所以还是改回了伸太)

……咲子桑她,用跟平时一模一样的笑容对我笑道

 

21:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)20:28:02 ID:uUdz0PRHP

ほう…ここで咲子さんか…

喔…这里是咲子桑么…

 

22:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)20:30:03 ID:jWRc7aAsL

咲子って何者だ?

細かい登場人物はわからねぇ

咲子是什么人啊?

太详细的登场人物已经记不清楚了

 

23:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)20:31:12 ID:uUdz0PRHP

>>22

のび太の同僚

原作でもいる

>>22

大雄的同事

在原作也有出现过

 

25:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)20:33:27 ID:2ZdKeba6l

>>22

花賀咲子で検索検索!

>>22

搜索一下花贺咲子!

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗......(二)

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗......(二)

 

31:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)20:48:04 ID:MOZaDl5ts

「――もう、のび太くんは本当にいっつも怒られてるよね」

「う、うん……ごめん……」

「なんで私に謝るのよ。だいたいのび太くんはね、ちょっと気が弱すぎるよ?もうちょっと男らしくしてみたら?」

咲子さんは、ちょっと気が強い。こうやって毎回慰めてくれてはいるが……けっこう、言葉がキツイ。

「——真是的,伸太君真的总是在惹别人生气呢」

「嗯、嗯……对不起……」

「为什么要对我道歉啊,而且要说的话伸太君你稍微有点太弱势了吧?

 稍微再拿出一点男子汉气概试试?」

咲子桑稍微有些强势,虽然每次都会像这样过来安慰我……但说的话果然还是有点伤人

 

「……ってことで、ちょっと言ってみて!!」

「……え?え?」

「もしかして、聞いてなかった?」

「ああ……ご、ごめん……」

「……就是这样,你稍微说一下试试!!」

「……诶?诶?」

「难不成,你没有在听吗?」

「啊啊……抱、抱歉……」

 

「はあ……もういいわ。――はい、じゃあ私の言葉に続いて!」

「う、うん!」

「哈啊……嘛算了。——好,那你就跟着我说吧!」

「嗯、嗯!」

 

「――今度!」

「こ、今度!」

「——下次!」

「下、下次!」

 

「お礼に!」

「お礼に!」

「作为回礼!」

「作为回礼!」

 

「食事でも!」

「食事でも!」

「能请你!」

「能请你!」

 

「行きませんか?」

「行きませんか?」

「吃顿饭吗?」

「吃顿饭吗?」

 

「――ええいいわ!行きましょ!」

「………へ?」

「——可以噢!一起去吧!」

「………诶?」

 

32:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)20:49:21 ID:uUdz0PRHP

ほう…

有点意思…

 

33:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)21:03:28 ID:MOZaDl5ts

次の休日、僕はなぜか咲子さんと街を歩いていた。

在下一个休息日,我不知道为什么和咲子桑一起走在了街上

 

……そう言えば、紹介が遅れていた。

花賀咲子さんは、僕の仕事場の同僚だ。小学生の時にドラえもんが道具の“ガールフレンド・カタログ”で見たことがあった。……もっとも、それを思い出したのは、ごく最近だが。

咲子さんは、職場では人気者だ。仕事が出来て、明るくて、世話好き。彼女がいるところからは、いつもみんなの笑い声が聞こえてきていた。

……这么说来,介绍稍微晚了一点

花贺咲子桑她,是我单位里的同事。在小学生时代哆啦A梦的道具的“女友目录”中曾经见到过

……不过也就是最近这段时间才想起这件事的

咲子桑她,在单位里非常受欢迎。又能干,又开朗,喜欢照顾人

她所在的地方,一直能够听到大家的欢笑声

 

僕は、咲子さんとは同期になる。同じ時期に入社したのだが、全然ダメな僕とは全然違う。

正直に言えば、少しだけ、嫉妬してしまってる。

我和咲子桑虽然是同期进入公司的,但她和废物一般的我完全不一样

说实话的话,我稍微有些嫉妒她

 

「――それでのび太くん。今から、どこに連れてってくれるの?」

「え、ええ?僕が決めるの?」

「当然でしょ。男なんだし」

「……それは偏見だよ……」

「いいから!ほら、さっさと決めて!」

無茶振りされても困る。こうやって女の人と出かけたことなんて、しずかちゃんぐらいしかないのに……

でも、咲子さんは何かを期待するように僕を見ていた。何か決めないと、またどやされる。

「——然后啊伸太君,你准备带我去哪里呢?」

「诶、诶诶?这个要由我来决定吗?」

「那还用说吗,你可是男人啊」

「……这是偏见啦……」

「好啦好啦!快点决定啦!」

就算被这么说我也很困扰啊

像这样和女的一起外出什么的,除了和静香酱以外都没有过啊……

不过,咲子桑正用一副很期待的样子看着我,不决定下来的话,又要被骂了

 

「……じゃあ……え、映画…とか?」

「う~ん……ちょっとベタすぎるけど……まあ合格ね。――さ!行きましょ!」

僕の前で一度クルリと回った咲子さんは、そのまま歩き出した。しかたなく、僕もそれに続くのだった。

「……那么……电、电影…之类的?」

「嗯~……虽然感觉有点太窝囊废了……嘛,还算是合格了。——那么!出发吧!」

在我面前转了一圈后的咲子桑,就那么大步地向前走了。没办法,我也跟在她后面走着

 

「」

 

36:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)21:40:59 ID:MOZaDl5ts

「――面白かったね!!」

「う、うん……」

「——真是有趣呢!!」

「嗯、嗯……」

 

映画館を出た後、咲子さんは上機嫌だった。よほど気に入ったようだ。

映画は、咲子さんが選んだ。というより、僕は何もしていない。映画館に着くなり、咲子さんは有無を言わさずその映画のチケットを購入したからだ。

在走出电影院后,咲子桑心情很好,看来她很喜欢这部电影

电影是咲子桑选的,不如说我什么都没做

到了电影院后,咲子什么也不让我说直接就买了那个电影的票

 

咲子さんが選んだ映画は、外国の恋愛ものだった。まあ、よくあるパターンの映画だから、内容は割愛しよう。

ただ、僕としては少し退屈なものだった。もちろん、それは彼女には言わないけど。だって彼女はこんなに上機嫌なんだ。それにわざわざ水を差すこともないだろう。

咲子桑选的电影,是国外的恋爱剧。嘛,因为是固定套路的电影,内容就不多提了

不过,从我的角度说感觉稍微有些无聊。当然,这可不能跟她说

毕竟她看上去那么开心,也没有必要故意去泼她冷水吧

 

「ねえねえ!次、どこ行こっか!」

「つ、次?ええと……」

「もう……女の子とデートするんだよ?デートプランくらい立ててよね」

「で、デート!?」

「呐呐!接着去再去什么别的地方吧!」

「接、接着?那就……」

「真是的……这可是和女孩子的约会噢?约会计划总该有吧」

「约、约会!?」

 

「何驚いてるのよ。当然じゃない」

「ま、まあそうなんだけど……」

……全然、そんな自覚なかった。昼過ぎに集まるように言われてたから、晩御飯まで時間つぶしのために映画を選んだんだけど……これは、デートだったのか……

「你在吃惊些什么啊,这不是当然的吗」

「嘛、嘛是这样没错啦……」

……完全没有这样的自觉

因为对我只是说中午过来集合,所以只是为了在晚饭之前打发掉时间才选了电影……

这个,原来是约会么……

 

「まあいいわ。じゃ、ついて来て」

「え?で、でも……」

「いいからいいから!ほら!」

咲子さんは、僕の腕を引っ張り始めた。人通りの多い道路を、僕らは歩く。すれ違う人は不思議に思うかもしれないな。笑顔で男を連れまわす女性と、腕を引っ張りまわされる男。

「嘛算了。那么、跟着我来」

「诶?但、但是……」

「好啦好啦!快跟着我走!」

咲子桑拉起我的手臂走了起来。我在人来人往的道路被拖着走着

擦身而过的人可能会感到不可思议吧。满脸笑容拖着男的走的的女的,以及手臂被拖着走的男的

 

(完全に、立場が逆だな……)

そうは思いつつも、なされるがままになるしかなかった。

(立场,完全变得相反了呢……)

虽然这么想着,但我并没有做出什么反抗,只是一味地被带着走

 

37:はなやに◆KQ12En8782: 2014/08/10(日)21:41:18 ID:teJwYILX7

咲子さんは知らねーだろうな。

のび太の射撃能力はゴルゴレベルだってことは。

咲子桑应该不知道吧

大雄的射击能力可是骷髅13等级的

 

38:十四年式◆IoGOmW4ms6: 2014/08/10(日)21:42:19 ID:yQP3EWzQ6

>>37

それ以前にあいつに勝てる銃使いいるか?

いたら教えてくれ

>>37

话说有比那家伙更牛的枪手么?

有的话告诉我

 

50:はなやに◆KQ12En8782: 2014/08/10(日)21:55:15 ID:teJwYILX7

原作でわかっているのび太の能力は、

祭りのオモチャとみられる銀玉銃なんぞで、

2メートルほど先の立てた鉛筆を外さない。

看了原作应该就知道,大雄的能力是

能够用祭典中被当作是玩具看待的银弹枪

射中2米远的立起来的铅笔

 

次元やゴルゴでも無理かもしれないねぇ。

如果要说次元的话,可能连骷髅也比不上呢

 

52:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)22:03:08 ID:MOZaDl5ts

「――ふ~。さすがに疲れたね。ちょっと休憩しよ」

少しだけ強く息を吐いた咲子さんは、ショッピングモールの片隅にあるベンチに座り込んだ。そして僕もまた、そこに座った。

「——呼~真的是累了,稍微休息一下吧」

深深地呼出一口气的咲子桑,坐在了商业街一角的长椅上,我也坐在了旁边

 

「……賛成」

さんざん町内を連れまわされた僕は、けっこう限界に来ていた。さすがの咲子さんも疲れたようだが……それでもまだ余裕がある。タフだな、この人。

「……赞成」

被一味地拖着走的我,也差不多要到极限了。虽然再怎么说咲子桑也应该累了

……不过看上去她好像还有些余裕的样子,真的是顽强啊,这个人

 

「私、ちょっと飲み物買って来るね」

「うん。分かった」

「待っててね!」

そう言い残し、咲子さんは走り去って行った。遠くなる彼女の背中を見送った後、上を見上げてみた。

ショッピングモールの天井は透かし窓になっていて、青い空が見えていた。雲はゆっくりと進んでいる。こんな日は河原で昼寝でもしたいものだが……

「我先去买点喝的噢」

「嗯,我知道了」

「等着我噢!」

这么说完,咲子桑跑了出去。目送完渐渐变小的她的背影后,我抬头望了望

商业街的天花板是透明的窗户,可以看见蓝色的天空,云朵正在悠闲地向前漂浮着

像是这样的日子,我明明是想要躺在河滩上睡着午觉的……

 

「……なんでこんなことになったのやら」

心の声が、漏れてしまった。

「……为什么会变成这样啊」

情不自禁地把心里话说出口

 

「――あら?」

背後から、何かに気付いた声が聞こえた。どこか、聞き覚えのある声だった。僕は無意識に、後ろを振り返った。

「——啊啦?」

背后传来了好像注意到什么那样的声音,是一个在什么地方听过的声音

我无意识地回过头

 

「ん?」

そこにいた人物を見た僕は、思わず立ち上がった。

「嗯?」

看到站在那里的人物的我,情不自禁地站了起来

 

「……しずかちゃん……」

「……久しぶりね。のび太さん……」

――実に、1年ぶりの再会だった……

「……静香酱……」

「……好久不见,伸太桑……」

——真的是,已经有一年没见了啊……

 

PS:下午如果没什么别的事情的话,应该会再发起一个新的中篇的有意思的故事,敬请期待。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月5日 02:30:10

    请问lu大:既然伸太是正确译名,那大雄又是怎么来的⊙▽⊙

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年2月5日 09:10:39

      =_=大雄是因为最初台湾那边翻译成“叶大雄”,但他们为什么这么翻就不知道了。 从文法角度翻过来应该是伸太才对

  2. mousoukyou
    mousoukyou 发表于: 2015年4月29日 22:43:15

    充满现实感的大人版的哆啦A梦宇宙……

    哪裡現實啦!這個現充無雙的大雄是怎麼回事啦!

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年4月30日 10:31:48

      2333333
      辛苦了!提过的地方都已经更正咯,感谢指出!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部