3Feb

『长篇故事・2ch』献给曾经最喜欢的妳的最后的情书(二十一)

时间: 2015-2-3 分类: 献给曾经最喜欢的妳的最后的情书 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1274604839/


 

上一章 目录 下一章

 

199: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:08:23.08 ID:0btUfFIo

誰も居ないかも知れないけどこっそり投下

虽然不知道有没有人在,偷偷地发一些出来吧

 

駅で君を迎えて帰りの車の中

このスレを立ててから気になっている事があった

在车站接上,开着车在回去的路上

在发了这个贴以后有一件比较在意的事情

 

それは、君やS、Hのことをネットを通じて不特定多数の人に晒したこと

守らなければならない大切に人を、裏切っているんじゃないか?

大事な友人達を、裏切っているんじゃないか?

完全にプライベートな事を晒している

那就是,我把妳、S以及H的事情通过网络暴露给了很多不认识的人

这算不算是对必须要保护的重要的人的背叛呢?

这算不算是对重要的朋友们的背叛呢?

完全把这种私人的事情暴露了出来

 

俺が良かれと思って書いたことでも、人によっては不快に思うこともある

どこのスレでも一度は書かれるプライバシー云々

就算是我觉得无所谓,但有些人可能不这么认为

在哪里的帖子都能见到诸如保护隐私这样的说法

 

他のスレ主さん達はみんなスルーしているけど、実際自分でスレ立ててみると

深く考えてしまう

君にそれとなく聞いてみる

虽然别的贴主大家都忽视了这件事,但真的轮到自己发贴后

总是不禁会往深处去想

于是不留痕迹地向妳问道

 

俺「あのさ、個人のブログとかで恋人との事とか晒している奴いるじゃん

ああゆうのどう思う?」(直接ここに書き込みしているとは言えなかったので)

君「どうって?」

我「那个啊,不是有些人在自己的个人博客上面晒着自己和恋人的事情么

  你是怎么看待那种人的?」(并没有直接说在这里发了这个贴)

妳「怎么看是指?」

 

俺「恋人との事を面白おかしく書いて、たくさんの人に公開したり

それも本人の知らないとこでプライベート晒したり

触れて欲しくない事が書いてあったりしたらどう?」

君「うーん。そりゃ自分の知らない所で変なこと書かれるの嫌だよ。」

やっぱりそうだよね

例え俺が感じた事を書いても、書かれた本人は変な事と認識したら嫌な事だよね

我「把和恋人的事情很愉快地写上去,向很多很多的人公开

  而且在当事人不知道的地方暴露出隐私

  写上恋人不愿意去提到的事情,你对这个怎么看?」

妳「嗯,确实如果在自己不知道的地方被写了什么奇怪的东西会觉得不太舒服呢」

果然是这样吗

就算我只是把自己所感受到的事情写出来,如果当事人认为不好那就是不好的事情呢

 

君「俺君ブログやってるの?」

俺「俺じゃなくて、たまにネットとかで話題に上がることあるから・・・

ちょっと気になってさ」

君「ふーん」

こんな会話があって、倫理的というか道徳的というか考えると君にこのスレ見せられない

自分勝手な我侭なんだけど・・・

妳「我君在玩博客吗?」

我「并不是我啦,只是偶尔在网络上之类的地方有这样的话题・・・

  所以稍微有点在意」

妳「哦」

有了这样的对话,感觉从伦理啊道德这方面的角度考虑,不敢给妳看

虽然只是我任性的想法・・・

 

でも、君の為に書いてるし君に読んで欲しい。そう思うとスレの削除依頼もできないし

いつかちゃんとした形で君に読んでもらう日まで封印しようと思い

続きを書くのを止めました

不过,毕竟是为了妳而写的,果然还是想要让妳看,所以也不能发出删贴请求

于是曾想过在能够以正确的方式送给妳读之前,把这个贴子封印起来

所以有段时间没有继续写下去

(lu:十四章的115楼,楼主曾经说过贴子因为某种原因无法继续写下去)

 

200: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:08:47.00 ID:0btUfFIo

その後、俺達は婚姻届けを書くとゆう独身最後の共同作業を実家で行う

証人は俺の両親になってもらった。その両親の印鑑をもらうため

車に君を乗せて一旦俺の実家へ行く

実家では俺の両親が君を暖かく迎えてくれた

在那之后,为了完成名为「写婚姻申请书」这个在单身时的最后的共同作业

我们前往到了父母家里,为了让作为证人的父母在上面盖章

接上妳,我们首先来到我的父母家,到家后妳受到了我父母热情的欢迎

 

婚姻届は金曜日のうちに俺が役所に取りに行ってきた

婚姻届にまず俺が名前を書き、その後に君が名前を記入する

婚姻申请是星期五那天我去市役所拿的

在结婚申请书上先写上了我的名字,在那之后也写上妳的名字

 

ここまでは良かった

次に俺が住所を記入している時だった

到这为止都没什么问题

然而在我正要写地址时

 

君「それ、どこの住所?」

俺「ん?・・・あっ!間違えて会社の住所書いちゃったorz」

君「どーするの?1枚しか貰ってきてないんだよ」

俺「うーん・・・困ったなぁ・・・

いやまて、こうゆう時は、こうやって上に線引いて、必殺訂正印!」

妳「这个,是什么地址啊?」

我「嗯?・・・啊!糟了!写错写成公司的地址了orz」

妳「怎么办啊?这个你只拿了一张吧」

我「是啊・・・真是困扰啊・・・

  不不等等,像是这种时候,只要在上面划一条线,然后用这个必杀订正印!」

 

君「それ、大丈夫なの?」

俺「公文書偽造している訳じゃないから大丈夫じゃない」

君「・・・」

君は苦笑いをしていた

妳「这样没问题吗?」

我「又不是在伪造公文,没问题的吧」

妳「・・・」

妳只是苦笑了一下

 

201: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:09:31.34 ID:0btUfFIo

その後またやらかしてしまった

俺の両親の名前と続柄書いている時

在那之后我又犯傻了

在写上我的父母的名字以及血缘关系时

 

俺「やべっ、また間違えた」

君「えっ!また?」

俺「親父の名前のとこ俺の名前書いちゃったorz

必殺訂正印!!」

我「糟糕,又写错了」

妳「诶!又来?」

我「在父亲名字那一栏写上了我的名字orz

  必杀订正印!!」

 

君「しっかりしてよー」

俺「ゴメンゴメンww」

その後もまたまたやってしまった

妳「小心一点啊真是的~」

我「抱歉抱歉ww」

在那之后又犯错了

 

俺「続柄は、『次男』でっと」俺次男なんで

君「普通そうゆうの『二男』って書かない?」

俺「そうなの?『次男』じゃダメ?」

君「自信ないけど、確か『二男』だったよ」

ネットで婚姻届の書き方見てみる

『二男』だったorz

我「血缘关系的话,应该是『次男』吧」,我是第二个生下的男孩

妳「正常这种不是应该写上『二男』的吗?」

我「是这样吗?『次男』不行吗?」

妳「虽然也不是很有自信,不过记得确实是『二男』噢」

于是上网查了一下婚姻申请书的写法

还真是『二男』orz

 

俺「・・・仕方ない、必殺訂正印!!!」

君「婚姻届ぐちゃぐちゃになってくー」

最初楽しく書いていたけれど、だんだん君の笑顔が無くなっていく

我「・・・没办法,必杀订正印!!!」

妳「婚姻申请书都被涂的乱七八糟的啦!」

虽然一开始还很好玩,不过慢慢妳的脸也上失去了笑容

 

202: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:10:30.08 ID:0btUfFIo

その後も、証人の俺の両親が「老眼でよく見えないからお前が書け、印鑑だけ押してやる」って言うもんだから

俺が書いてたら証人欄の親父の名前の所にまた俺の名前書いたり

連絡先の電話番号を間違えたりして訂正印だらけの婚姻届になってしまった

在那之后也是,因为作为证人的我的父母

「老眼昏花了,还是你来写吧,印章给你」这么跟我说

所以由我来写,但是在证人那一栏的父亲的名字又写成了我的名字

住所的电话号码也是写错,搞得婚姻申请书印满了订正印

 

君「俺君本当は結婚する気が無いんでしょ」ちょっと冷たい目

俺「初めて書いたからちょっと間違えただけじゃんww」

君「ちょっとじゃ無いしょ・・・

こんなの役所もっていて受理してくれるの?」

俺「嘘は書いていないからたぶん大丈夫?だと思う」

妳「我君其实根本没有和我结婚的打算吧」稍微有些冰冷的眼神

我「只是因为是第一次写,稍微弄错了一下而已啦ww」

妳「这哪里是稍微的程度啊・・・

  像这样的申请书,市役所真的肯受理吗?」

我「上面又没有造假,大概没问题?吧」

 

君「だって・・・訂正印だらけだよ」

俺「俺達みたいじゃん。二人の関係だって間違いや勘違い、擦違いを一つずつ訂正して行ったしょ

だから結果的に一つになれたんだからさ」

君「なんかうまいこと言って誤魔化してない?」

俺「そ、そんなことはございませんww」

結局、訂正印が5箇所ほどある婚姻届になってしまった

妳「因为啊・・・你看这已经到处都是订正印了吧」

我「那不是正像我们一样嘛,我们俩的关系不也是充满了错误与误会,

  但最后不也是一个一个改正过来,所以最终才能走到一起不是么」

妳「总感觉你只是在说一些漂亮话来掩盖吧?」

我「才、才没有这回事呢ww」

结果最后,整个申请书上面足足盖了5个订正印

 

203: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:11:20.51 ID:0btUfFIo

翌日の月曜日、俺の仕事の合間に二人で役所に婚姻届を提出しに行った

然后在第二天的星期一,我们趁着我工作的休息时间来到了市役所提交申请书

 

俺「訂正印だらけなんですけど大丈夫ですか?」

役所の戸籍係の人は、さっと婚姻届に目を通す。なんとなく顔が笑っているように見える

我「上面盖满了订正印,这没问题吗?」

市役所受理户籍的工作人员看了一眼婚姻申请书

总觉得他的脸上好像在笑一样

 

役「たぶん大丈夫だと思いますけどー・・・

そちらに掛けてお待ちください」

君「大丈夫かな~」

俺「大丈夫だよ、たぶん・・・

それよりさっきの担当の人、笑ってなかった?」

工作人员「应该没问题吧・・・ 你们先在这里坐一会等一下」

妳「真的没问题吗~」

我「没问题的啦,应该・・・

  话说刚才那个负责的人,是不是在笑啊?」

 

君「そりゃあんな訂正印だらけの婚姻届出したら笑われるって」

俺「だよなーorz」

しばらく待っていると名前を呼ばれた

妳「那肯定啦,提交那种盖满了订正印的婚姻申请,不被笑才怪咧」

我「也是呢~orz」

过了一会儿听到有人喊我们的名字

 

役「婚姻届受理されましたよwwおめでとうございますww」

俺・君「ありがとうごさいましたww」

こうして二人は晴れて夫婦になることができました

工作人员「婚姻申请已经被受理了噢ww恭喜噢ww」

我・妳「非常感谢ww」

就这样,我们可喜可贺地成为了夫妇

 

204: ◆m2dLb3zhoU: 2010/07/20(火) 19:11:41.74 ID:0btUfFIo

今回の教訓、大事な書類は複数用意すること

でも、訂正印だらけの婚姻届も二人の大切な思い出になるでしょう

通过这次的事情得到的教训是,重要的资料一定要准备多几张

不过,就算是这样的盖满了订正印的婚姻申请书,总有一天也会变成我们宝贵的回忆吧

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. mousoukyou
    mousoukyou 发表于: 2015年4月29日 20:13:26

    君「どうって?」

    結局、訂正印が5箇所ほどある婚姻届になってしまった

    少了兩句

  2. Ficatsh
    Ficatsh 发表于: 2015年8月8日 11:21:30

    笑了,,

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部