4Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(三)

时间: 2015-2-4 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

54:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)22:17:29 ID:MOZaDl5ts

「本当に久しぶりだね。今日はどうしたの?」

「……ちょっと職場の買い物。のび太さんは?」

「……僕も、買い物だよ」

「………」

「………」

「真的是很久没见了呢,今天是过来?」

「……因为工作的关系过来买点东西,伸太桑呢?」

「……我也是,过来买点东西噢」

「………」

「………」

 

沈黙が、僕達を包んでいた。

本当は色々と話したいことがあった。ジャイアンのこと。スネ夫のこと。僕のこと。そして聞きたかった。しずかちゃんのことを……

だけど、こうして思いがけず会うと、なぜか言葉たちが引っ込んでしまっていた。

それでも、言葉こそないが、とても懐かしい雰囲気だった。とても心地よい、あったかい雰囲気だった。

一时间两人都沉默了下来

其实是想要多聊一些各种各样的事情的,像是技安啊、小夫啊、我啊

另外也想听一下静香酱的情况……

然而,一旦像这样出乎意料的碰面,不知为何话却卡在喉咙里说不出来

不过,虽然双方一言不发,但却能感觉到一种非常怀念的氛围

非常舒适、温暖的氛围

 

ただ、いつまでもこうして黙っておくわけにもいかなかった。

不过,也不能一直这样沉默下去呢

 

「……しずかちゃん、仕事忙しそうだね」

「う、うん……休みがほとんどないわ」

「そっか……大変だね」

「うん。でも、とても充実してるわ」

「……静香酱,工作好像很忙的样子呢」

「嗯,嗯……基本没什么休闲时间呢」

「这样啊……辛苦你了」

「嗯,不过,感觉非常充实噢」

 

「そっか……。――あ、でも、体には気をつけてよ?忙しい時こそ、体調を壊しやすいんだし」

「そのあたりは大丈夫よ。相変わらず心配性ね、のび太さん。フフフ」

「しずかちゃんこそ。相変わらずだね。フフフ」

「………」

「………」

……再び、沈黙が訪れた。

「是嘛……——啊,不过,要多注意身体噢?在这种繁忙的时候,身体更容易生病噢」

「那方面的话没问题啦,一如既往的爱操心呢,伸太桑,嘻嘻」

「静香酱才是,跟以前一模一样呢,嘿嘿」

「………」

「………」

……沉默,再次降临

 

61:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)22:56:22 ID:QyGKDM7Sh

>>54いざ会うと話ができないって結構あるんだよな

>>54真的是一旦真的见面,说不出话的情形很多呢

 

55:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)22:20:01 ID:yWA0cmbm4

大人版の光景、脳内再生が難しいな

大人版的场景,很难在脑中再生出来呢

 

てか、なんかしっとりだな

不过,总感觉气氛很安详呢

 

56:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)22:26:55 ID:mevkK7y9r

・・・・

・・・・

 

58:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)22:33:54 ID:MOZaDl5ts

流れる沈黙の中で、必死に自分を奮い立たせていた。今しかない。今しか、チャンスはない……

震える唇を噛み締めて、ようやく、声を絞り出した。

在这种沉默的氛围的包围之中,拼命的鼓励着自己

只有现在了,机会,只有现在……

紧紧地咬着颤抖着的嘴唇,总算是挤出了一点声音

 

「……ええと、しずかちゃん」

「……なぁに?」

「こ、今度、二人でご飯でも―――」

「……那个,静香酱」

「……嗯?」

「下、下次、要不要两人一起去哪吃——」

 

「――ごめんしずか!資料がなかなか見つからなくて!待たせてしまっ―――」

「―――」

……あと少しのとこまで来ていた言葉は、再び喉の奥へと逃げていった。いや、正確には、飲み込んでしまった。

しずかちゃんの元に駆けよって来た、その人物を見たせいで―――

「——抱歉静香!因为资料找了好久都没找到!让你久——」

「——」

……差一点就能说出来的话,再次跑回了喉咙深处。不,正确的说,是咽回去了

 

「……で、出木杉……」

「……野比、くん……」

「で、出木杉さん……」

「………」

三人とも、言葉を失ってしまった。まるで石になったかのように、全員動けずにいた。

――そんな僕らに向かって、更に声がかかった。

「……出、出木衫……」

「……野比、君……」

「出、出木衫桑……」

「………」

三个人一齐失去了话语,仿佛成为了雕像一般,所有人都一动不动

——在这时,又有一个声音传到了我们这个方向

 

「――のび太くんお待たせ!自動販売機が思ったより遠く…て……」

「……さ、咲子さん……」

「………」

その場に固まるのが、4人に増えてしまった。

「——伸太君让你久等了!自动贩售机比想象中的还要远……诶……」

「……咲、咲子桑……」

「………」

在那个场面硬直下来的人,又多了一个

 

60:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)22:46:35 ID:MOZaDl5ts

「……やあ野比くん。久しぶりだね」

沈黙の中、一番最初に口を開いたのは出木杉だった。

「……呀啊,野比君,真是好久不见了」

在沉默之中,最先开口的是出木衫

 

「あ、ああ。久しぶりだね……」

「今日は、出木杉さんと職場の備品を買いにきてたのよ……ね?出木杉さん?」

「そうなんだ。しずかと、二人きりで、ね……」

「………」

「啊、啊啊,好久不见了呢……」

「今天,是和出木衫一起过来买职场的预备品的……对吧?出木衫桑?」

「对。和静香,单独两人,呢……」

「………」

 

久々に会った出木杉は、しずかちゃんを呼び捨てにしていた。そして、二人で出かけていたことを、やけに強調させる。

今の彼は、以前会った時とは全く違う。――まるで、僕に対して、威嚇をするようだった。

许久不见的出木衫,已经开始直呼静香酱的名字了,而且刻意强调了是「两人」一起

现在的他,跟以前见到那时已经完全不一样了

——仿佛像是在威慑我一样

 

「……ところでのび太さん。その人は?」

しずかちゃんは僕の背後に立つ咲子さんに視線を向けた。

「……话说回来,伸太桑,那个人是?」

静香酱的目光转移到了我背后的咲子桑上面

 

「あ、ああ。この子は……」

「―――ッ」

そう言いかけたところで、咲子さんは僕の前に出た。そして、しずかちゃんの正面に立ち、少し速めに一度だけ会釈をした。

「啊、啊啊,这个人是……」

「——」

话没说完,咲子桑就走到了我前面。然后正面站到静香酱面前,快速地点了点头

 

「……初めまして。私、花賀咲子といいます。のび太くんとは、職場の同僚です」

「え、ええ……はじめまして。源しずかです。よろしく」

「……出木杉です。花賀さんは、野比くんとお出かけかな?」

「ええそうですよ。今日は、二人で出かけてるんです。」

「……初次见面,我的名字是花贺咲子,和伸太君是职场的同事」

「啊、啊啊……初次见面,我是源静香,请多指教」

「……我是出木衫。花贺桑是和野比君外出吗?」

「啊啊,对噢。今天我们俩一起出来的」

 

「………」

「のび太くん。もう行こ」

「え?――あ、ちょ、ちょっと――」

咲子さんは、僕の手を強引に掴み、ツカツカとその場を離れはじめた。慌ててしずかちゃんの方を見る。しずかちゃんは、一度僕に視線を送り、そのまま出木杉と歩いて行った……

「………」

「伸太君,走吧」

「诶?——啊,稍、稍微等——」

咲子桑强硬地拉起了我的手,毫无顾忌地准备离开这里

慌慌张张地看了一下静香酱那边。静香酱看了我一眼后,也跟着出木衫离开了……

 

67:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/10(日)23:31:32 ID:MOZaDl5ts

「………」

「……さ、咲子さん……?」

「………」

「……ね、ねえ……」

「………」

「………」

「……咲、咲子桑……?」

「………」

「……呐、呐……」

「………」

 

(……まいったな……)

(……真是困扰啊……)

 

さっきから、ずっとこの調子だ。

それまでの上機嫌とは打って変わって、とにかく不機嫌になっている。こうやって僕の前をただ歩き。一言も口にしない。

本当はしずかちゃんが気になったけど……しばらく僕の手を放してくれなかったし、こんな調子の彼女をほっとくわけにもいかず、結局しずかちゃんとの久しぶりの再会は、ほんのわずかな時間しか叶わなかった。

从刚才开始,就一直是这副模样

本来很好的心情好像瞬间发生了变化,总之现在看起来心情很糟的样子

只是像这样一味地拉着我的手走在前面,一句话也不说

虽然说实话我比较在意静香酱那边……但看这样子暂时应该不会放开我的手了

也不能将这副状态的她放置不管,所以与静香酱这久违的再会,只有这么短短的一小会儿

 

「……さっきの人、誰?」

「え?」

「さっきショッピングモールにいた人!!誰!?」

「ええと……」

……そうか、出木杉か。確かにあいつ、かなりのイケメンになってたな。身長だって高いし。

この世の中、イケメンこそ、男の中でもっとも位の高い身分なのだ……

「……刚才的那个人,是谁?」

「诶?」

「就是刚才在商业街的那个人!!谁!?」

「那个……」

……对了,是在说出木衫吧。确实那家伙长得是很帅,个子也够高

在这个世界中,帅哥才是男人的最高的身份呢……

 

「……あいつは出木杉って奴で、大手の企業に勤めてて……」

「――そうじゃなくて!!」

そう叫ぶと、彼女はようやく足を止めた。そしてしばらく黙り込み、ゆっくりと振り返った。

「……那个人是说出木衫么,他在大公司里工作……」

「——不是那个!!」

这么叫完以后,她终于停下了脚步。然后沉默了一会儿以后,慢慢地转过头来

 

「……あの女の人……誰よ……」

「……え?」

「」

「……那个女人……是谁啊……」

「……诶?」

「」

 

68:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)23:33:20 ID:czUPByO5w

即興で書いてんのか?

凄いな

是即兴创作吗?

太厉害了吧

 

70:名無しさん@おーぷん: 2014/08/10(日)23:35:18 ID:yWA0cmbm4

>>68

たぶんそうだろうね

時間かかってるし

昨日の奴もだいぶん時間かかってた

>>68

大概是这样吧

发贴间隔很长

昨天那个也是花了很多时间

 

69:十四年式◆IoGOmW4ms6: 2014/08/10(日)23:34:32 ID:GKaLP62re

のび太鈍感すぎwwww上条さんかよwwww

大雄迟钝过头了吧wwww是当麻么wwww

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. ryu
    ryu 发表于: 2015年2月4日 13:16:30

    为什么是静安,不是技安

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年2月4日 14:21:27

      我记错了,确实应该翻译成技安才对…… 因为静安、技安都是音译,所以真要说两个应该都可以。不过确实翻译成中文时一般都是“技安”呢,已经改过来咯,感谢指出

  2. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月5日 02:32:07

    修罗场预感

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部