7Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(六)

时间: 2015-2-7 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

99:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)01:11:34 ID:urbDGZkm7

「――のび太くん……今日はどうしたの?」

休憩時間にジュースを飲んでいると、咲子さんが聞いてきた。

「——伸太君……你今天是怎么了?」

休息时间正在喝着果汁时,被咲子桑这么问道

 

「え?何が?」

「いやだって……なんか、いつもと全然違うし……」

「そうかなぁ……」

「うん!全然違う!なんかこう……生き生きしてる感じがする!」

「诶?什么怎么了?」

「不……总觉得,和平时的样子不太一样……」

「是这样吗……」

「嗯!完全不一样噢!总觉得有一种……生气勃勃的感觉!」

 

「……まあ、がっかりさせないようにしないといけないしね」

「なんのこと?」

「……なんでもないよ。でも、そんなに変かな?」

「う、うんうん!全然変じゃない!むしろ―――!!」

そう言うと、咲子さんは固まってしまった。

なんか、目をパチクリさせてる。

「……嘛,毕竟不能让他失望呢」

「你在说什么啊?」

「……什么都没有噢。不过,看上去有这么奇怪吗?」

「不、不不!完全不奇怪噢!不如说——!!」

这么说完,咲子桑突然呆掉了

不知为何,不停地在那里眨眼

 

「……?どうしたの?」

「な、なんでもない!!なんでもないから!!」

「え?でも、顔赤いよ?」

「~~~ッ!!な、なんでもないの!!」

そして咲子さんは、そのままどこかへと走り去って行った……

「……?怎么了啊?」

「什、什么都没有!!什么都没有啦!!」

「诶?但是,脸看上去很红噢」

「~~~!!什、什么都没有啦!!」

这么说完,咲子就这样跑到不知道什么地方去了……

 

「……なんなんだ?いったい……」

「……什么啊?到底……」

 

100:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)01:13:42 ID:QoX8DxHrU

咲子さんヤンデレ説

咲子桑病娇化一说

 

101:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)01:14:40 ID:G4rAg6KBP

咲子さん。。。のび太鈍感すぐる

咲子桑。。。大雄的迟钝还真是出类拔萃的

 

104:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)01:34:12 ID:urbDGZkm7

仕事帰り、いつもの帰宅コースを大きく外れ、僕はいろんなところを通りながら歩いていた。

理由はもちろん、彼を探すためだ。

工作回家途中,我没有走在往常回家的道路上,而是到处都转了一遍

理由当然不用说,是为了寻找他

 

(……やっぱりいない、か……)

(……果然不在,吗……)

 

キョロキョロと付近を見渡しながら歩く姿は、もしかしたら不審者のように見えるかもしれないな。

やはり、何か姿を見せることが出来ない理由があるのだろうか……

気にはなったが、いくら考えても答えなんて出るはずもなかった。

边走着边东张西望地观察着附近的姿态,可能会被人当作是可疑人物呢

果然是,有什么不能让我看见他的理由在里面吗……

虽然是很在意,不过就算再怎么想也不可能想出什么答案来

 

それでもしばらく探し回って、家に帰った。

不过依然还是把该找的地方都转过一遍后,才回到了家里

 

105:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)01:34:50 ID:urbDGZkm7

帰りつくと、家の郵便受けには、また、一通の便箋があった。

回到家以后,家里的信箱中,又多了一个信封

 

「―――!!ドラえもん!?」

慌てて家の中に家の中に駆け込み、鞄を放り投げて、立ったまま手紙を開く。

「——!!哆啦A梦!?」

慌慌张张地冲进了家里,把公文包甩在一边,就这么站着直接打开了信纸

 

――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

 

のび太くんへ

致伸太君

 

今日はどうだった?久々に充実しなかった?

それが、生きるってことなんだよ。

疲れたかもしれないけど、毎日を一生懸命過ごせば、毎日が輝くんだよ。

今天怎么样?有没有觉得很久没这么充实过了?

这种感觉,就叫做活着噢

虽然可能会比较累,但如果能够每一天都这么努力度过的话,每一天都会发出耀眼的光辉的噢

 

確かに、一生懸命頑張っても、叶わないこともある。

だけど、その途中で経験したことは、必ずキミの大きな財産になるんだ。

确实,就算拼命努力,也可能会有无法实现的愿望

但是,在那途中你所经历的东西,总有一天会成为你宝贵的财产

 

僕は、キミのことを手伝うことは出来ない。

だから、キミがやらなくちゃいけない。

そして何かあれば、責任も取らなくちゃいけない。

我没有办法在旁边帮助你

所以,你必须要靠自己

然后如果发生了什么的话,你必须要自己去承担责任

 

だけど、頑張っていれば、きっと誰かが助けてくれるから。

キミの頑張りを、きっと誰かが見てくれているから。

そこに、大きな意味があるんだよ。

但是,如果肯努力的话,肯定会有人帮助你的

你的努力的姿态,一定会有人在一旁看着的

这蕴含着莫大的意义在里面

 

頑張れ!のび太くん!

僕にはそれしか言えないけど、頑張れ!のび太くん!

頑張れ!

所以努力吧!伸太君!

虽然我只能说这个,但让我再重复一遍。加油!伸太君!

加油!

 

―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――

 

「……ドラ……えもん………ドラえもん……!」

――涙が、溢れて来た。

「……哆啦……A梦………哆啦A梦……!」

 

ドラえもんの言う通りだった。今日一日は、とても充実していた。

どうしようもなくて、毎日がつまらなくて、いつも周りに流されていた。

そんな僕を、彼は助けてくれた。

姿はなくても、声は聴けなくても、彼は、僕に手を差し出してくれた。

和哆啦A梦说的一样,今天一天过得真的是非常充实

每天都过着这种拖拖拉拉,平淡无奇只是随波逐流的日子

他把这样的我,从里面拉出来了

就算是看不见,听不见,他依然对我伸出了手

 

……それがとても嬉しくて、とても暖かくて、僕は、その場で何度も何度も手紙を読み返した。

……因为实在是太高兴、太温暖,我当场将那个信纸反反复复地读了很多很多遍

 

気が付けば、手紙の文字は滲んでいた。だけど彼の言葉は、間違いなく僕の心に刻み込まれていた。

意识到时,信纸上的文字已经变得模糊了起来

然而他的话语,却毫无疑问深深地刻在了我的心里

 

112:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)01:43:42 ID:urbDGZkm7

それから、定期的に手紙が届くようになった。

届くスパンには差があったが、いつも気が付いたら郵便受けに入っていた。

在那以后,每隔一段时间都会收到信纸

虽然每次收到的间隔有所差别,但每次在意识到时信纸已经在信箱里了

 

手紙は、いつも新しかった。

書き溜めをしていたとも思えない。

つまりドラえもんは、この時代に、僕の近くにいる。

信纸看上去一直都很新

感觉不像是事先写好的

也就是说,哆啦A梦,现在就在这个时代,在我附近的地方

 

ジャイアンとスネ夫にこのことを話すと、その次の休日に、三人で街中を探し回った。

……でも、やっぱりドラえもんの痕跡一つなかった。

和技安以及小夫说了这件事情后,在下个休息日,我们三人一起上街到处寻找

……不过,果然无法找到有关哆啦A梦的丝毫痕迹

 

誰かが、ドラえもんの代わりに手紙を書いてるのかもしれないとも思った。

でも、何度見ても、その字はドラえもんのものだった。

也想过,有可能是谁代替哆啦A梦写下了这个信纸

不过,不管是看几次,怎么看那都是哆啦A梦的笔迹

 

119:◆IAvTSYr7MA: 2014/08/11(月)08:58:31 ID:Q3wyrm57M

「――じゃあ、その昔の友達から10年ぶりに手紙が来たのが、最近ののび太くんの変わり様の原因ってことか……」

街角のカフェで、コーヒーを飲みながら咲子さんは呟く。

「——那么,也就是说那个以前的朋友久违10年的来信,才是造成最近伸太君这种变化的原因吗……」

在街角的咖啡屋,正在喝着咖啡的咲子桑这么小声说道

 

今日僕達は、職場の備品を買いに来ている。前のしずかちゃん達と同じ状況だが……正直、大した買い物じゃない。仕事の途中で買うことも出来るレベルだった。

しかしまあ、咲子さんの強い要望(ほぼ強制)により、なぜだかこうして、休日に買いに来ていた。

今天我们是过来买工作单位的预备品的,虽然和之前静香酱他们是同样的情况不过

……说实话,并不需要买很多东西,是那种就算在上班路上顺便买下也没问题的等级

不过嘛,因为咲子桑的强烈要求(几乎是强制),

不知怎的就变成了现在这样子,休息日出来买东西了

 

そして、突然彼女は切り出してきた。

最近、何があったのか――

なんとか誤魔化そうとしたが、彼女に圧倒された僕は、こうして、ことの顛末を説明したのだった。

然后,她突然就提出了这个问题

最近发生了什么?—— 这样

虽然本来想要糊弄过去的,但被她的气势所压倒的我,还是像这样说明了整个事情的缘由

 

「原因って……それと、友達って言うより、家族に近いよ」

「ふ~ん……。でもその人、優しいね。姿は見せなくても、そうやってのび太くんを見守ってるし」

「……うん。とっても、優しいんだよ……」

「――まるで、のび太くんみたいね」

「原因什么的…… 而且,他与其说是我的朋友,不如说是我的亲人更贴切」

「这样…… 不过那个人,很温柔呢。就算看不见身影,也会像这样在一旁关心着伸太君」

「……嗯,非常非常地,温柔噢……」

「——仿佛跟,伸太君一样呢」

 

「……え?」

「のび太くんみたいに、とっても優しい」

「い、いや、僕は……」

「謙遜しなくていいのよ。だって、私は覚えてるもん。この会社に、入った時のこと……」

「……诶?」

「像伸太君这样,非常地温柔」

「不、不……我的话……」

「不用谦虚也是可以的噢。我可是记得很清楚的,在刚刚来到这个公司的时候……」

 

120:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)09:25:40 ID:jOfUIcyGj

現在までのルート

咲子END

しずかEND

→ジャイ子END

至今为止的路线

 咲子END

 静香END

→技子(胖妞)END

 

121:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)10:00:02 ID:Det4oW7yH

咲子に一票

给咲子投一票

 

122:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)10:10:11 ID:hZSKbtB6r

のび太じゃない誰かの人生なら、咲子さんルートでも十分すぎるハッピーエンドだよね

ある意味ではのび太の場合しずかちゃんていう高嶺の花をゲットする意外

真エンドとはみなされない、人生ハードモード

如果不是大雄而是其他人的人生的话,就算是咲子桑已经足够Happy End了

从某种意义上说,大雄这种的能够得到静香酱这种高岭之花还比较意外

无法被看作True End的,人生的困难模式

 

PS:从明天开始这篇故事的更新时间调整到晚上

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 切江
    切江 发表于: 2015年2月7日 14:44:37

    果然对于大雄哆啦A梦才是真爱啊= =

  2. ryu
    ryu 发表于: 2015年2月7日 18:24:33

    边读着信变脑补哆啦酱的声音

  3. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月8日 03:07:16

    我支持咲子路线

    • hentai
      hentai 发表于: 2015年2月19日 12:18:34

      我也是

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部