9Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(八)

时间: 2015-2-9 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

146:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)12:54:45 ID:p47Ruh7JC

――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――

 

のび太くんへ

致伸太君

 

キミは、色んな人と出会ってると思う。

その中で、自分のことが分からなくなったり、どうするべきか悩んだりすると思う。

我想,你一定跟各种各样的人相遇过了吧

在那之中,你或许会变得搞不懂自己,不知该如何是好

 

だけどのび太くん。

そんな時は、思い切り悩んでいいんだよ。

不过啊,伸太君

在那样的时候,只要尽情地去烦恼就好了噢

 

キミの人生は、キミだけのものだ。

思い切り悩んで、それでも決めたことに、僕は何も言わないよ。

だって、きっとのび太くんなら、いい方向に決められるって信じてるから。

你的人生,是只属于你自己的东西

如果是在尽情烦恼之后做出的决定,我不会有任何意见

因为我相信,如果是伸太君的话,一定能做出一个好的选择的

 

でもね、のび太くん。

絶対に、逃げちゃだめだよ。

逃げた先には、たぶん後悔しか残らないんだよ。

何かのせいにしたり、自分を恨んだりしちゃうかもしれないんだ。

但是啊,伸太君

绝对不可以逃跑噢

在逃跑这条道路的尽头,大概只会留下后悔而已

可能会变得只会一味地推脱责任,憎恨起这样的自己

 

のび太くんには、そんな思いはしてほしくないな。

我不想让伸太君品尝这样的滋味

 

だから、いっぱい悩みなよ。

悩んで悩んで、悩み抜いて、キミだけの答えを見つけてね。

所以啊,尽可能地去烦恼吧

在不停地烦恼后,从烦恼中走出来,找到属于自己的答案吧

 

キミの未来は、キミが作るんだから。

你的未来,是由你来创造的

 

――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――

 

(……まいったな。全部、お見通しってわけなんだね……)

(……真是败了呢,全部都被看穿了么……)

 

それでも、少し楽になった気がする。

不过,感觉稍微舒服了一些

 

(僕の未来は、僕が作る……か……)

(我的未来,由我自己创造……吗……)

 

ドラえもんの手紙を思い出しながら、静かに部屋の電気を消す。

暗くなった部屋には、外からの月の光が射し込んでいた。

太陽よりも弱いけど、とても優しい光だった――

边回想着哆啦A梦的来信,边静静地关上了灯

安详的月光射进了漆黑的房间

虽然比太阳光要弱得多,但是是非常温柔的光——

 

147:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:02:39 ID:RU7fdRIgP

もしかしてドラえもんって

难不成哆啦A梦是

 

148:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:04:35 ID:IM7DaUkxk

出木杉くんがドラえもんを。。。

出木衫把哆啦A梦。。

 

 

なんてなw

开玩笑的w

 

149:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:07:11 ID:RU7fdRIgP

そして>>148の予想が的中し、>>1はやる気をなくした。

以降、>>1がSSを書くことは無かった

然后,148楼猜中了楼主的后续,楼主失去了继续写下去的欲望

在这之后,楼主再也没有写过二次创作了

 

ー完ー

ー完ー

 

150:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:11:36 ID:IM7DaUkxk

>>149 やめいw

>>149别这样w

 

151:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)13:12:31 ID:p47Ruh7JC

>>149

当たってたら変えるから大丈夫

思いつきだから、どんどん修正できるのさ

>>149

就算是被猜中也会改变后续剧情的所以没问题

因为是即兴创作,随时都可以做出调整

 

「――おっはよー!」

「お、おはよう……」

「もうのび太くん!朝から元気ないぞ?朝の挨拶は大切だからね!

――じゃあ、今日も1日頑張ろー!!」

「——早上好!」

「早、早上好……」

「真是的伸太君!一大早就这么没精神!早晨的问候可是很重要的噢!

 ——那么,今天也好好努力吧!!」

 

咲子さんは、いつもに増して元気いっぱいだった。とてつもなく、上機嫌だった。

彼女に圧倒されていると、彼女を見た男性社員の話し声が聞こえてきた。

咲子桑看上去比平时更有精神,心情好像非常好的样子

被她的气势所压倒后,听见了目光望向她的男同事们的说话声

 

「なんか、すげえ上機嫌だよな」

「うん。なんというか、電池を新しく入れ換えたような……」

「ていうか、花賀、前にも増して可愛くなってないか?」

「男でも出来たんじゃねえの?」

「总觉得,心情好像不是一般的好呢」

「嗯,怎么说呢,像是换上了新的电池一样……」

「话说,不觉得花贺比以前看起来更可爱了吗?」

「交上男友了吧?」

 

「マジで!?俺、狙ってたのに……」

「俺もだよ!その男、どんな奴なんだろうな……」

「見つけたら、血祭りだな……」

……あのことは、誰にも相談しないでおこうと、固く心に誓った。

「真的假的!?可恶,明明我老早就盯上了……」

「我也是啊!不知道男方究竟是什么样的家伙呢……」

「如果找到的话,绝对要血祭……」

……那件事情可千万不能对别人说,我暗暗地发誓道

 

152:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:14:30 ID:RU7fdRIgP

狙う奴が多かったのか……

大人になった花賀さんどんぐらいかわいいんだりうか

被很多人盯上了么……

长大后的花贺桑到底有多么可爱呢

 

153:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)13:15:04 ID:IM7DaUkxk

血祭りwwwww

血祭wwwww

 

157:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)13:58:16 ID:p47Ruh7JC

「――夏だあああああ!!!」

「――海だあああああ!!!」

「……暑いんだぁぁ…………」

「——这就是夏天!!!」

「——这就是海!!」

「……热死了…………」

 

「――もう!なんだよのび太!ノリが悪いぞ!」

「そうだぞのび太!ジャイアンの言うとおり!」

「久々の海なんだよ……日射しって、こんなに痛かったっけ……」

「——什么啊,大雄!一副无精打采的样子!」

「是啊大雄!技安说的没错!」

「真的是久违的海啊……日光的射线,原来是这么火辣的东西么……」

 

この日、僕はジャイアンとスネ夫と、海に来ていた。

発案者は、もちろんジャイアンだ。

なんでも、仕事はそれなりにストレスが溜まるとかなんとか。で、僕達が誘われたわけだ。

这一天,我和技安与小夫一起来到了海边

提案者自然是技安

说什么,因为工作积累了不少压力过来放松下,于是就叫上了我们

 

「夏は暑いの!これでいいの!」

「よっジャイアンっ!夏男っ!」

「……ほんと元気だね、二人とも……」

この二人が、ここまで元気がいいのには、理由がある。

それは……

「不热还是夏天么!要的就是这种感觉!」

「好咧,技安!夏男!」

「……真的是很有精神啊,你们俩……」

这两个人,这么有精神其实是有原因在里面的

那就是……

 

「――よっしゃああ!!スネ夫!!行くぜぇ!!

「おう!」

「「目指すは、ビーチのお姉さんっ!!!」」

二人は、僕を置き去りにして走っていった……

「——好咧!!小夫!!出发吧!!」

「喔!」

「「目的地是,海滩上的姐姐!!!」」

两人抛下了这样的我,一瞬间就溜没影了……

 

「……まったく、もう……」

「……真是的……」

 

158:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)14:10:26 ID:p47Ruh7JC

「――お姉ぃっさぁあん!!暇ぁあ!?」

「あ、忙しいので」キッパリ

「あ……はい……」

(また撃沈か……)

これで、ジャイアンとスネ夫は、本日5敗目。いい加減諦めればいいのに。

「——这位姐姐!!请问有空吗!?」

「抱歉,我很忙的」(明确的拒绝

「好的……抱歉……」

(又被击沉了么……)

这么一来,技安和小夫今天就已经是5连败了,差不多是时候该放弃了吧

 

「ねえねえジャイアン、スネ夫。もういいだろ?3人で遊ぼうよ」

「何が楽しくて、男だけで楽しまなきゃいけないんだよ!!」

「そうだぞのび太!男だけのグループなんて、周りをも不幸にするんだぞ!?」

「だ、だったら、誰か連れてくればよかったのに……」

「呐呐,技安、小夫,已经够了吧?三个人一起玩呗」

「一群大男人聚在一起有什么好玩的!!」

「就是说啊大雄!一群大男人聚在一起,只会给周围带来不幸噢!?」

「那、那样的话,你们事先带上什么人过来不就行了……」

 

「それじゃ面白くない!!」

「えええ……」

「いいから、のび太も誰か探してこいよ!」

「ええ!?ぼ、僕が!?」

「当たり前だろ!ほら、頑張ってこい!」

「……そりゃないよぉ……」

「那样的话太没趣了!!」

「诶诶诶……」

「好了好了,大雄也去找找看啊!」

「诶诶!?我、我吗!?」

「这不是废话么!要好好干噢!」

「……不带这样的啊……」

 

159:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)14:15:13 ID:RU7fdRIgP

おっ

 

161:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)14:44:25 ID:UVnwh3bYU

(NTR)

(NTR)

 

165:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)15:20:30 ID:p47Ruh7JC

とぼとぼと、浜辺を歩く。

照り付ける太陽は、容赦なく僕の気持ちを畳み掛けてくるかのようだった。

于是我只好随意地在沙滩上走着

照射下来的太阳,仿佛在后面一个劲地对我施加压力一样

 

(……まあ、適当に時間潰して、戻ればいっか……)

(……嘛,随便消磨下时间,然后再回去吧……)

 

そもそも、僕にナンパを求めるのは無理がありすぎる。無茶ブリもいいとこだ。

成果を期待するなど――

话说,让我去搭讪什么的太不现实了吧,胡来也要有个限度啊

而且还期待成果什么——

 

「――ああ、そこの青年!」

「……?僕?」

「そうそう!そこのキミだよ!」

なんか、知らない女の人に話しかけられた。浜辺で寝そべってるけど……焼いてるのかも。

「——喂,那里的青年!」

「……?我?」

「对对!就是站在那里的你噢!」

不知为何,被不认识的女人搭话了。懒洋洋的躺在沙滩上……应该会晒黑的吧

 

「な、なんですか?」

「いやね、ちょっとあの水着を取ってくれないか?」

「あれって……あそこにある水着?」

「そうそう。いやぁ、背中を焼いてたら風で飛ばされてねぇ。ちょうど大人しそうなキミを見つけて助けてもらおうって思ったわけだよ」

「怎、怎么了吗?」

「哎呀,能帮我拿一下那件泳衣吗?」

「那个是……是那里的泳衣?」

「对对。哎呀,因为背后被晒得火辣辣的,再加上风吹的话……

 刚好发现了看起来很老实的你,所以想让你帮我一把」

 

確かに……よく見れば、うつ伏せだけど、上半身裸だ。

……ちょっとドキドキしてしまう。

しかしまあ、困ってるなら助けないとな。

确实……仔细看的话,虽然是俯卧着的姿势,但整个上半身都是裸露着的

……心跳稍微加快了一点点

不过嘛,如果需要帮助的话不帮不行呢

 

「……はい、これ」

「おお!すまんすまん!助かったよ青年!」

「気をつけて下さいよ?」

「いやいや、面目ない」

「……喏,给你」

「喔喔!抱歉抱歉!得救了,青年!」

「要小心点噢?」

「哎呀哎呀,真是惭愧」

 

女の人は、すぐに水着をつけ立ち上がる。

……そして、僕は固まってしまった。

女人很快地就穿好了泳衣

……然后,我整个人却硬直了起来

 

(お、おぅ……ダイナマイト……)

(呜、呜哇……好大……)

 

すっごい、美人がそこにいた。

好厉害,站在面前的是一个美女

 

「助かったよ青年。――私は、舞。良ければ、名前を教えてくれないか?」

「得救了噢青年。——我的名字是舞,如果可以的话,能告诉我你的名字吗?」

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 切江
    切江 发表于: 2015年2月10日 17:59:44

    不知火舞???

  2. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月14日 03:40:39

    难不成真被148的猜中了

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部