10Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(九)

时间: 2015-2-10 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

170:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)15:29:53 ID:p47Ruh7JC

「――へぇ、友達と来てたんだ」

「うん」

「それで、成り行きでナンパをすることになったと……」

「そうそう」

「——喔,是跟朋友一起来的吗」

「嗯」

「然后,顺势变成了搭讪的发展……」

「对对」

 

「ハハハ……!!若いねぇ!」

「舞さんだって、大して年変わらないでしょ?」

「まあ、そうなんだけどね」

「哈哈哈……!!真是年轻啊!」

「舞桑的年纪也跟我差不了多少吧?」

「嘛,是这样没错啦」

 

「ところで、舞さんは一人で海に?」

「ハハハ!私をナンパするつもりかい?」

「そ、そんなつもりじゃ……」

「话说回来,舞桑是一个人过来的?」

「哈哈哈!打算向我搭讪吗?」

「并、并没有这种打……」

 

「冗談だよ、冗談。ちょっと、知り合いとね」

「彼氏さん?」

「そうだよ。……っていいたいところだけど、そうじゃないんだよね~」

「はぁ……」

「开玩笑的啦,玩笑。……是和熟人一起过来的啦」

「男友桑?」

「是噢。……虽然想这么说,不过并不是这样噢~」

「哈啊……」

 

すると舞さんは、何かを思い付いたようだ。

そして、ニヤリと笑みを浮かべた。

这么说完以后,舞桑好像突然想到了什么一样,抿嘴一笑

 

「――そうだ。なあのび太。お礼を兼ねて、キミに協力してやろう」

「へ?協力って……」

「いいからいいから!私に任せなさい!カッカッカッ……!」

……果てしなく不安だ。

「——对了,呐,伸太君。作为回礼,就让我帮你一把吧」

「诶?帮我是指……」

「好啦好啦!交给我就是了!哈哈哈哈……!」

……不是一般地让人觉得不放心

 

175:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)15:48:10 ID:sF5Qjy2dP

果たしてのび太は夜の射撃技術はどうなんでしょうね…?

话说大雄在夜里的射击技术到底是什么水平呢……?

 

180:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)18:06:35 ID:p47Ruh7JC

「――ジャ、ジャイアン……ただいま……」

「――!やっと帰ってきたか!遅いぞのび――」

振り返った瞬間、ジャイアンは固まった。

「——技、技安……我回来了……」

「——!终于回来了啊!太慢了啊大——」

技安回过头的瞬间,整个人都呆住了

 

「うん?どうしたのさジャイアン。何をそんなに――」

つられて振り返ったスネ夫もまた、フリーズする。

二人の視線は、1点に集中していた。そのさきにいるのは、もちろん――

「嗯?怎么了啊技安,为什么这么——」

被技安的反应所惑,转过头来的小夫也呆住了

两人的视线都集中在了一点上,在视野前面的当然是——

 

「――お?キミ達が、のび太の友人だね?」

「……」

「……」

二人とも、微動だにしない。まあ、それもしょうがないだろう。二人の様子からして、おそらくさらに連敗記録を更新したたろうし、そんな中、僕がまさか女の人を連れてくるとは思わなかっただろう。

「——喔?你们就是伸太的朋友吧?」

「……」

「……」

两个人都是一动也不动。嘛,这也没办法呢。从两个人的表情来看,恐怕连败纪录又被刷新了

然后没想到在这种时候我竟然会带一个女人回来吧

 

目を点にしながらも、ジャイアンはようやく声を絞り出した。

虽然眼睛已经变成了一个点,但技安最后还是挤出了声音

 

「……の、のび太くん……その女の人は……?」

「ええっと……この人は……」

「――私ぃ、のび太にナンパされたんだぁ」

「の、のび太が――ッ!?」

「ナ、ナンパ――ッ!?」

「……ちょっと、舞さん?」

この人は……何を言ってるのだろうか……

「……大、大雄……这个女人是……?」

「那个……这个人是……」

「——我是被伸太搭讪过来的噢」

「大、大雄他——!?」

「搭、搭讪——!?」

「……喂,舞桑?」

这个人……到底在说什么啊……

 

182:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)18:12:12 ID:p47Ruh7JC

舞さんは僕の言葉を無視し、長い髪を指にくるくる巻き付かせながら、猫なで声を続ける。

舞桑无视了我的话,只是边卷着长长的头发, 边发出了嗲声嗲气的声音

 

「だってのび太ったらぁ、あんなに情熱的に詰め寄るんだも~ん。私ぃ、凄くドキドキしちゃったぁ」

「じょ、情熱的――ッ!?」

「つ、詰め寄る――ッ!?」

「舞さん。一度こっちに……」

「ああん!のび太ったらぁ!乱暴!」

「因为伸太他啊,那么热情的逼到眼前~我的心都要跳出来了噢」

「热、热情的——!?」

「逼、逼到眼前——!?」

「舞桑,请先过来一下……」

「昂!伸太真是!这么凶!」

 

とりあえず、一時中断しよう。ていうか、いつまでそんな声出してるんですか。

ジャイアン達に背を向け、こそこそと話す。

总而言之,先让她停下来吧。话说,这种声音究竟想持续到什么时候啊

背着技安他们,开始说起了小声地说了起来

 

「ちょっと舞さん!どういうつもりなんですか!」ヒソヒソ…

「くくく……!見てよの顔!ポカーンってしてるよ!」ヒソヒソ…

「あれは引いてる顔です。やり過ぎですって!」ヒソヒソ…

「そんなことないと思うけどなぁ……」ヒソヒソ…

「喂,舞桑!你这是想打算做什么!」小声小声…

「嘿嘿嘿……!看到那个脸了吗!整个都呆掉了噢!」小声小声…

「那是被雷到的表情!做过头了啦!」小声小声…

「我倒是不这么觉得……」小声小声…

 

「とりあえず、軌道修正して下さい!」ヒソヒソ…

「もう……分かったよ……」ヒソヒソ……

密談を終えた僕達は、再びジャイアン達の方を見る。

そして、舞さんは口を開いた。

「总而言之,先修正一下轨道吧!」小声小声…

「真是的……我知道了啦……」小声小声…

结束了密谈的我们,再次面向了技安他们

然后,舞桑开口说道

 

「……もう……のび太ったら、Sなんだからぁ……私にあれこれ指示してぇ……」

「あ、あれこれ――ッ!?」

「指示――ッ!?」

「ちょっとおおおお!?」

……これは、お礼なのだろうか……

「……真是的……伸太真是个S啊……对我做出这样那样的指示……」

「这、这样那样——!?」

「指示——!?」

「喂喂喂喂——!?」

……这个,真的能算是回礼吗……

 

183:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)18:30:54 ID:p47Ruh7JC

「……のび太……やっぱりお前も、男だったんだなぁ……」

ジャイアンは、感慨深そうに呟いた。片やスネ夫は、呟くことすら出来ず、凍りついたままだった。

「……大雄……果然你也是,男人呢……」

技安一副感慨颇深的样子感叹道,在一旁的小夫则是连话都说不出来,僵在了那里

 

「……ちょっと舞さん、これ、どうするつもりなんですか……」

「う~ん……まさか、こんなに純情くんとは思わなかったなあ……」

舞さんは困ったように頬を指でかく。

しかしまあ、一番困ってるのは、僕だったりするんですが……

「……喂,舞桑。这个,你打算怎么处理啊……」

「嗯~……还真是没想到是这么纯情的家伙啊……」

舞桑一副困扰的表情挠了挠脸

不过嘛,最困扰的可是我啊……

 

「――ああ!こんなところに!……課長!探しましたよ!

「うん?……あちゃー。見つかったか……」

突然、背後から声が聞こえた。そして振り返った舞さんは、残念そうに舌を出す。

「——啊啊!原来在这种地方!……科长!找了你好久了!」

「嗯?……哎呀——,被发现了吗……」

突然间,从背后传来了搭话声,然后回过头的舞则一副遗憾的样子伸了伸舌头

 

(課長って……もしかして、舞さんのこと……)

後ろを振り返ると、今度は、僕が固まった。

(科长……难不成是指舞桑吗……)

这么想着我转过了身,结果这次轮到我呆掉了

 

「――ッ!!」

「え――ッ!?」

「……ん?二人とも、どうしたの?」

固まった僕と、同じく固まったその人を見て、舞さんは不思議そうに顔を交互に見る。

だが僕は、それどころではない。何しろその人は――

「——!!」

「诶——!?」

「……嗯?你们两个人,都怎么了啊?」

舞桑不停交替地看着呆掉的我和同样呆掉的那个人,做出了一副不可思议的表情

但是,我已经没功夫去理会她了,这个人可是——

 

「……し、しずかちゃん……!?」

「……の、のび太さん……?」

――まさかの、再会だった。

「……静、静香酱……!?」

「……伸、伸太桑……?」

——真是出乎意料的,再会

 

184:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)18:33:37 ID:9TNwAzFhf

何!?

纳尼!?

 

185:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)18:40:32 ID:3CQCb5qZ4

すごい流れだな

这剧情发展还真是厉害啊

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有一条精彩评论

  1. 切江
    切江 发表于: 2015年2月10日 23:58:06

    果然是要走后宫路线

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部