12Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(十一)

时间: 2015-2-12 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

211:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)20:44:57 ID:p47Ruh7JC

それから、しずかちゃんと舞さんは帰っていった。

『感謝するよ、のび太。おかげで、しずかはリフレッシュ出来たみたいだ』

在那之后,静香酱和舞桑回去了

『感谢你噢,伸太。多亏了你,静香好像又重新打起精神来了』

 

最後に、舞さんはそう言った。

でも、正直僕は何もしていない。話だって少ししか出来なかったし。

それで持ち直したのなら、それはきっと、しずかちゃん本人の力なんだと思う。

最后舞桑这么说了一句

不过说实话,我根本什么也没做,话也只是说了一点点

能够恢复精神,那肯定也是静香酱本人的力量所致

 

ちなみに、ジャイアンとスネ夫は、完全に酔いつぶれていた。

何でも、酒に酔わせて舞さんの連絡先を聞こうとしたらしいが、逆に潰されたとか。

確か、ジャイアンはかなり酒が強い。

それをも上回る酒豪とは……舞さん、恐るべし。

顺带一提,技安和小夫已经完全醉倒了

好像是,想把舞桑灌醉然后问出联系方式,但反被灌醉了那样

没记错的话技安确实是超能喝的

超越了这样的技安的酒豪……舞桑,真可怕

 

二人が酔いつぶれていたこともあり、その日僕らは帰らず、近くの民宿に一泊した。

その日の夜、二人は地獄を見ていたが。

酒は、ほどほどに。

因为两人醉倒了,所以那一天我们并没有回家,在附近的民家借住了一晚

那一天的夜里,两人目睹了地狱

酒这种东西还是适可而止为好……

 

212:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)20:58:01 ID:D7cnq5IfX

スネ夫は酒癖悪くなかったっけ

めちゃ強気になるはず

记得小夫的的酒疯好像很严重的样子

好像会变得很强势那样

 

213:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)21:00:19 ID:VwHWlws2S

期待

期待

 

215:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)21:08:21 ID:p47Ruh7JC

民宿を出るころには、ジャイアン達もようやくなんとか回復していた。少しまだフラフラしてるけど、夜よりは何倍もましのようだ。

离开民家的时候,技安他们的状态总算是好了一些

虽然还是飘飘然的感觉,但已经比晚上好很多了

 

しかしながら、人生とは難しいものだ。

地獄を見ていた二人を介抱したのが僕。だが家に帰ってから、今度は僕に地獄が訪れていた。

不过,人生真的是很难办的东西啊

看照看完目睹了地狱的两人,回到家以后,这次轮到我目睹地狱了

 

「……あぅぅ……し、死ぬ……」

帰宅した僕は、なんとなく体の怠さを感じ、その日は早く寝た。次の日が仕事でもあったし、体調管理に万全を期すことこそ、一人前の企業戦士だからだ。

「啊……啊呜呜……要、要死了……」

回到家的我,总感觉身体有些沉重,于是那一天早早就睡了

毕竟明天还有工作,好好地实行健康管理,才算是合格企业战士

 

……だが、翌朝、あまりの気怠さに目を冷まし、水銀の温度計を使用したところ、なんと数値は39度オーバーを叩き出していた。

どうやら、相当疲れていたようだ。

……然而,第二天早上醒过来的时候,因为实在是太疲倦,量了下体温

发现水印温度计的刻度竟然已经超过了39度

看来之前真的是累坏了

 

仕方なく会社に連絡を入れ、その日は休むこととした。

本日の企業戦士は、しばしの休息となった。

没办法只好打了电话给公司,那一天决定好好休息一下

今天的企业战士,暂时休息

 

――ピンポーン

——叮咚

 

寝ていた僕は、玄関から鳴り響くチャイムの音に目を覚ます。

時刻は夕方。

こんな時間に来るのは、大抵新聞の勧誘であることを、僕は知っている。

已经睡着的我,被门口的门铃声吵醒了

时间是傍晚

在这种时间过来的,大多数都是报纸推销员之类的,我可是知道的

 

フラフラとしながら玄関に向かい、ガチャリとドアを開けた。

拖着不稳的步伐迈向门口,有气无力地打开了门

 

「――新聞ならいりませんよ」

「……新聞?なんのこと?」

「…………へ?」

目の前にいた人物は、キョトンとしていた。まあいきなり新聞の勧誘と間違えられたわけだし、無理もないわけで……

――いやいや。そうじゃなくて、その前に……

「——如果是报纸的话我不要噢」

「……报纸?你在说什么啊?」

「…………诶?」

眼前的人物愣在了那里。嘛,突然被当成是报纸推销员,这个反应也不出奇呢……

——不不,这不重要,在这之前……

 

「さ、咲子さん?なんでここに……」

僕の問いにニッコリと笑みを浮かべた咲子さんは、手に持っていた膨らんだスーパーのビニール袋見せる。

そして……

「咲、咲子桑?为什么你会在这里……」

对于我的问题,咲子桑只是甜甜的一笑,把提在手上的装满东西的塑料袋提了提

然后……

 

「――晩ごはん、作りに来たの。……おじゃま、してもいい?」

「——我来给你做晚饭咯……可以让我,进去吗?」

 

216:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)21:10:54 ID:sF5Qjy2dP

咲子さん射撃ルートか!?

咲子桑射击路线吗?

 

217:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)21:14:58 ID:H3jGlo8fM

咲子さんキター

咲子桑来啦

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有一条精彩评论

  1. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月14日 03:45:01

    这才是正宫啊

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部