14Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(十三)

时间: 2015-2-14 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

236:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)22:53:12 ID:p47Ruh7JC

「……やっぱり、幼馴染み……なんだね……」

「……果然是,青梅竹马……吗……」

 

ようやく彼女が口にしたその言葉は、とても寂しそうだった。

そしてそのまま、彼女は続ける。

过了好久,总算是从她口中挤出来的话语,听起来非常地寂寞

然后她接着说道

 

「……ずるいなぁ、源さん……」

「……ずるい?」

「私には、のび太くんとの記憶は、会社に入社した時からしかないんだよね。

――だけど源さんは、のび太くんとの思い出が、こんなにたくさん残ってる。

……やっぱり、羨ましいな……」

「……」

「……真是狡猾啊,源桑……」

「……狡猾?」

「对我来说,与伸太君的之间回忆,只有从进公司以来到现在这段时间

 ——然而源桑与伸太君之间的记忆,却留下了这么多

 ……果然是,好羡慕啊……」

「……」

 

「私ね、最近考えてるんだ。私とのび太くんは同じ地元なのに、なんでもっと早く会えなかったんだろうって。

もっと早く会っていれば、こんなに悩むこと、なかったかもしれないのに……」

「……咲子さん……」

「……」

「……」

「我啊,最近一直在想噢。我和伸太君明明住在同个地带,

 为什么不能早点相遇呢,如果能够早点相遇的话,说不定就不会有这种烦恼了……」

「……咲子桑……」

「……」

「……」

 

部屋の中は、静まり返った。

台所の水道から漏れる水滴の音が、やけに大きく聞こえていた。

ポタリ……ポタリ……と。

房间里一片寂静

从水槽的水龙头漏下来的水滴声,听起来格外地大声

滴答……滴答……地

 

241:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)23:05:10 ID:p47Ruh7JC

「――私、そろそろ帰るね」

いきなり、咲子さんは立ち上がり、荷物をまとめ始めた。

「——我,差不多该回去了噢」

咲子桑突然站了起来,开始整理起东西

 

「え?あ、うん……」

「……じゃあね。あ、寝てなきゃダメだよ?」

そう言い残し、逃げるように玄関に向かう彼女。

でもここで、僕は彼女が荷物を忘れていることに気付いた。

「诶?啊,嗯……」

「……那么再见。啊,一定要好好休息噢?」

这么说完,仿佛要从这里逃出去般,她匆忙地走向门口

不过在这时,我注意到她有一包东西落在了这里

 

「――あ、咲子さん!これ――!」

その荷物を手に持ち、前屈みに立ち上がり彼女の方に向かう。

「——啊,咲子桑!这个——!」

我把那包东西拎起来,前驱着身子跑向她的方向

 

――すると、急に目の前が真っ暗になった。

激しい目眩に苛まれ、目の前が歪む。

——在这时,眼前的景色突然变得一片漆黑

被强烈的眩晕所影响,眼前的景色变得扭曲

 

(やばっ……そういえば、まだ熱が……)

フラフラと彼女の方に近付いていった。

(糟糕……这么说来,我还在发……)

迈着不稳的步伐接近了她的方向

 

「え――?」

彼女が僕に気付き振り返ると同時に、僕の意識は、そのまま暗闇の中に沈み始める。

体の力は抜け、彼女に覆い被さるように倒れ込んだ。

「诶——?」

她意识到我的存在回过头的同时,我的意识就那么慢慢沉入了黑暗当中

身体渐渐失去力气,直直的倒在了她身上

 

「あ――」

彼女の口から漏れた声だけが耳に入る。

「啊——」

最后耳边只听见她的漏出来的这个声音

 

それから先は、覚えていない。

……ただ最後に、彼女の腕に包み込まれたような……そんな、気がした。

在那之后,已经记不太清楚

……只是最后,感觉像是被她的手臂抱在怀里……好像是那样

 

242:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)23:07:22 ID:rlsAWhGuS

咲子エンドに近づいた

接近咲子END了

 

244:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)23:20:14 ID:p47Ruh7JC

「……うぅ……うぅん……」

気が付いた時には、朝の光が窓から射し込まれていた。

どうやら、そのまま眠ってしまったようだ。

体は軽い。熱も下がったようだ。

「……唔……唔嗯……」

回过神来时,早晨的阳光已经从窗户射了进来

看上去昨天就那么睡着了的样子

身子感觉很轻,热也消下去了

 

「……うん?」

その時、僕はようやく気が付いた。僕の腹部に顔を埋め、座ったまま眠る彼女の姿に――

「……嗯?」

就在这时,我终于注意到

整个头埋在了我的腹部上,以坐着的姿势睡着了的她的身姿

 

彼女の横には、水が張った洗面器があった。そして僕ま枕の横には、少し濡れたタオルも落ちていた。

それが意味することは、つまり……

在她的旁边,有装满水的洗脸盆

然后在我枕头的旁边,则是一条有些湿湿的毛巾掉在了那里

这副景象的意义,也就是……

 

(一晩中、看病してくれてたのか……)

無意識に、彼女の頭を撫でていた。

(一整晚,都在为我看病吗……)

不知不觉中,摸了摸她的脑袋

 

――その時だった。

ピンポーン……

——就在那时

叮咚……

 

玄関から、チャイムが鳴り響く。

こんな時間に誰だろうか――。そんなことを思いながら、彼女を起こさないように横にずらし、玄関に向かった。

从门口传来了门铃声

这个时间到底是谁呢

——边这么想着,边小心注意着不要吵到她

把她的头稍稍挪过去一点后,走向了门口

 

「……どなたですか?」

玄関を開けた瞬間、僕は凍り付いた。

「……请问是哪位?」

打开门口的一瞬间,我整个人都僵住了

 

「……具合、どう?」

一瞬、目を疑った。でも、間違いない。

「……身体,感觉怎么样?」

有一瞬间,怀疑起眼前的景色。但是,确实是她没错

 

「――し、しずかちゃん!?」

「——静、静香酱!?」

 

246:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)23:21:36 ID:HxpnDP7CI

ここでしずかちゃん登場かwww

面白くなってきました

在这里竟然是静香酱的登场吗www

变得有趣起来了

 

248:名無しさん@おーぷん: 2014/08/11(月)23:33:01 ID:sjnqrZDE5

うおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ

喔喔喔喔喔喔喔喔

 

249:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)23:33:07 ID:p47Ruh7JC

「――ど、どうしてここに!?」

「……剛さんから、のび太さんが風邪引いたって聞いて。お見舞いに……」

「あ……ああ……そう、なんだ……」

(――これは……マズイ!!!)

「——为、为什么会在这里!?」

「……是从刚桑那听来的,说是伸太桑感冒了,所以过来看望一下……」

「啊……啊啊……是这样吗……」

(——这个情况……不妙!!!)

 

寝起きでぼけっとしていた僕の脳は、即座に高速回転を始める。

僕の部屋には、咲子さんがいる。そして時刻は朝。誰が見ても、導き出される答えは同じだろう。

――即ち、御宿泊……

(――ま、マズイぞおおおおおお!!!)

刚起床还没完全睡醒的我的脑袋,立即开始高速转动起来

我的房间里面有咲子桑,然后现在的时间是早上

这样的情形,不管是由谁看来都会得到同样的结论

——也就是说,The・过夜……

(——太、太不妙了!!!)

 

しずかちゃんが僕の部屋を訪ねたのは、今日が初めてだった。だがしかし、なぜよりよって今日なのだろうか!

やましいことは何もない。何もない――が!いったい誰が信じると言うのだろうか……

静香酱来到我家这里,今天还是第一天。但是,为什么偏偏就是今天呢!

明明完全没做过什么亏心事,什么都没做过——!但是,这说出来会有谁信呢……

 

「……ねえのび太さん。本当に大丈夫?」

しずかちゃんは、心配そうに僕の顔を覗き込む。おそらく、死にそうな顔をしているのだろう。

「……呐,伸太桑,真的没问题吗?」

静香酱一副很担心的表情看着我的脸,恐怕脸上是一副要死了的表情吧

 

「え!?ああ、ああ!大丈夫大丈夫!すごく元気!」

ちょっと大げさに、ジェスチャーをしながら言ってみた。するとしずかちゃんは、ホッと胸を撫で下ろす。

「诶!?啊啊,啊啊!没问题没问题!很有精神噢!」

稍微摆出了一个夸张的姿势这么说道。这么说完以后,静香酱做出松了一口气的表情

 

「良かったぁ……ねえ、上がってもいい?」

(な、なんですとおおおおお!!??)

「太好了……呐,我能够上去吗?」

(你、你说什么——!!??)

 

僕は、更なる窮地に立たされた。

我被逼入了更加深刻的困境当中

 

253:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/11(月)23:45:02 ID:p47Ruh7JC

「……だめ?」

「ダメって言うか……その……そう!凄く散らかってるし!風邪で寝てて、全然片付けてないんだ!!」

とりあえず、防衛線を張ってみた。

「……不行吗?」

「与其说是不行……那个……对了!房间里很乱的!」

 因为感冒直接就倒下睡了,完全没整理过噢!!」

总而言之,先建立起了防卫线

 

「もう、のび太さん。片付けないと、治るものも治らないわよ?

のび太さんは寝てていいわよ。私が片付けます」

(逆効果だったあああああ!!!)

「真是的,伸太桑。不好好整理的话,就算能治好的也会变得治不好噢?

 伸太桑躺下睡就可以了噢,我来帮你整理」

(反效果啊啊啊啊啊啊!!!)

 

こう来るとは!凄まじくマズイ!

ここまで言われたら、断る方が不自然かもしれない!

しかし……だがしかし!家に入れれるはずもない!

变成这种局面!实在是太糟糕了!

被说到这种地步以后,如果还拒绝可能会显得很不自然!

但是……但是!也不可能让她进到家里!

 

どうする……どうする……!!??

该怎么办……该怎么办……!!??

 

 

「――のび太くん、起きてたの?」

「な゛っ―――!!??」

突然、後ろから咲子さんの声が聞こえた。さらにあろうことか、玄関へと近付いてくる。

「——伸太君,你已经起来了吗?」

「什——!!??」

突然间,从背后传来了咲子桑的声音,而且脚步声正接近着门口!

 

そして……

然后……

 

「あれ?誰か来てた……の……」

「……え?……あなたは……あの時の……」

……ついに……ご対面、しちゃいました……。

「啊咧?有谁过来了……吗……」

「……诶?……你是……那个时候的……」

……终于……两个人见面了……

 

そしてその場で、僕達はもれなくフリーズする。

その時、僕の脳裏には、なぜか走馬灯が流れていた……

然后我们所有人都毫无例外的呆在了当场

那个时候,不知为何,一张张画面如走马灯般闪过脑海

 

266:名無しさん@おーぷん: 2014/08/12(火)01:27:23 ID:Oas0vyFmR

ぐわぁぁぁぁぁ!!

大☆惨☆事

啊啊啊啊啊!!

大☆惨☆事

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 红茶
    红茶 发表于: 2015年2月15日 01:52:05

    修罗场(´゚Д゚`)

  2. Goose
    Goose 发表于: 2015年2月15日 04:15:21

    总感觉又变成了后宫喜剧

  3. 自宅警备成员
    自宅警备成员 发表于: 2015年2月16日 03:07:35

    修罗场

  4. hentai
    hentai 发表于: 2015年2月19日 12:32:07

    修罗场

  5. 贫乳控的射手座
    贫乳控的射手座 发表于: 2015年3月4日 23:45:14

    正统爱情漫画的展开嘛~真不错~话说lu桑不如在网站上弄个人妻投票把结果发到2ch上?绝对会有很好玩的反应的~~~~~

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年3月5日 11:05:06

      -_-啥叫人妻投票啊……

      我在2ch上只能看,发不了贴。用vpn也不行

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部