16Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(十四)

时间: 2015-2-16 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

268:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/12(火)05:13:45 ID:8noyZ5OrM

「……のび太さん?」

「は、はひっ――!」

「これ……どういうこと?」

しずかちゃんから放たれる圧倒的なオーラが、僕の心を叩き潰しにかかる。これまで、聞いたことがないくらいに怖い声。

凄まじく――どころではない。超ド級に怒ってるのが分かる。

「……伸太桑?」

「在,在——!」

「这个……到底是怎么回事呢?」

从静香酱这里放出来的压倒性的气息,把我的心击了个粉碎

那是至今为止听都没听过的恐怖的声音

可怕这个词已经无法形容,明显可以感觉到「超」这个等级的怒气

 

……が、今の僕には、この状況を的確に説明できるような余裕などあるはずもなく……

……然而,现在的我,并没有能够准确说明这个状况的余裕……

 

「い、いや……これはというと……」

「ちゃんと説明、してくれるかしら?」

「ええと……その……」

……結果、しどろもどろとなり、余計に誤解を招いてしまったようだ。

「不,这个……这个怎么说呢……」

「能够好好地,对我解释清楚吧?」

「那个……也就是说……」

……到最后,说出来的东西语无伦次,结果引来了更多的误会

 

そんな中、突然咲子さんが切り出した。

在这之中,咲子桑突然间开口了

 

「――私は、風邪で倒れていたのび太くんを、看病していただけです」

「……え?」

「……へ?」

ポカーンとする僕達を他所に、咲子さんは続けた。

「——我只是照看了因感冒病倒了的伸太君,仅此而已噢」

「……诶?」

「……疑?」

不理会一时间呆住的我们,咲子桑继续说道

 

「ですから、私がここにいたのは、寝込んでいたのび太くんを看病していただけなんです。やましいことは、一切ありません」

「……」

……なんとまあ、意外なことに、咲子さんが助け船を出してくれた。

「所以说啦,我之所以在这里,只是在照看病倒了的伸太君罢了

 什么亏心事都没有做过」

「……」

……真是出乎意料,真没想到咲子桑会站出来为我解围

 

272:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/12(火)07:27:33 ID:8noyZ5OrM

「……のび太さん?それ、ホントなの?」

「う、うん……実は――」

「――ホントです。嘘なんか言ってません」

あくまでも、咲子さんは毅然とした口調を続ける。

だが、しずかちゃんは、ここで顔をムッとさせた。

「……伸太桑?她说的是真的吗?」

「嗯,嗯……其实——」

「——是真的噢,我可没说谎」

咲子桑彻底地贯彻着坚决地口吻这么继续说道

然而,静香酱脸上露出了不高兴的表情

 

「……悪いけど、私は、のび太さんに聞いてるの」

「のび太くんに聞いても一緒ですよ。だってそうなんだし」

「……」

少しずつ、険悪な雰囲気が辺りを包み始めた。二人とも、凄く怖い。

「……抱歉,我问的不是你而是伸太桑噢」

「就算问伸太君也只会得到同样的答复而已,因为事实就是如此」

「……」

渐渐地,周围开始布满险恶的氛围,两个人看上去都好可怕

 

「そもそも、私がここにいて、何がいけないんですか?」

「な、何がって……」

「あなたは、のび太くんの彼女でもないはずです。そんなあなたが、文句を言う資格なんてありません」

「ちょ、ちょっと咲子さん……!」

「要说的话,我在这个地方,又有什么不可以呢?」

「就、就算你说有什么不可以……」

「你又不是伸太君的女友,这样的你才没有对我说三道四的资格呢」

「等、等一下咲子桑……!」

 

「――で、でも!私はのび太さんの幼馴染みで……!!」

「それがなんですか!?」

「――!」

「そんなの、ただの幼馴染みじゃないですか!」

「……あ、あなただって!ただの同僚じゃない!」

「……私は……私は、のび太くんが好きです!告白もしました!」

「——但、但是!我是伸太桑的青梅竹马……!!」

「那又怎么样了?」

「——!」

「说到底,只不过是单纯的青梅竹马而已不是么!」

「……你、你不也是!只不过是单纯的同事而已么!」

「……我……我喜欢伸太君!也已经告过白了!」

 

「え――!?」

「好きな人と一緒にいて――何が悪いんですか!?」

「……!」

「……」

「……」

……これ、どうすりゃいいの……

「诶——!?」

「和喜欢的人在一起——那又有什么问题呢!?」

「……!」

「……」

「……」

……这个状况,到底该怎么办才好啊……

 

277:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/12(火)08:50:48 ID:8noyZ5OrM

「……」

「……」

さっきの言い合いから一転、双方にらみ合いの膠着状態が続く。

2つの視線はぶつかり合い、火花を散らすかの如、たただ相手を威嚇し続けていた………!!

(……って、他人事みたいに言ってる場合じゃないよな)

「……」

「……」

刚才那样的口舌之争的情形突然一变,取而代之的是双方相互瞪视的胶着状态

两人的视线相互碰撞,仿佛像是要擦出火花那样,不停地威吓着对方……!!

(……才怪,现在可不是说着这种事不关己的话的情况)

 

「……し、しずかちゃん?」

「………!!」

「あっ!しずかちゃん!」

僕が一声かけた瞬間、彼女は走って帰って行った。

この場合、どうすれば良かったんだろう――

自分の行動の選択肢すら思い浮かばなかった僕は、その場で立ち尽くす他なかった。

「……静、静香酱?」

「………!!」

「啊!静香酱!」

在我搭话的一瞬间,她忽地冲出了门外

这个情况,到底该怎么办才好呢——

连自己的行动的选择枝都想像不出来的我,只能呆呆的站在原地

 

「……ごめん」

ふと、後ろからか細い咲子さんの声が聞こえた。見れば彼女は目を伏せ、今にも泣き出しそうな顔をしていた。

……これも、僕のせいなのかもしれない。

彼女に、非があるわけがない。彼女はただ、僕の身を按じていただけなんだ。

「……对不起」

忽然,背后传来了咲子桑微弱的声音

回头一看,她正低着头,脸上带着一副仿佛现在都要哭出来的表情

……这个,或许是我的错吧

她并没有错,她只是在为我担心罢了

 

「……会社、行こうか」

「え?」

「遅刻しちゃうよ?」

「のび太くん……」

……だから僕は、今自分に出来る精一杯の笑顔を彼女に見せた。

「……去公司吧?」

「诶?」

「要迟到了噢?」

「伸太君……」

……所以我现在,也只能尽自己最大的努力做出笑容给她看了

 

それから、僕らは仕事に行った。

在那之后,我们去上班了

 

ドラえもん、僕は、これからどうすればいいんだろう……

君がいれば、何か不思議な道具で何とかしてくれるんだけどね……

――ふと、そんなことを考えた。

哆啦A梦,现在的我,到底该怎么办才好啊……

如果你在的话,应该会拿出个什么不可思议的道具出来帮我解决这个问题吧……

——脑子里突然浮现出这样的想法

 

でも、彼はいない。いないんだ。

だからこれは、僕が何とかしなきゃいけないんだ。

然而,他不在,他已经不在了

所以这个问题,只能靠我自己想办法解决了

 

そうだよね?ドラえもん……

对吧?哆啦A梦……

 

278:名無しさん@おーぷん: 2014/08/12(火)08:55:07 ID:SuWVnPbJ6

これは本当に面白い!

这个真的很有意思!

 

279:名無しさん@おーぷん: 2014/08/12(火)09:23:37 ID:MtAoHflBJ

おもしーっす

有趣

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有一条精彩评论

  1. 贫乳控的射手座
    贫乳控的射手座 发表于: 2015年3月4日 23:47:10

    果然不愧是大雄,处理的这么温柔,但温柔其实就是优柔寡断呀~

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部